アートプロデュース学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年2月23日  ニュース

【卒業生の活躍】依田みずきさんの活動が新聞に掲載されました

アートプロデュース学科 2012年卒業生の依田みずきさんが行っている「アーティスト・イン・レジデンス」の取り組みが小諸新聞に掲載されました!

 

小諸新聞社(2018年2月9日掲載)

27655181_2045888175689094_4433007587432106604_n

以下、活動について依田さんからコメントをいただきました。

 

======================================================

 

 アートプロデュース学科在学中に、瀬戸内芸術祭に少しだけ関わったのがきっかけでアーティストインレ ジデンスというものがあることを知りました。そこで住民・作家・鑑賞者との関わりが私の中で忘れられないものとなり、いつか自分でもやってみたいと思うようになりました。それから年月が経ち、他の仕事を経験する中でやはりアーティストインレジデンスのことが忘れられず、2018年の春から始めることにしました。これから、自分がつくる場所がアーティストと地域住民が交流することで国際理解や地域発展に貢献できることを願っています。また、アーティストにだけ目を向けるのではなく、私たちにとっても観る・考える力を養う場になれたらと思っています。前途多難な日々が待っているかもしれませんが、アートがこれから私に何を経験させてくれるのか、楽しみな日々です。
 皆さんも信州に来た際には、気軽に遊びに来て下さい。

依田みずき

======================================================

 

こうした依田さんの活動も数多くある「アートプロデュース」のお仕事のひとつ。在学生にとっては先輩の取り組みを実際にみてみたり、参加してみると大きな刺激になると思います。興味のある方はぜひ大久保スタジオに足を運んでみてください!

 

asp

 

 

 

 

 

関連記事

<4243444546>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。