Topics

芸術研究の世界 特別講演

2022年6月30日

アクティビティ

日程 7/6

 7月6日(水)18:30より、2022年度文哲研オンラインセミナー「芸術研究の世界」特別講演を開催いたします。

 

 このセミナーは、一か月に一度実施します。セミナーの講師は、昨年度から引き続き、文部科学省科学研究費(通称:科研費)の研究代表者である8名の本学教員です。科研費は、人文・社会科学から自然科学まで、あらゆる分野の優れた研究を発展させることを目的として国から支給される研究費で、厳正な審査を経て採択され、数年間、申請した研究計画に沿って研究に取り組み、その成果を公表します。

 オンラインセミナー「芸術研究の世界」では、本学の教員が現在取り組んでいる芸術研究について、その研究を発想した経緯や研究の面白さ、難しさなども含めて存分に語っていただきます。セミナーでの質疑を通して、参加者の皆さんとともに、芸術研究の奥行きと拡がりに触れる機会となることを願っています。

 

 

芸術研究の世界 特別講演

「芸術とお金の密かな関係」

講演者:吉岡洋(文明哲学研究所 教授)

日 時:2021年7月6日(水)18:30-20:00

対 象:京都芸術大学教職員、学生

 

【講演概要】

芸術はお金儲けではない、と普通思われています。芸術家はしばしば極度に貧乏だったり、逆に非常識な浪費をする人もいますが、いずれにせよお金に無頓着であることは、その人が芸術家としてより「ピュア」である証拠のように受け取られます。芸術作品は、誰も認めなければ一文の値打ちもないただのゴミですが、多くの人が高く評価する作品は、信じられないような高額で売り買いされたりします。近代文学の中では、お金持ちや資本家はしばしば悪役として登場し、そこではお金儲けや資本主義自体が「悪」であるかのように扱われてきました。しかしこのように、芸術活動とお金儲けが互いに鋭く相反するもののように考えられていることは、逆に両者の間には強い繋がりが隠れているということを示しているのかもしれません。そのことを、様々な実例に即して考えてみたいと思います。

 

【講師略歴】

吉岡洋(よしおか・ひろし)

京都芸術大学文明哲学研究所教授。京都大学文学部・同大学院修了(美学芸術学)。甲南大学、情報科学芸術大学院大学(IAMAS)、京都大学文学部、こころの未来研究センター教授を経て現職。著書に『情報と生命』(新曜社、1993年)、『〈思想〉の現在形』(講談社、1997年)など。批評誌『Diatxt.』(ダイアテキスト)1~8号の編集、「京都ビエンナーレ2003」のディレクターをつとめた他、「SKIN-DIVE」展(1999)、「京都ビエンナーレ2003」、「大垣ビエンナーレ2006」などの展覧会を企画。映像インスタレーション作品「BEACON」プロジェクトチームメンバー。文化庁世界メディア芸術コンベンション(ICOMAG)座長(2011-2013)。美学会会長。日本学術会議哲学委員長。

 

【芸術研究の世界】 (タイトルは科研の採択課題です。講演内容は追ってご連絡します)

8月3日 江本紫織 経験における撮影の位置付け-セルフィにおける「自己」の性質と作用関係の点から

9月7日 齋藤亜矢 描画のプロセスにおける想像と創造の関わりの検証

10月4日 藤澤三佳 生きづらさと社会的承認に関する社会学研究~多様な表現と他者からの共感を通して 

11月2日 戸坂明日香 「不気味の谷」を超える復顔法の研究

12月7日 前川志織 戦間期日本の嗜好品広告における間メディア性

1月11日 宇佐美智之 中央アジア・オアシス地帯における都市の成立と展開:ザラフシャン川流域を中心として

2月1日 大西宏志 オーラル・ヒストリー 芸術運動としての広島国際アニメーションフェスティバル研究

3月1日 牛田あや美 日本統治下の漫画家・北宏二/金龍煥の懸隔

※日程は講師の都合等で変更の可能性があります

 

日程2022年7月6日
時間18:30 - 20:00
費用無料
対象京都芸術大学教職員、学生
申込方法学内掲示板・学生専用サイト(通学・通信)をご確認ください
主催文明哲学研究所

英語名称が変更になりました

2022年6月10日

その他

 文明哲学研究所の英語名称が「Institute for Philosophy and Science of Art(IPSA)」へ変更となりました。

今後とも、文明哲学研究所をどうぞよろしくお願い申し上げます。

科研費:ニュースレター『出ゆーらしあ』

2022年6月6日

出版・メディア情報

 科研費 新学術領域研究「出ユーラシアの総合的人類史学」のニュースレター『出ゆーらしあ』に、齋藤亜矢が寄稿しました。

 

*『出ゆーらしあ』はwebサイトよりお読みいただけます。

http://out-of-eurasia.jp/newsletter/index.html

 

【産経新聞】テクノロジーと人類11

2022年6月6日

出版・メディア情報

 2022年5月28日付 産経新聞朝刊のオピニオン面「テクノロジーと人類」で、齋藤亜矢の研究が取り上げられました。

 

*産経新聞電子版「テクノロジーと人類」(有料会員記事)

https://www.sankei.com/tag/series/life_131/(後日更新予定)

アステイオン096:世界の思潮「からだの言葉で人間を理解する」

2022年5月25日

出版・メディア情報

 アステイオン096(2022年5月26日発行)「世界の思潮」に、齋藤亜矢のエッセイ「からだの言葉で人間を理解する」が掲載されました。『自分を超える心とからだの使い方 ゾーンとモチベーションの脳科学』(下條信輔・為末大,朝日新聞出版,2021年)をとりあげた書評エッセイです。紙版のほか、デジタル版もご購入いただけますので、ぜひご一読ください。

*アステイオン096 公式サイト https://www.newsweekjapan.jp/asteion/magazine/vol096/

文明哲学研究所

2015年度以前