映画学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年10月9日  授業風景

赤松陽構造先生「題字」特別授業開催!!

10月7日(日)に、日本映画界の「題字」(タイトルデザイン)の第一人者である赤松陽構造先生の特別授業が行われました。

 

03

 

この特別授業は今年で5年目となりますが、去年からは大幅に時間を拡大し、午前中は「試写室」で作品を見ながらのレクチャー、午後からは実際に学生たちが「題字」を書くワークショップと言う形式になりました。

 

IMG_0258

 

ワークショップの冒頭には赤松先生に学生たちの前で「題字」を書いてもらいました。

 

『東京裁判』『Shall we ダンス?』『八重の桜』『HANA-BI』などから、今年公開された『菊とギロチン』まで、数多くの作品を手掛けてきた赤松先生の筆先を、みんな目を輝かせて見つめていました。

 

IMG_0247

 

課題の映画の内容を考え、登場人物たちに思いを巡らし、学生たちひとりひとりがいろいろな筆記用具を駆使して描いていきます。

 

IMG_0283

 

最後は学生たちが描いた「題字」を映像にのせて、ひとりひとりに赤松先生の講評をいただきました。

 

この授業で学んだことが、これからの自分たちのゼミ作品や卒制作品のタイトル作りに活かせることを期待しています。

 

IMG_0284

 

赤松陽構造先生、今年もありがとうございました!!

 

関連記事

<2425262728>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。