プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年12月21日  授業風景

もうすぐクリスマス!

 

みなさん、こんにちは!

 

 

気が付けば12月も後半!もうすぐ クリスマス ですね!

 

クリスマスと言えば・・・クリスマスツリー!

プロダクトデザイン学科にもクリスマスツリーが登場しましたよ!

 

b

でもこのクリスマスツリー、よく見てみると・・・

 

c

なんと!いくつもの球体でつくられています!!

 

 

このクリスマスツリーは、前々回のブログで紹介した

立体形状について学ぶ「表現演習Ⅰ」の授業でつくられた球体で出来ているのです!

 

この球体は紙を短冊状に切ったものを編み込んで出来ています。

平面の紙から立体を作りあげているのです!

 

 

そしてそして、クリスマスと言えば・・・プレゼント!

 

d

クリスマスツリーの下にはちゃんとプレゼントがありますよ!

このプレゼントも、紙を短冊状に切ったものから作られています○

 

 

世界に一つだけの、とってもきれいなクリスマスツリーです

 

e

 

そして、この授業を受けている1年生が

余った端材を利用して、研究室の扉にも小さなクリスマスツリーを

作ってくれました!

 

f

g 

とってもかわいい扉になりました★★

 

h

 

 

―――――――――――お知らせ―――――――――――

 

 今週末「12/23(日)」に、

 “はじめての、1day!!芸大体験”を開催します!

 

 対象は高校12年生◎

 

 “芸大の授業ってどんな感じ?”

 “プロダクトデザインってどんなふうに学ぶの?”

 

 そんな疑問をお持ちの方、ぜひぜひご参加ください!

 ご予約は→ こちら から

 

――――――――――――――――――――――――――

関連記事

<2223242526>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。