Topics

【書籍】アートをひらく 東京藝術大学「メディア特論」講義Ⅰ

2024年1月31日

出版・メディア情報

 『アートをひらく 東京藝術大学「メディア特論」講義Ⅰ』(福村出版 ,2024/1/26)に、齋藤亜矢の講演も収録されています。ぜひご一読ください。

 

アートをひらく 東京藝術大学「メディア特論」講義Ⅰ

一流の研究者・表現者を招いた東京藝大の人気授業「メディア特論」を全2冊で書籍化。様々なアイデアや視点との相互作用はアートをひらく場となる。第Ⅰ巻は8講演を収録。

 

【目次】
序 文(澤 和樹)

1時限目 技術と芸術の狭間で
  ――アート+エンジニアリング(原島 博)
2時限目 動く絵の現在・未来
  ――夢の表象とアニメーション(山村浩二)
3時限目 空間音楽・音楽空間
  ――アート+形式言語(藤井晴行・古川 聖)
4時限目 「芸術の起源」の現在と未来
  ――絵筆をもったチンパンジー(齋藤亜矢)
5時限目 「哲学入門」
  ――アート+プロセス(河本英夫)
6時限目 光のアートと陰影のデザイン
  ――アートをひらく光と陰影(面出 薫)
7時限目 アート+社会=デザイン・テクノロジー融合表現
  ――アート+社会(須永剛司・鈴木太朗)
8時限目 創作活動におけるカラダの役割
  ――とくに感覚器官との関わりにおいて(笠井 叡)

あとがき(内海 健)

東京藝術大学 メディア特論 プログラム(2017-2019)

展覧会レビュー:月刊ART Collectors’

2024年1月31日

出版・メディア情報

月刊ART Collectors’ No.179(生活の友社,2024年2月号)に、齋藤亜矢によるレビュー記事が掲載されています。

 

月刊ART Collectors’ No.179

展覧会Review 

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×山口晃

ここへきて やむに止まれぬ サンサシオン(会場:アーティゾン美術館)

 

月刊ART Collectors’は、amazon等のネット書店でもご購入いただけます。ぜひご一読ください。

京都新聞コラム『現代のことば』

2024年1月17日

出版・メディア情報

 2024年1月15日付 京都新聞夕刊『現代のことば』に、齋藤亜矢のコラムが掲載されました。隔月連載の第25回目、タイトルは「AIとアート」です。ぜひご一読ください。

 

*『現代のことば』はネットでもお読みいただけるようになりました(有料会員のみ)

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/1184755

展覧会レビュー:月刊ART Collectors’

2023年11月9日

出版・メディア情報

月刊ART Collectors’ No.176(生活の友社,2023年11月号)に、齋藤亜矢によるレビュー記事が掲載されています。

 

月刊ART Collectors’ No.176

展覧会Review 

富永愛子―海をよむ(会場:ZENBI-鍵善良房―KAGIZEN ART MUSEUM)

 

月刊ART Collectors’は、amazon等のネット書店でもご購入いただけます。ぜひご一読ください。

京都新聞コラム『現代のことば』

2023年11月9日

出版・メディア情報

 2023年11月6日付 京都新聞夕刊『現代のことば』に、齋藤亜矢のコラムが掲載されました。隔月連載の第24回目、タイトルは「洞窟の音のかたち」です。ぜひご一読ください。

 

*『現代のことば』はネットでもお読みいただけるようになりました(有料会員のみ)

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/1142533

文明哲学研究所

2015年度以前