情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年11月12日  ニュース

【授業紹介】働く人にインタビュー! 

こんにちは。

情報デザイン研究室です。

 

 

11月がスタートして、今年もあと2ヶ月。

もうすぐ、紅葉シーズンも本番を迎えますね。

 

 

”はたらくこと”についてスポットを当てた、『プロフェッショナル研究』の授業では

先日、学内で働いている人に取材し、それをまとめ制作した「壁新聞」の講評会が行われました。

_MG_2652

_MG_2613社会に出て働くとはどういうことなのか、「仕事のやり甲斐」や「自分にとって仕事とは」などをテーマに持ち、実際に取材を通して考えていきます。

 

 

 

 

質問担当や、記録、写真担当などの役割を分担して、チームで1枚の壁新聞を制作!

取材した方のイメージや、仕事に対する想いなどギュッと凝縮された壁新聞が出揃いました。

_MG_2597

 

_MG_2658BLOG

_MG_2638

 

 

 

 

 

 

_MG_2656BLOG

_MG_2636

_MG_2602壁新聞なのに壁に貼らずに吊るすことで、両面から読むことができるものや、イラストで柔らかなタッチの似顔絵が印象的な壁新聞まで、 チームによって様々な工夫がみられました。

 

 

 

 

 

 

全ての壁新聞をご紹介できないのが残念ですが、力作が揃いましたね!

「はたらく」ということについて、様々な切り口から考えるきっかけになったのではないでしょうか。

_MG_2762BLOG2取材にご協力いただきました学内の関係者の皆様、改めてありがとうございました。

 

 

 

 

スタッフ ミズタ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

 

関連記事

<6061626364>

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。