Topics

文哲研3days#7「藍について」

2024年1月26日

アクティビティ

日程 3/6 - 3/22

 2024年3月6日(水)・13日(水)・22日(金)の3日間、学内教職員・学生対象のオンラインセミナー文哲研3days#7「藍について」を開催します。

 

文哲研3days#7「藍について」

講演者:梅崎由起子(藍染作家/文明哲学研究所)

 

【講演日程】

① 2024年3月6日(水) 18:00-19:30 「藍の歴史・染料」

② 2024年3月13日(水) 18:00-19:30 「藍の仕事」

③ 2024年3月22日(金) 18:00-19:30 「藍と漆の融合」(ゲスト:三田村有芳/漆作家)

 

【講演概要】

① 2024年3月6日(水) 18:00-19:30 「藍の歴史・染料」

 藍は皆様にとって大変身近なものではないでしょうか。「藍色」は 2021 年に開催された東京オリンピックのイメージカラーにも選ばれ、世界中の人々に「JAPAN BLUE」として再認識されたことは記憶に新しいことと思います。日本では平安時代中期に編纂された「延喜式」にレシピが記載されており、綿が本格的な栽培された江戸時代には最盛期を迎えました。また、藍は世界中に分布しており、インディゴ色素を含む含藍植物から色を抽出して染・織物が作られました。又、染色をする為の色出しには「天然灰汁発酵建」という発酵を利用した方法もあります。人類の歴史と共に歩んできた藍について紐解きます。

 

② 2024年3月13日(水) 18:00-19:30 「藍の仕事」

 藍の色の美しさは格別です。空・海・地球、また自然の中で藍色を想像させるモノやことは沢山見つけることができます。私はそのような豊かさを持った藍の色で作品を制作しています。これまでに制作した作品・プロダクトの紹介や、 2021 年に開催した「藍生かし直しプロジェクト」で西陣織と藍の融合を試みたときにできた布・プロダクトやプロジェクトの報告をします。

 

③ 2024年3月22日(金) 18:00-19:30 「藍と漆の融合」

 漆作家三田村有芳先生(京都芸術大学准教授)をゲストにお迎えし「藍生かし直し – 藍と漆の融合」プロジェクトについてお話をします。私は今後、素材や分野を超えたもの作りが大切と日々思いながらもの作りと向き合っています。漆と藍の共演で、どのような作品やプロダクトができるのかなど、藍や漆の話と合わせて、これからの工芸を三田村先生と対談いたします。

 

【講師略歴】

梅崎由起子 (UMEZAKI YUKIKO)  藍染作家

1999 年 京都市立芸術大学美術研究科工芸染織修了

2019 年 京都芸術大学通信教育部美術科染織コース専任講師

現在  文明哲学研究所専任講師

京都府木津川市にて藍染工房・藍 ohako を主催する

関西を中心に百貨店・ギャラリーにて個展を開催、 2019 年より台北国立芸術大学との藍プロジェクトで藍のワークショップを開催、中国シルク博物館 Second Biennale Natural Dye に出展、主な出版物に「はじめて学ぶ芸術の教科書『染を知る』」監修・京都芸術大学東北芸術工科大学出版局藝術学舎 

 

三田村有芳(MITAMURA ARIYOSHI)

1985年 江戸蒔絵赤塚派十代三田村有純次男として東京都に生まれる。

高校卒業前に中国北京清華大学美術学院に留学。学部、修士過程にて金属工芸、博士課程にて芸術学を専攻、ポストドクターとして2年間同大学にて陶胎漆器の研究及び国際交流、国際展の企画運営を担当。後日本に帰国。2019年以降漆の立体乾漆作品を作り日展に連続入選、現代工芸展現代工芸賞受賞、国際展金賞受賞等、受賞入選多数。現在:京都芸術大学大学院准教授、暨南大学日本学院特任教授、(株)藝祥代表取締役社長(美術出版社)

日程2024年3月6日 - 2024年3月22日
時間18:00 - 19:30
対象京都芸術大学教職員、学生
申込方法学内掲示板・学生専用サイト(通学・通信)をご確認ください
主催文明哲学研究所

芸術研究の世界#24「日本におけるモダン・ファッションの創造−田中千代の活動について」

2023年12月21日

アクティビティ

 2023年12月20日(水)18:00より、文哲研オンラインセミナー「芸術研究の世界#24」をzoomにて開催いたしました。

 

芸術研究の世界#24

「日本におけるモダン・ファッションの創造−田中千代の活動について」

講演者:本橋弥生(京都芸術大学教授 )

日 時:2023年12月20日(水)18:00-19:30

参加者:38名(京都芸術大学教職員・学生)

*講演概要ほか詳細:https://www.kyoto-art.ac.jp/iphv/topics/5469/

 

 

【参加者感想(一部抜粋)】 

*キュレーターを志すきかっけになった「ミュシャ展」に関わられた本橋さんにお話しをお伺いでき、本当に嬉しかったです。今回の講義で田中千代さんにも興味が出てきました。個人的にも調べてみたいと思います。貴重なお話ありがとうございました。

 

*ファッション好きですが、田中千代は存じ上げませんでした。田中千代自身の人間性やその功績を知ることができ、とても興味深い内容でした。

 

*田中千代という名前は知っていたもののカネボウとのかかわりについて知ることができました。杉野学園衣装博物館で同時代の衣装を見たことがあり、当時から洋服に「和」の要素を入れようとしていた試みを感じました。それが後の三宅一生や森英恵にもつながったのかなと思いました。

 

*田中千代をベースにした近代の洋装化する様子が手に取るようにわかりました。戦中、物資の少ない中で作ったもんぺを初めて着た女性達、戦後、手に職を持とうと田中千代の元に縫製を学びに来た女性達はどのような気持ちであったのだろうと想像します。また、鐘紡とのつながりを詳しくお聞きできたことも嬉しかったです。今に繋がる日本人の洋装文化に田中千代という人が、こんなにも尽力してくれていたことに驚きつつ、ご教示くださった本橋先生に感謝いたします。

 

 

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

今後もzoom等を活用しながらセミナーや研究会などを開催する予定です。一般公開セミナー開催の際はこのホームページにてお知らせいたしますので、ぜひ楽しみにお待ちください。

 

【講演情報】下條信輔教授

2023年11月30日

アクティビティ

 12月1日のART meets SCIENCE#12にご登壇いただく下條信輔先生の国内講演情報です。ぜひご参加ください。

 

———————————-

先駆的リハビリテーション実践支援センター FD研修会「身体の同期とチーム・フロー」

 

日時:2023年12月4日(月)17:00-18:00

場所:応仁会館 大会議室(広島大学医学部) 

申込・詳細:先駆的リハビリテーション実践支援センター FD研修会

 

———————————-

JST CREST Internet of Realitiesプロジェクト 第1回シンポジウム

 

日時:2023年12月5日(火)13:00-18:00(終了後、懇親会開催予定)

場所:東京大学 武田ホール(本郷地区キャンパス 武田先端知ビル内)/ オンライン中継予定(Zoom or YouTube)

参加費:無料(懇親会参加は有料)

申込・詳細:https://internet-of-realities.org/symposium2023.html

     JST CREST Internet of Realitiesプロジェクト 第1回シンポジウム

 

———————————-

下條信輔教授 京都大学講演会2023

 レクチャー1『共有リアリティとコミュニケーション〜「来歴」の観点から』

 レクチャー2『注意の罠』

 

日時:2023年12月6日(水)15:00-18:00

   ※遠隔からは下記のzoomよりご参加いただけます

    https://kyoto-u-edu.zoom.us/j/83057666064?pwd=4If2vuP8YGBleZXbY9UQpmk7N72KhF.1

場所:稲盛財団記念館3F 中会議室

申込・詳細:https://www.kokoro-unit.kyoto-u.ac.jp/20231206_lecture_profshimojo/

 

 

芸術研究の世界#23「人と空間が生きる音デザイン 〜音響心理学とサウンドスケープの世界〜」

2023年11月27日

アクティビティ

 2023年11月22日(水)18:00より、文哲研オンラインセミナー「芸術研究の世界#23」をzoomにて開催いたしました。

 

芸術研究の世界#23

「人と空間が生きる音デザイン 〜音響心理学とサウンドスケープの世界〜」

講演者:小松正史(環境音楽家(JASRAC会員) / 音響心理学者 / 博士(工学) / 京都精華大学メディア表現学部(音楽表現専攻)教授 / 京都芸術大学文明哲学研究所客員教授)

日 時:2023年11月22日(水)18:00-19:30

参加者:33名(京都芸術大学教職員・学生)

*講演概要ほか詳細:https://www.kyoto-art.ac.jp/iphv/topics/5435/

 

 

【参加者感想(一部抜粋)】 

*自由に往来する注意力と気づきのグローバル・アテンションのバランスについては新鮮でした。先生のお話を聞いて、パリの古い小さな教会で、パイプオルガンと、その音に驚く鳩の羽ばたくバサバサという音の共鳴で、美しい音ではなかったのですが、なぜか涙が止まらなかったことを思い出しました。自分の中に、音に関わる心動の風景の記憶があることに、心が温かくなりました。学生たちの心にアプローチするための、多くのヒントをいただきました。ありがとうございました。

*飛行機の音が鳥たちの声を妨げていたり、日常の中で見過ごしていることが「音」という世界から社会的問題を考えるきっかけになるのだなと思いました。

*人間が創り出した便利なモノから出る音が、生態系に影響を与えていることを知り少しショックな気持ちです。先生が研究されている居心地の良い環境音が、人間だけではなく、多くの生き物にも良い波動が振動して心身ともに健康で生きられるということだと思いました。

*サウンドスケープという概念が興味深く楽しい時間でした。ありがとうございました。

 

 

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

今後もzoom等を活用しながらセミナーや研究会などを開催する予定です。一般公開セミナー開催の際はこのホームページにてお知らせいたしますので、ぜひ楽しみにお待ちください。

 

芸術研究の世界#24「日本におけるモダン・ファッションの創造−田中千代の活動について」

2023年11月22日

アクティビティ

日程終了しました

 2023年12月20日(水)18:00より、文哲研オンラインセミナー「芸術研究の世界#24」を開催いたします。

 

 オンラインセミナー「芸術研究の世界」では、本学の教員が現在取り組んでいる芸術研究について、その研究を発想した経緯や研究の面白さ、難しさなども含めて存分に語っていただきます。セミナーでの質疑を通して、参加者の皆さんとともに、芸術研究の奥行きと拡がりに触れる機会となることを願っています。

 

 

芸術研究の世界#24

「日本におけるモダン・ファッションの創造−田中千代の活動について」

講演者:本橋弥生(京都芸術大学教授 )

日 時:2023年12月20日(水)18:00-19:30

対 象:京都芸術大学教職員、学生

 

【講演概要】

 なぜ、私たちが現在、当たり前のように洋服を着ているのか、皆さんは考えたことがあるだろうか。

 日本に洋装化が本格的にもたらされるようになった契機は、1871(明治4)年に明治天皇が「服制の更改の勅諭」を下して洋装を奨励し、翌1872(明治5)年に太政官布告により文官の大礼服が制定されたことにある。さらに、1887(明治20)年には昭憲皇太后が「思召書」を出され、宮中の行事において洋装化が推奨された。日本社会の近代化とともに政治的な理由から、洋装化が進められたが、成人女性にはなかなか普及せず、実際に日本の国民全体が洋装するようになったのは第二次世界大戦後のことである。

 1930年代から戦後にかけて、日本のファッション文化の礎を気づいた人物の一人である田中千代(1906-99)の活動をとおして日本のファッション文化がどのように創られていったのか概観しつつ、今、なぜファッション文化史研究を行う必要があるのかについて考えてみたい。

 

【講師略歴】

本橋弥生(もとはし やよい)

2003年4月から19年間、国立新美術館(東京・六本木)に研究員・主任研究員として勤務。キュレーターとして、展覧会企画はもとより教育普及事業や広報事業にも携わる。企画担当した主な展覧会は「スキン+ボーンズ―1980年代以降の建築とファッション」展(2007)、「魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展」(2014)、「MIYAKE ISSEY展:三宅一生の仕事」展(2016)、「ミュシャ展」(2017)、「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展(2019)、「カルティエ、時の結晶」展(2019)、「ファッション イン ジャパン1945-2020―流行と社会」展(2021)他多数。2022年4月に京都芸術大学に着任。

日程2023年12月20日
時間18:00 - 19:30
費用無料
対象京都芸術大学教職員、学生
申込方法学内掲示板・学生専用サイト(通学・通信)をご確認ください
主催文明哲学研究所
文明哲学研究所

2015年度以前