Topics

京都新聞コラム『現代のことば』

2022年1月26日

出版・メディア情報

 2022年1月25日付 京都新聞夕刊『現代のことば』に、齋藤亜矢のコラムが掲載されました。隔月連載の第16回目、タイトルは「かなしみの由来」です。

 

*ネットでもお読みいただけるようになりました(有料会員のみ)

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/718483

芸術研究の世界#10「ヒッタイトの鉄とは何か―失われた技術から見えてくるもの―」

2022年1月25日

アクティビティ

日程 2/2

 2月2日(水)18:30より、文哲研オンラインセミナー「芸術研究の世界#10 ヒッタイトの鉄とは何か―失われた技術から見えてくるもの―」を開催します。

 

 このセミナーは、一か月に一、二回の頻度で、実施します。

セミナーの講師は、文部科学省科学研究費(通称:科研費)の研究代表者である、11名の本学教員です。

科研費は、人文・社会科学から自然科学まで、あらゆる分野の優れた研究を発展させることを目的として国から支給される研究費で、厳正な審査を経て採択され、数年間、申請した研究計画に沿って研究に取り組み、その成果を公表します。

 オンラインセミナー「芸術研究の世界」では、本学の教員が現在取り組んでいる芸術研究について、その研究を発想した経緯や研究の面白さ、難しさなども含めて存分に語っていただきます。セミナーでの質疑を通して、参加者の皆さんとともに、芸術研究の奥行きと拡がりに触れる機会となることを願っています。

 

 

芸術研究の世界#10

「ヒッタイトの鉄とは何か―失われた技術から見えてくるもの―」

講演者:増渕麻里耶(歴史遺産学科准教授)

日 時:2022年2月2日(水)18:30-20:00

対 象:京都芸術大学教職員、学生

 

【講演概要】 

みなさんはトムセンによる三時代区分法をご存知でしょうか。

道具の材質に注目し、人類の歴史を石器・青銅器・鉄器時代に分けるこのシンプルな手法は、社会を読み解くヒントを与えてくれます。

私は大学4年の夏、はじめて古代遺跡の発掘調査に参加して以来、「ヒッタイトにとっての鉄とはいったい何なのか?」という研究を続けています。

世界史の授業で「鉄をはじめて利用した」と教わるヒッタイト文明ですが、出土遺物、粘土板文書、そして遺物の自然科学的分析から見えてくることは実はかなり複雑です。

本講演では、教科書には載っていない「ヒッタイトの鉄」の実際、考古学や歴史学にどのように自然科学的研究が貢献しうるのかについてお話していきたいと思います。

 

【講師略歴】

増渕麻里耶(ますぶち・まりや)

2016 年 University College London(英国)Institute of Archeology 博士課程を修了。

”Diachronic Changes in Iron and Steel Production and Cultural Transitions in Central Anatolia, 1650-550 BC, in Light of a New Archaeometallurgical Investigation of Iron and Steel at Kaman-KalehoyukでPhD取得。

筑波大学大学院人間総合科学研究科世界遺産専攻(研究員)、(独)国立文化財機構東京文化財研究所文化遺産国際協力センター(アソシエイトフェロー)等の勤務経験を経て、2019 年 4 月より本学芸術学部歴史遺産学科に勤務。

トルコやイスラエルを中心とした西アジアの冶金考古学研究の他、文化財科学の専門家として日本、東南アジア、西アジア等のさまざまな文化遺産や文化財保護の基礎となる材質分析を行っている。

 

——————————————————–

 

【今後の予定】 (タイトルは科研の採択課題です。講演内容は追ってご連絡します)

3月2日 森田都紀 日本の芸能「能」の演奏技法の伝承過程に関する歴史的研究‐能管を中心に‐

※日程は講師の都合等で変更の可能性があります

 

日程2022年2月2日
時間18:30 - 20:00
費用無料
対象京都芸術大学教職員、学生
申込方法学内掲示板・学生専用サイト(通学・通信)をご確認ください
主催文明哲学研究所

「アートで感じる?チンパンジーの気持ち」の成果発表会

2022年1月20日

アクティビティ

日程 2/5

 2月5日、京都市動物園にて開催の「アートで感じる?チンパンジーの気持ち」成果発表会で、齋藤亜矢が講評をします。この発表会では、KYOTO STEAM-世界文化交流祭 の一環としておこなってきたプロジェクトの最終成果を発表し、今後の展開などについて話し合います。ご興味のあるかたは、ぜひご参加ください。

 
 
参加方法等詳細は、京都市動物園のホームページをご覧ください。(参加申込締切:1月31日(月))
日程2022年2月5日
時間14:00 - 16:00
場所京都市動物園 レクチャールーム
費用無料(ただし、入園料は必要)
対象中学生以上
申込方法京都市動物園ホームページをご覧ください

このイベントに申込む

芸術研究の世界#9「芸術するこころの科学:進化の視点からのアプローチ」

2022年1月20日

アクティビティ

 1月19日(水)18:30より、文哲研オンラインセミナー「芸術研究の世界#9」をzoomにて開催いたしました。

 

芸術研究の世界#9

「芸術するこころの科学:進化の視点からのアプローチ」

講演者:齋藤亜矢(文明哲学研究所 准教授)

日 時:2022年1月19日(水)18:30-20:00

参加者:50名(京都芸術大学教職員・学生)

*講演概要ほか詳細:http://www.kyoto-art.ac.jp/iphv/topics/4927/

 

 

【参加者感想(一部抜粋)】 

*上下左右という認識は、かなり高度なものなのですね。試行錯誤の面白さがアートであり、そのアートが発達を新しい未知の方向に促す、アートはやはり創造の源なのだと感じました。興味深いお話を、ありがとうございました。

*絵の起源と人間の発達とことばの影響など、とても貴重で私自身も気になっていた内容のお話を聴くことができました。ありがとうございます。

*洞窟の壁画が岩の立体やヒビの跡を何かに見立てていることは私にとって新しい発見でした。今までなぜあんな描きにくい位置にわざわざ描いているのだろうと不思議に思っていたからです。私も幼児の頃、家にあるタンスや天井の木目を何かに見立てて想像することを遊びにしていたので、数万年前の人間が考えていたことと変わらないなと聞いていて面白かったです。

*入力したことがフィードバックされる、その面白さが絵を描きたい気持ちにさせられる、という感覚も、言われてみたらその通りで、いろんな理論や理屈抜きに、それがあるから次描きたくなるんだと、これが今回の一番の収穫でした。フィードバックされたものは自分が心(想像)や言葉で思ってたことと違うものが映し出されていて、それを「知らない自分の発見」として捉えて、面白いと感じる。この単純なことを改めて知る機会になりました。

 

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

対面での開催が難しい情勢ではありますが、今後もzoom等を活用しながらセミナーや研究会などを開催する予定です。一般公開セミナー開催の際はこのホームページにてお知らせいたしますので、ぜひ楽しみにお待ちください。

 

——————————————————–

 

【文哲研オンラインセミナー「芸術研究の世界」】

このセミナーの講師は、文部科学省科学研究費(通称:科研費)の研究代表者である、11名の本学教員です。科研費は、人文・社会科学から自然科学まで、あらゆる分野の優れた研究を発展させることを目的として国から支給される研究費で、厳正な審査を経て採択され、数年間、申請した研究計画に沿って研究に取り組み、その成果を公表します。オンラインセミナー「芸術研究の世界」では、本学の教員が現在取り組んでいる芸術研究について、その研究を発想した経緯や研究の面白さ、難しさなども含めて存分に語っていただきます。セミナーでの質疑を通して、参加者の皆さんとともに、芸術研究の奥行きと拡がりに触れる機会となることを願っています。

 

【今後の予定】 (タイトルは科研の採択課題です。講演内容は追ってご連絡します)

2月2日 増渕麻里耶 希土類元素に着目した古代鉄製品の非破壊製作地推定法の開発

3月2日 森田都紀 日本の芸能「能」の演奏技法の伝承過程に関する歴史的研究‐能管を中心に‐

※日程は講師の都合等で変更の可能性があります

芸術研究の世界#8「日本庭園にみる屋外美術の可能性」

2022年1月13日

アクティビティ

 1月12日(水)18:30より、文哲研オンラインセミナー「芸術研究の世界#8」をzoomにて開催いたしました。

 

 

芸術研究の世界#8

「日本庭園にみる屋外美術の可能性」

講演者:町田香(大学院(通信教育)准教授、日本庭園・歴史遺産研究センター嘱託研究員)

日 時:2022年1月12日(水)18:30-20:00

参加者:56名(京都芸術大学教職員・学生)

*講演概要ほか詳細:http://www.kyoto-art.ac.jp/iphv/topics/4911/

 

 

【参加者感想(一部抜粋)】 

*美術的器物が自然と人間を媒介する、というお話は、新鮮な発想であると同時に、腑に落ちる感覚でした。人形を見つめる視線も、今後、変わるような気がします。人間の営みは、不可思議にして魅力的です。貴重なお話を、ありがとうございました。

*日本庭園の新しい見方ができました。よかったです。

*大変貴重なご講義をありがとうございました。まだまだ自分は知らないことばかりだと、あらためて実感したと共に、このような機会を与えられている現状に感動いたしました。日常の中に普通に存在している日本庭園ですが、今一度、学術的に鑑賞してみたいと思います。

*庭園についての授業は受けているため、ある程度学んだつもりでいましたが、庭遊びで仮装をして楽しんだ、という話は初めて聞き、とてもためになりました。また、資料を探した時の話など、研究している中での実際の話が聞けて面白かったです。スライドや話も分かりやすく、もっと聞きたいと思いました。日本庭園に対する興味が深まりました。

*日本の貴族による日本庭園への価値観を、時代の流れと共に知ることができ、大変勉強になりました。町屋の様子を再現したり、小山を造り実際に歩かせるなどは、貴族にとって庭園という存在が箱庭のような、ミニマムではないけれども実際に自分が存在することのできるままごとや模型、自分が造り出した架空の現実世界として捉えているのだろうかと思いました。

*日本庭園の違った捉え方をされている研究があることに面白さを感じました。古くは庭を利用し、様々なイベントを楽しんでいた場所であったことを考えてもみたことが無く、研究は多面的な角度から発想を生み出すことを感じ取ったセミナーでした。

 

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

対面での開催が難しい情勢ではありますが、今後もzoom等を活用しながらセミナーや研究会などを開催する予定です。一般公開セミナー開催の際はこのホームページにてお知らせいたしますので、ぜひ楽しみにお待ちください。

 

——————————————————–

 

【文哲研オンラインセミナー「芸術研究の世界」】

このセミナーの講師は、文部科学省科学研究費(通称:科研費)の研究代表者である、11名の本学教員です。科研費は、人文・社会科学から自然科学まで、あらゆる分野の優れた研究を発展させることを目的として国から支給される研究費で、厳正な審査を経て採択され、数年間、申請した研究計画に沿って研究に取り組み、その成果を公表します。オンラインセミナー「芸術研究の世界」では、本学の教員が現在取り組んでいる芸術研究について、その研究を発想した経緯や研究の面白さ、難しさなども含めて存分に語っていただきます。セミナーでの質疑を通して、参加者の皆さんとともに、芸術研究の奥行きと拡がりに触れる機会となることを願っています。

 

【今後の予定】 (タイトルは科研の採択課題です。講演内容は追ってご連絡します)

1月19日 齋藤亜矢 描画のプロセスにおける想像と創造の関わりの検証

2月2日 増渕麻里耶 希土類元素に着目した古代鉄製品の非破壊製作地推定法の開発

3月2日 森田都紀 日本の芸能「能」の演奏技法の伝承過程に関する歴史的研究‐能管を中心に‐

※日程は講師の都合等で変更の可能性があります

文明哲学研究所

2015年度以前