文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2018年9月14日  イベント

【大瓜生山祭】学生作品展を開催します!

本

明日、9/15(土)からは、いよいよ大瓜生山が始まります!
イベントや出店が目白押しですが、文芸表現学科の学生作品展にも是非お越しください。
 
会場は人間館4階で、「自分の作品を手にとって読んでもらう」ことをコンセプトに、
3回生が執筆・制作・展示を行っています。
 
 
自身の「言葉」を読んでもらうにはどうすればいいのか。
相当悩みながら作った子や、ひらめきを活かした子、意欲的に挑戦した子の
様々な作品が読めますので、どうぞごゆっくりご観覧ください。
 

長編小説があったり。

長編小説があったり。

「実体のある小説」の展示があったり。

「実体のある小説」の展示があったり。

全て手書きで執筆した作品があったり。

全て手書きで執筆した作品があったり。

謎の立体物があったり。(全貌は会場でご覧ください)

謎の立体物があったり。(全貌は会場でご覧ください)

じっくり作品をお読みいただけるよう、椅子に展示しておりますので、座ってお読みくださいね

じっくり作品をお読みいただけるよう、椅子に展示しておりますので、座ってお読みくださいね。


会場の受付は3回生が担当していますので、
ぜひぜひ、質問や感想などをお聞かせください!
 
 
 
秋のoc
また、10-16時から人間館2階でオープンキャンパスも開催しております!
文芸表現学科では、どんな授業があるのか、どんな先生がいるのか。
教員相談コーナーを開催しておりますので、お立ち寄りください。
 
 
 
大勢の皆様と出会えれば良いなと思っております。
ご来場、心よりお待ちしております!
 
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

関連記事

<1112131415>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。