映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年4月17日  授業風景

兵藤公美先生「映画演技VIII」授業始まる

先週から新学期の授業が始まりましたが、今回は兵藤公美先生が担当される「映画演技VIII」の授業風景をご紹介します。

 

兵藤公美先生は、劇作家・演出家の平田オリザさん主宰の劇団「青年団」所属の俳優でもあります。

 

engi8_04

 

「演技」の授業ですが、俳優コースだけでなく、製作コースの履修者もちらほら。2・3人で一組になって、いくつかの決まったフレーズだけで会話をします。

 

engi8_02

 

「形にしようとせず、相手をよく見て、聞いて」という兵藤先生の言葉が印象的です。

 

engi8_07

 

授業の最後に、みんなで3組の演技を見ました。それぞれ、声の大きさや距離の取り方、手振りに特徴が表れます。

 

engi8_10

 

授業は始まったばかりです。前期の終わる9月には、皆どんな風に磨きがかかっているでしょうか? 楽しみです。

 

 

 

関連記事

<12345>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。