アートプロデュース学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年1月9日  ニュース

対話型鑑賞ACOPが「週間東洋経済」で紹介されました!

対話型鑑賞ACOPが、「ビジネスに効くアート超入門」という特集で今週発売の雑誌「週間東洋経済」で紹介されました。アート・コミュニケーション・センター(ACC)スタッフの岡崎さんとアートプロデュース学科 学科長伊達先生が、対話型鑑賞について解説しています。

 

以下URLから、”試し読み”として記事の一部が閲覧できます。本誌でもぜひご一読下さい!

https://store.toyokeizai.net/user_data/contents/toyo/2018/t_9900111712.pdf

 

DTEyZczUQAA-pTj.jpg large

関連記事

<4748495051>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。