文芸表現学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年11月7日  ニュース

【お知らせ】 シンポジウム「京都の文学賞創設に向けて」に校條先生が参加します!

京都文学賞創設
11月25日(日)に、京都の文学賞創設に向けてシンポジウムが行われます。
 
「京都文学の新たな可能性」についてのパネルディスカッションでは、
『爪と目』で芥川賞を受賞された藤野可織さん、
『京都寺町三条のホームズ』で京都本大賞を受賞された望月麻衣さん、
大垣書店代表取締役社長の大垣守弘さんをパネリストに、
文芸表現学科教授の校條剛先生がファシリテーターを務められます。
 
文学のこれからにご興味をお持ちの皆さまに、ぜひともご参加いただきたいシンポジウムです。
お申し込みの締め切りは明日11月8日(木)まで。
大勢の皆さまのご参加をお願い申し上げます。
 
 
 
シンポジウム「京都の文学賞創設に向けて~新たな作家を発掘!~」
日 時:2018.11.25(日)
    15:00-17:00(開場14:30)
会 場:立命館朱雀キャンパス ホール
    (京都市中京区西ノ京朱雀町1)
主 催:京都市
共 催:京都新聞
協 力:大垣書店
申し込み:11.08(木)必着 先着400名 
     http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000243983.html
 
プログラム:
◎文学賞(案)の概要説明
◎トークショー「私が作家になるまで、なってから」藤野可織(作家)
◎パネルディスカッション「京都文学の新たな可能性」
 藤野可織/望月麻衣(作家)/大垣守弘(大垣書店代表取締役)
 ファシリテーター・校條剛(京都造形芸術大学 文芸表現学科教授)
 
 
 
(スタッフ・大賀)
 
 
 
 
     

関連記事

<1234>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。