文芸表現学科

学生紹介

  • LINEで送る

2018年11月6日  学生紹介

【在学生の活躍】京造広報誌「瓜生通信」で企画・編集を担当しています!

今号の表紙は、美術工芸学科准教授の山本太郎先生です。


 
今号の表紙は、美術工芸学科准教授の山本太郎先生です。


京都造形芸術大学の広報誌「瓜生通信」のAUTUMN/WINTER号が発行されました!
今号では、文芸表現学科2年生の添田陸くんが企画・編集した記事が掲載されています。
 
授業や課題の合間をぬって、瓜生通信編集部で活躍する添田くんに、
今号での企画・編集についての感想をもらいましたのお伝えします。
 
 
写真
■添田陸くん(文芸表現学科 2年生)
瓜生通信での取材を通して、
普段生活していたら触れることのない場所や人に接することができ、とても刺激になる。
それだけではなく、実際にプロが雑誌を作る手順通りに作成していくため、とても勉強になる。
これからも積極的に携わっていきたい。
 
 
今号では、劇団四季『キャッツ』×ウルトラファクトリーの特集と、京造・卒業生で振付家・ダンサーの「きたまり」さんのページを担当しています。

今号では、劇団四季『キャッツ』×ウルトラファクトリーの特集と、京造・卒業生で振付家・ダンサーの「きたまり」さんのページを担当しています。


 
 
京都造形芸術大学の取り組みについて知れる「瓜生通信」は、
Amazonでも販売しておりますので、ぜひお求めください。
また、瓜生通信Webマガジン版でも添田くんの記事や、
京造の魅力満載の記事が掲載されていますので、こちらもご覧ください。
 
 
■瓜生通信Webマガジン版
https://uryu-tsushin.kyoto-art.ac.jp/
 
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
 

関連記事

<12345>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。