こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年10月11日  授業風景

【授業紹介】 紙漉きをしてオリジナルの紙を作ろう!

こんにちは。徐々に気温も下がり、ようやく秋の気配を感じるようになりましたね。

 

1年生の授業「マテリアルベーシックⅣ」では、様々な素材について学んでいきます。

今回は紙漉き(かみすき)を行い、オリジナルの紙を作りました。

 

まず、新聞紙や広告、色紙をちぎったものを用意し、水を加えてミキサーにかけます→①

そして、パルプやこうぞ(製紙の原料になる植物性の繊維)を水でふやかします→②

①と②を混ぜわせ、水で薄めたのりを加えれば紙すきの原料の完成です!

 

細かくすりつぶされた色紙によって、水に色がついているように見えます。

赤、黄色、緑、青などの原料を用意し、いざ紙漉き!

IMG_5826

網をセットした木枠を水にくぐらせて少しゆすると・・・

IMG_5864

 

IMG_5840

このように原料が網の上に残ります。これは青と白の原料に枠をくぐらせて作ったようです。大きめにちぎった色紙が、きれいにちりばめられていますね。

IMG_5837

原料が乗ったままの網をとり出し、乾いた布で水気を取ります。

IMG_5878

そして洗剤を薄めた水を吹きかけたガラス面にそっとくっつけます。

IMG_5896

あとはこのまま乾燥するのを待つだけ!

IMG_5894

紙が乾くまで数日間は教室のガラス面に貼ったままにしておきます。

乾燥すると、また雰囲気も変わってくるので、出来上がりが楽しみです!

 

                               (大塚:スタッフ)

関連記事

<7891011>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。