プロダクトデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年1月8日  イベント

工場見学に行ってきました!

 

みなさま、あけましておめでとうございます!

 

みなさま年末年始はいかがお過ごしでしたか?

 

 

大学としては、今日から授業が再開しました!

学生達に聞いてみると、みんな思い思いの冬休みを過ごし、

良いリフレッシュになったようです◎

 

 

さて、以前ブログで紹介した、パッケージ制作を学ぶ授業の中で、

「日本写真印刷コミュニケーションズ」 という会社の工場見学に行ってきました!

 

 

***

 

まずは、印刷の成り立ちや版に関するレクチャーを受けます!

 

b

とても豪華な会議室・・・!

 

 

そしてレクチャーを受けた後は、

みんな帽子をかぶって、いざ工場見学!!!

 

a,c

↑ 学生が眺めているのは、襖絵!

 

日本写真印刷コミュニケーションズ では、

文化財や美術品を撮影し、複製する取り組みもされているそうで

その取り組みに関しても説明していただきました。

 

d

↑そしてこちらは、

印刷が施された布とLEDライトを組み合わせたパネル。

紙よりも色が鮮やかに発色し、また耐久性も高いため、

店舗やショールームの内装、電飾看板などの用途に適しているそうです!

 

 

 

そして他にも、

 オフセット印刷 という印刷方法の工程見学や

 画像のレタッチ(修正や加工作業)工程 も見学させて頂きました。

 

 

見学した学生からは、

“いつも何気なく見ている印刷物も、一つ一つ丁寧に作られていて驚いた”

“レタッチや文化財の複製の技術が凄いと思った”

といった感想が生まれていました◎

 

“印刷” と一言で言っても、普段目にするチラシなど身近なものから、

看板、文化財の複製に関するものまで、、、とても奥深いのですね!

 

e

今回の工場見学から、学生のパッケージのアイディアに

どのように反映されるのでしょうか!

とっても楽しみです!!

関連記事

<45678>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。