プロダクトデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年1月20日  イベント

\学内展示のお知らせ/

 

みなさん、こんにちは!

 

今回は2つの学内展示会のお知らせです◎

 

 

まずはこちら↓

 

○ 時計と人との新しい関係展 ○ 

 

 期間:111日(金)~129日(火)

 場所:京都造形芸術大学 ギャルリ・オーブ 吹き抜け

 指導教員:大江孝明先生  

 参加学生:(2年)丸山甲人       

      (3年)藤田あいの、干場はるな、吉田夏奈子       

              (4年)仮屋崎良平、東山桐子、原脩造、間地美月、山田龍平  

              (精華大学)奥村颯太、奥田宥聡

 

b

以前にブログにてお伝えした“デザインメソッドⅡ”という

勉強会の成果展です!

 

以前のブログは→ こちら から 

 

ARTZONEにて行っていた展示を、今回大学内でも行う事になりました○

 

c d

ARTZONEでの展示とは一味違った、かっこいい展示になっています!

ARTZONEでの展示を見て下さった方も、そうでない方も

ぜひぜひご覧ください

 

 

 

 

 

そして、2つ目はこちら!

 

○ デザイン系5学科作品展 ○

 

 期間:112日(土)~125日(金)

 場所:人間館1F  インフォメーション前

 

e f

キャラクターデザイン、情報デザイン、環境デザイン、

空間演出デザインのデザイン系4学科と共に作品展を行っています!

 

 

プロダクトデザイン学科では、

3年生の「サスティナブルデザイン論」という

“ずっと使われ続けるプロダクトとは何か”、ということについて学ぶ授業と、

「アドバンスドデザインⅡC」という “和”をテーマにした

プロダクトデザインについて学ぶ授業の受講生が参加しました!

 

g h i

手紙、お酒、お香などなど、、、

ジャンルを問わず、様々なプロダクトの提案が展示されています!

 

“こんな商品あったら良いな!”

そんなプロダクトをぜひ見つけに来てください!

 

 

 

みなさまのお越しをお待ちしています!!

関連記事

<3536373839>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。