キャラクターデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年1月10日  イベント

卒業制作の最終合評が行われました

みなさま、あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

1222()23()24()の三日間で、卒業制作の最終合評が行われました!

極限の緊張感の中、これまでの集大成となる作品を、ある者は技術で、そしてある者は

発想力で、過去を凌駕する圧倒的な表現力でプレゼンを繰り広げました。そんな、かつて

ない激闘のクリスマスイブ(笑)となった合評の様子をお届けします!

 

 

_MG_0068

中間合評から5ヶ月経った成果を13分以内で発表していき、先生方からコメントをもらいます。

 

 

 

_MG_0064_MG_0101

映像作品は最初から最後まで上映をしました。

卒業制作展では圧巻のクオリティの作品を上映教室でじっくりご鑑賞ください!

 

 

 

 

_MG_0132

イラスト作品は印刷したものを前にズラリと並べて発表する学生もいました!

 

 

 

 

_MG_0319 _MG_0338_MG_0236

大きな作品は別教室に展示し、展示場所まで先生方が移動されます。

プレゼンテーションと講評の様子はビデオ通話で学生のいる教室に中継されました!

 

 

 

 

_MG_0436

2人でコミュニケーションをとりながら進めていくゲームの作品。

体感型の作品は実際に作品に触れて審査されます。

息を合わせてキャラクターを操作していくことがなかなか難しく、モニターに映し出されるプレイ画面に笑いが起こる場面もありました!

 

 

 

_MG_0461

こちらはiPhoneで楽しめるゲーム作品。

2名による共同作品なのですが、漫才のようなプレゼンテーションで教室を沸かせていました!

キャラクターボイスも実装されて、

卒業制作展ではぜひとも見て・聞いて・触れていただきたいです!

 

最後に先生方から総評と激励のお言葉をもらい、3日間の最終合評は終了となりました!

緊張のプレゼンテーションが終わり、ひとまずお疲れ様ということころですが、

展示までクオリティをどこまで高めることができるか、最後の追い込みどころです!

 

卒業制作展は29()17()まで行われます。

4年間の集大成の展示をぜひ体感しにいらっしゃってください!

詳細はこちらをご確認ください。

関連記事

<2021222324>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。