こども芸術学科

ニュース

  • LINEで送る

2018年5月31日  ニュース

【特別講義】東京オリンピックエンブレムデザイン 野老 朝雄(ところ あさお)先生!

2020年夏期オリンピック・パラリンピックエンブレムデザインをされた野老 朝雄(ところ あさお)先生に特別講義をしていただきました!!

 

こども芸術学科教員の彦坂先生とのご縁で、今回の野老先生の特別講義が実現しました。

IMG_2764

デザイン・アートがこどものためにできる事をテーマに、少人数の学生との対話形式でお話しいただきました。

その中で、2020年夏期オリンピック・パラリンピックエンブレムデザインについての話もお聞きすることができました。IMG_2785

オリンピック・パラリンピックエンブレムは「平等の精神」を表現するために、共に形の異なる3種類の四角形をそれぞれ45個配置し、小紋の基本的な輪の形にご自身の作風を落とし込み、「繋がる」イメージに仕上げています。

エンブレムの色は「400年たっても色あせない」「印刷に強い青色」「黄色は最初に退色してしまう」など、色の特性を考慮し、日本の伝統色である藍色を採用しました。

また、藍色を構成するCMYKの割合は(100:86:0:50)。エンブレムを構成する四角形にも同様の比率が反映されており、正方形を100としたとき、他の長方形が86と50になるようにして、色、形、構成すべてに意味を持たせています。

 

CMYKとは?

多くのカラー印刷で取り入れられているシアン・マゼンタ・イエロー・キープレートという4成分によって色を表す色の表現方法の一種です。

 

話の内容は個についての話、建築、物の認識、情報など多岐にわたり、学生たちは今まで触れたことのなかった分野の話に聞き入っていました。

IMG_2773 IMG_2776

野老先生、お忙しい中、本当にありがとうございました!

 

                                            (大塚:スタッフ)

【一日体験入学オープンキャンパス7月8日(日)】のお知らせ・・・・・

7月8日(日)に「一日体験入学オープンキャンパス」が実施されます!1日の授業体験をしていただくこのオープンキャンパスは、「夏期コミュニケーション入学(体験授業型AO入試)」の模擬体験にもなりますので参加をオススメします!詳しく知りたい方はコチラ

 

 

 

  • LINEで送る

2018年4月27日  ニュース

【プロジェクトレポート】HAPii+(はぴい) 京都府立医大の壁画プロジェクト

前回のブログで、こども芸術学科の学生も参加している、京都造形芸術大学のプロジェクトチーム「HAPii+2017」の活動を紹介しましたが、今回はその詳細版です。プロジェクトを担当された由井先生にバトンタッチ!画像解説よろしくお願いします!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月から2ヶ月間考えてきたアイデアを病院の方にプレゼンをしているところ。

プレゼン資料やサンプルも全部自分たちで作ります。

気に入ってもらえるかドキドキ・・・

IMG_0005

事前にいただいた病院からのオファーは2つ。

 

 1、動物を入れてほしい

2、大人も子どもも楽しめるもの

 

 2ヶ月間ミーティングしていく中で出てきた「鳥獣戯画の巻物から飛び出たウサギとカエルが世界旅行をする」という今回のアイデア。仕上がりイメージをPCで作り、いざプレゼン。 大好評でした!!

IMG_0058

年が明けていよいよ現地制作。

 しかしここからが大変!壁面全長69m!!!

これを9日間で描き上げます。

しかも平日は診察が終わってからのみの制作・・・。

友達にも助っ人を頼んでとにかく無我夢中!!

IMG_1739

描くしかない!

IMG_1740

描くしかない!

IMG_0305

描くしかない!

IMG_0277

描くしかない!

IMG_1745

でも楽しい!!配色カードで相談しながら色を決めているところ。

IMG_1761

友達にも助っ人に来てもらって楽しい!

IMG_1759

皆決められた中、集中してよく頑張りました!!

 

 

【春のオープンキャンパスのお知らせ】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年はどんなワークショップをするのか?気になった方はこちらをチェック!

4月29日 オープンキャンパス 

 

WEBで⑥つの重要プログラムをチェックして、オープンキャンパスに備えましょう!

カフェOr学食チケット最新パンフセットなど見逃せない特典がもりだくさんです!

ぜひ、こども芸術学科のブースにお越しください

 

 

  • LINEで送る

2018年4月25日  ニュース

【新聞に掲載されました!】京都府立医大の壁画プロジェクト

こども芸術学科の学生たちも参加している京都造形芸術大学のプロジェクトチーム「HAPii+2017」の活動が4月24日の京都新聞で紹介されました!!学科の学生たちの活躍と合わせて、活動内容を紹介していきます。

 

【HAPii+(はぴい)プロジェクトについて】

HAPii+(はぴい)とはNPOアーツ・プロジェクトの呼びかけにより、京都府立医科大学付属病院の小児医療環境を改善すべく立ち上げたプロジェクトです。広く全学科の学生から希望者を募り、芸術大学が社会にできることの一つとして、病院の医師、看護師の方からのアドバイスをいただきながら、様々な取り組みを行っています。

今回は、「世界旅行」「鳥獣人物戯画」をテーマに、昨年10月から構想を練り、今年の2月11日に検査室が並ぶ廊下約50メートルの両側の壁面の絵画を完成させました。

 

今回のプロジェクトには、こども芸術学科から以下の7名が参加しました。

参加当時2回生だった朝平さん、松井さん、二宮さん

参加当時1回生だった坂本さん、横田さん、田中さん、山田さん

リーダー1名、副リーダー2名という運営体制で、朝平さん、松井さんが副リーダーを担当しました!

IMG_1719

IMG_1761

IMG_0305

丁寧に、慎重に塗っていきます。

 

IMG_1745

IMG_1696

IMG_0316

世界各国を、うさぎやかえるが旅している姿がとてもユニークですね。どの国にいるのかな、と考えるだけで楽しそうです!

IMG_0334

こども芸術学科の2回生は、後半に実習が入り、その前にも学科の授業の合評や制作、座学の勉強等があります。そのため、今回のメンバーは自分の限界値を見極め、体調とも相談しながら、きちんとスケジュールを管理し、プロジェクトと学科の授業(勉強・制作・実習)を両立させていたようです。頑張りましたね!すごい!

 

小児医療環境を改善すべく立ち上げたこのプロジェクトは、「こどもと芸術」を学んで教育を作っていく、こども芸術学科の学生にとって、とても良い学びの場になった事と思います。また新たに始動する際は、HAPii+(はぴい)と学科の授業(勉強・制作・実習)の両立を目指しながら、新1・2・3回生に参加してもらいたいです。

 

                                          (スタッフ:大塚)

 

【春のオープンキャンパスのお知らせ】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年はどんなワークショップをするのか?気になった方はこちらをチェック!

4月29日 オープンキャンパス 

 

WEBで⑥つの重要プログラムをチェックして、オープンキャンパスに備えましょう!

カフェOr学食チケット最新パンフセットなど見逃せない特典がもりだくさんです!

ぜひ、こども芸術学科のブースにお越しください!

 

  • LINEで送る

2018年3月8日  ニュース

親子の会話を豊かにする 「窓ガラス装飾」が完成

みなさんこんにちは。

春の嵐に驚いていたら、今度は雨・・・気温も下がってきたので、体調を崩さないようにしてくださいね。

さて、今回は3回生のCゼミを担当されている前川先生と学生たちの制作レポートをご紹介します!

 

************************************

京都市子育て支援総合センターこどもみらい館にある「子育て図書館」の10面のガラス窓に、四季と子どもの遊びをテーマにした装飾を作成し寄贈してきました。

こども芸術学科3回生のゼミ活動として制作したものであり、親子で装飾された窓を見ながら、気づいたことを子が親へ、親が子へ伝え合い、コミュニケーションを楽しんでもらおうと取り組みました。

 

こどもみらい館館長、永田 萠先生(絵本作家)からは「完成度の高いものを、造形の学生のパフォーマンスを見せてください」と温かくも厳しいご指導を頂きました。

こども未来館①

こども未来館②

こども未来館③

こども未来館④

こども未来館⑤

子どもの目線や子どもが見る時間帯や季節により変化する太陽光を考慮した。また、ガラス面に映える素材、軽さ、透け感、接着面の工夫など、何度も何度も試行錯誤を重ねてやっと完成させました。

(制作中の学生たち:左  展示した作品とパチリ:右) 

こども未来館⑦ こども未来館⑥                                                                                                                                                                                     

「この装飾を見て、どんな会話がうまれるか、とても楽しみ」「ガラス面の装飾は大変だったけど、子ども達や保護者の方に喜んでもらえたら嬉しい」と学生(5名)達はその反応に期待しています。

   

学生たちは作品をすべて展示し終わると、ホッとした表情を見せるとともに達成感に満たされて・・・・、私は涙が。

永田 萠先生にたくさんのご指導と感動を頂きました。感謝です。 

 

皆さんも是非、子どもみらい館子育て図書館に行って、学生の作品をご覧ください!!

                                             教員 前川 豊子  

 

 

  • LINEで送る

2018年2月12日  ニュース

【卒業展】「F」未来館までご案内!

卒業展3日目。今日はとても風が強く寒い日ですが、沢山の方々にご来場いただいております。

 

さて、本日はこども芸術学科が展示をしている「未来館」への道順をご説明しようと思います。「大階段」をスタートし未来館を目指します。

無題

スタート地点の大階段!

IMG_1421

視線を上にすると・・・・どどーん!!大きな垂れ幕が見えます!記念撮影はいかがですか?

IMG_1420

階段を上りきってすぐ、大きなアイスの作品が見えます。SNS映え!!

IMG_1422

奥に進むと左手に「人間館」エントランスが見えてきます。

IMG_1419

エントランスを入ってすぐのところには卒業展スタッフ常駐ののインフォメーションがあります。

パンフレットをもらっていきましょう!わからない事があればここで聞いてくださいね。

IMG_1417

さあ通路に戻り、まっすぐ奥まで進んでいきましょう。

正面奥には「春秋座」の大きな文字が。左手には「ブレスカフェ」があります。

IMG_1415

そして、通路の右側には「ミュージアムショップ」が!冊子やアクセサリーなど様々な作品が売られていますので、チェックしてみてくださいね。

IMG_1416

さらに進むと、右手にエレベーターが見えてきます。4Fまでの各階で展示が行われていますので、そちらも是非ご覧ください!

IMG_1414

「春秋座」の文字の近くまでやってきました。そこから右手に曲がってください。

IMG_1413

しばらく歩くと・・・左手に看板が!ここに「F」の文字発見!ここから2通りの行き方ができます。

IMG_1411

①この階段を上まで登っていきましょう。何段あるかは、お気になさらず!

IMG_1406

②この作品群を突っ切ってまっすぐ行き、正面奥にあるエレベーターで3Fに向かいましょう。

IMG_1410

階段を上りきる、もしくはエレベーターを3Fで降りれば、この表示が見えてきます。

頑張ってください、あともうちょっと!右へ向かい、少し坂を上りましょう。

IMG_1405

左に曲がって・・・

IMG_1404

発見しました!大きな「F」の文字!またここから2通りの道順があります。

IMG_1403

①坂を少し上って左手にあるエレベーターで3Fへ行く。3Fで降りると、学科の矢印が。

IMG_1400

右に曲がりましょう。

IMG_1401

②階段で頑張りたいあなた!「こども芸術学科」の文字の階段を上がると・・・!

IMG_1402

おおぉ?

IMG_1399

受付が~!!やっとたどり着きましたね!おめでとうございます!!

「よろしければこちらにご芳名をお願いします」フロアマップもありますので、受け取ってくださいね。

IMG_1398

ちょっとした冒険になりますが、こども芸術学科が展示をしている「未来館」へ是非いらしてください!

 

1 2 3 24

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。