文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2018年9月16日  イベント

【大瓜生山祭2日目!】学生作品展の裏話。

入り口
学園祭2日目となりました。
本日も文芸表現学科の「学生作品展」は10:00-19:00(入場は18:30頃まで)のあいだ、
人間館4階にて開展しております。
 
 
01来場者
展示コンセプトは「自分の作品を手にとって読んでもらう」こと。
来場者の皆さんに、ゆっくり作品を読んでいただけるよう、
出展者の3回生たちと展示準備を進めたので、その様子をお伝えしたいと思います。

 
 
搬入
普段は一人での作業が多い文芸表現学科ですが、今回は3回生総出での設営。
知恵と力を絞りながら連携プレーで挑んだところ、想定よりも大分早く設営を終えることができました。
時間でいうと約7時間巻きです。

 

パーテーションのペンキ塗り。中央の彼は服が汚れるよりはマシ! とこの後、上半身裸で作業してました。

パーテーションのペンキ塗り。中央の彼は服が汚れるよりはマシ! とこの後、上半身裸で作業してました。

 

一度貼ったら剥がせないパネル制作。製本の授業を取っている子など、細かい作業が得意な子が担当しました。

一度貼ったら剥がせないパネル制作。製本の授業を取っている子など、細かい作業が得意な子が担当しました。

 

パネル張り。協力しながら綺麗に平行に並べていきます。

パネル張り。協力しながら綺麗に平行に並べていきます。

 
山田先生
展示台は椅子になっていますので、ゆっくり読書をお楽しみください。
また、会場の在中している学生が3回生ですので、ご意見ご感想などお話いただければ幸いです。

 
 
 
フーコロ
学生作品展の他にも、1,2回生がフードコロシアムで、
ミニドーナッツを販売しておりますので、ぜひお立ち寄りください〜。
 
 
秋のoc
さらに文芸表現学科を知りたい方は、人間館2階 NA208にて
オープンキャンパス・教員相談コーナでお話させていただきますので、ぜひお越しくださいませ。
 
 
 
ぶれる久保
皆様のご来場をソワソワしながらお待ちしております!
 
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

関連記事

<1112131415>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。