歴史遺産学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年3月29日  授業風景

歴史遺産学科の特色-2

こんにちは、歴史遺産学科の副手です。

前回、歴史遺産学科の特色を少しだけご紹介しました。

続きまして、歴史遺産学科の特色紹介その2です。

 

 特色その2・・・現場主義の教育

 

京都のみならず、世界各地の歴史遺産について、実物の文化財を対象として教育・研究を行っています。

学科の教員・スタッフは、社寺や地域社会での実践経験が豊富であり、学生もフィールドワークや現地調査で経験をつみ、実証的かつ実践的な研究に取り組んでいます。

 

○フィールドワークで歴史空間に足を運ぶ

tokushoku2-FW2

入学すると、4月から早速京都の現場に足を踏み入れ、学びます。

 

 

tokushoku2-FW

研修旅行で少し遠方へも足をのばします。

更に数多くの歴史遺産に触れて学ぶことができます。

 

 

○現場で職人の技術を学ぶ

 

kagami

実際に工房や修復現場を訪れ、職人の方々から直接お話を伺ったり、

見学させていただき、時には体験させてもらいながら

伝統技術や修復技術を学ぶこともできます。

 

 

 

関連記事

<247248249250251>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。