情報デザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年11月6日  ニュース

学生ラベルデザインコンテスト2018授賞式!!

 

 

学生ラベルデザインコンテスト2018で最優秀賞を受賞した

情報デザイン学科イラストレーションコースの中山阿美さん森川桃雪さんの表彰授与が、

全日本シール印刷共同組合連合会、第61回年次大会において行われました。

 

IMG_5360

「学生ラベルデザインコンテスト2018」とは、

「滋賀の魅力を伝えるラベルデザイン」をテーマに大学、専門学校生を対象に公募。

「特色3色部門」と「カラー4色部門」の2つの部門それぞれの最優秀賞の作品は、賞金10万円が送られるほか、

全日本シール印刷共同組合連合会が主催する「シールラベルコンテスト2019」の規定課題として採用される、というもの。

 

 

IMG_5375

今回の会場となった「琵琶湖ホテル」では、中山さん、森川さんのデザインを規定課題として、

全国の印刷会社がその技を競い合われた「シールラベルコンテスト2019」の受賞作品の展示も同時に行われました。

 

 

「特色3色部門」最優秀賞

京都造形芸術大学 情報デザイン学科 イラストレーションコース2年 中山阿美(出身高校: 大阪府立春日丘高等学校)

Print<作品解説>

滋賀に生まれ、滋賀に生きた歴史上の人物は数多くいる。しかしそのことを知っている人は思いの外少ない。

今回のステッカーでは、教科書に載っているような誰もが知る 小野妹子・石田三成・最澄 にスポットを当ててデザインした。

自分が知る人物が滋賀県と密接に関わっていたことを一目で分かるようなステッカーにし、

背景には特産物のイラストを散りばめることで”何も無い” というイメージを払拭したいという願いを込めて制作している。

若い世代が受け入れやすいよう、テーマに歴史を掲げていても堅苦しい雰囲気にならないようポップに仕上げた。

 

 

 

 

「カラー4色部門」最優秀賞

京都造形芸術大学 情報デザイン学科 イラストレーションコース3年 森川桃雪 (出身高校:京都府立莵道高等学校)

森川桃雪

<作品解説>

夏の滋賀県の魅力をもっとたくさんの人にも知ってもらいたいと思い、このイラストをデザインしました。

滋賀県の浜大津にある大津港から出発し、琵琶湖を巡る旅客船ミシガンと滋賀の夏の一大イベント琵琶湖花火大会を描きました。

思わず滋賀に行きたくなるようなイラストにできればと思い制作しました。

 

 

その他の受賞作品はこちらからご覧いただけます→

  • LINEで送る

2019年10月23日  ニュース

カワイオカムラ 国際映画祭にて最優秀賞を受賞!!

 

 

情報デザイン学科の川合匠先生岡村寛生先生との映像制作ユニットカワイオカムラによる新作

『ムード・ホール Mood Hall』が、スイスで開催されたアニマトウ国際アニメーション映画祭 2019

ジュネーヴ近現代美術館(MAMCO)賞を受賞されました!!!

 

作品には情報デザイン学科 2017年卒業の水野開斗さんもOPタイトルなどで参加されています。

 

川合先生、岡村先生、水野さんおめでとうございます!!!!!!!!

 

 

ムード・ホール [トレイラー]は下記URLから視聴することが出来ます◎

 

https://www.youtube.com/watch?v=B6zpr03GOtE

 

https://vimeo.com/332533137

 

|ムード・ホール Mood Hall|

監督: カワイオカムラ
音楽: 原摩利彦
OPタイトル: 水野開斗

 

 

mainVisual_MH_tate

映画祭:アニマトウ国際アニメーション映画祭 2019
 部門:エクスペリメンタルフィルム(Lab)部門
  賞:ジュネーヴ近現代美術館(MAMCO)賞(最優秀作品賞)

 https://animatou.com/palmares-2019/  

 

川合先生、岡村先生の益々のご活躍を期待しております!

 

スタッフ かつ

 

 

  • LINEで送る

2019年8月28日  ニュース

【産学連携】「鳥獣戯画」デジタル新表現開発プロジェクト

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

 

凸版印刷株式会社との産学連携プロジェクトとして、情報デザイン学科の学生9名が「鳥獣人物戯画」を題材に映像コンテンツを制作しました。

9/2-4の3日間、「ICOM KYOTO 2019」の開催に合わせ、京都国立博物館で上映されます。

 

 

************************************

 

ICOM京都大会開催記念「京都の名宝×トッパンVR」
http://www.toppan-vr.jp/vrvt/kyoto2019/index.html
会場|京都国立博物館 平成知新館 講堂
上映時間は「京都の名宝×トッパンVR」サイトの「スケジュール」をご確認ください。
*トッパンVR作品ならびに産学連携コンテンツの鑑賞は無料で、当日整理券が配られます。(入館には別途博物館観覧券が必要です)

 

************************************

 

このプロジェクトはデジタル技術や映像メディアを用いて「鳥獣人物戯画」をリミックス(再表現)し、文化財に新たな価値を見出す、また付加しようとする試みです。
鳥獣人物戯画乙巻の原画をアニメーション化、そのシークエンスを京都の街や大学構内の一角にプロジェクションして撮影し、編集するというアプローチで、「絵巻物」をどう映像化するかというお題にも取り組んでいます。

 

9月2日にはプロジェクトを担当された情報デザイン学科の川合匠先生岡村寛生先生がトークゲストとして登壇されます。
制作メンバーの洲戸洸仁さん(イラストレーションコース3年)も先生方と並んでトークに参加されます。

 

 

image_FB
IMG_5106 2
IMG_4396 
********************************************************************
コンテンツ名:Anima 鳥獣人物戯画乙巻ムービースケッチ(6分40秒)
制作スタッフ:情報デザイン学科学生
猪飼菜奈(ビジュアルコミュニケーションデザインコース 金蘭会高校出身)
沖野可鈴(ビジュアルコミュニケーションデザインコース 石川県立金沢商業高校出身)

黒川尚美(ビジュアルコミュニケーションデザインコース 大阪府立牧野高校出身)
柴田真衣(ビジュアルコミュニケーションデザインコース 京都府立西城陽高校出身) 
菅沼穂乃花(ビジュアルコミュニケーションデザインコース 小松市立高校出身) 
洲戸洸仁(イラストレーションコース 大阪府立堺西高学校出身) 
関屋絢音(イラストレーションコース 石川県立工業高校出身) 
水川莉沙(ビジュアルコミュニケーションデザインコース 大阪府立阿倍野高校出身)  
吉田有希(イラストレーションコース 福井県立若狭高校出身)
企画プロデューサー:大野木啓人
プロデューサー:渡辺広之 木下悠
ディレクター:川合匠 岡村寛生
音楽:小松千倫
協力:高山寺
制作:京都造形芸術大学×凸版印刷株式会社
********************************************************************

情報デザイン学科 : スタッフ ウコン
  • LINEで送る

2019年8月19日  ニュース

教員や卒業生が多数参加【HILLS ZINE MARKET 2019 ART &ZINE】

 

こんにちは。情報デザイン研究室です。

 

本日は、夏休みのお出掛けにぴったりの、

現在開催中「HILLS ZINE MARKET 2019」のお知らせです!

 

前年度まで長く情報デザイン学科の客員教授をされていました、

ヒロ杉山氏が率いるEnlightenmentがキュレーションする、

「HILLS ZINE MARKET 2019 ART &ZINE」が現在、六本木ヒルズで開催中です。

 

ヒロ先生の他、現情報デザイン学科教員や卒業生も多数参加していますので、

ぜひ足をお運びいただければと思います。

 

IMG_4380ふち

 

 

※前回の「HILLS ZINE MARKET」はこちらから→

HILLS ZINE MARKET 2019
ART & ZINE

CURATED BY ENLIGHTENMENT

参加作家

網中いづる、荒井萌美、安藤政信、ikik、伊藤桂司(UFG)、植村啓一(DRIVE)、牛木匡憲(with 宮添浩司)、榎本マリコ、大竹彩子、岡沢高宏(CLS)、岡田将充(OMD)、岡本 学、鍵元 涼、角田麻有(Enlightenment)、河村康輔、川元陽子、北島 明(SPUTNIK)、SALOTEZUMO、白根ゆたんぽ(YUROOM)、Jenny Kaori、スガミカ、スズキマユミ、須田浩介、関川 恵、颯 ヒロセ、高橋 毅、田島一成(MILD)、千原徹也(れもんらいふ)、手島 領(蛍光TOKYO)、ドキドキクラブ、内藤あや、中島友太(kazepro)、長嶋五郎、永瀬由衣(れもんらいふ)、NIU、半沢 健、PARC(猿田彦珈琲)、平野文子(THROUGH)、ヒロ杉山(Enlightenment)、FACE、藤井桜子、藤本康生、間仲 宇、峯山裕太郎(Enlightenment)、見増勇介、モリスン、山﨑由紀子、吉田真由(Enlightenment)、米原康正、Ryan Chan、Leslie Kee

 

会期:2019年8月2日(金)〜8月25日(日)12:00〜20:00(会期中無休)
会場:六本木ヒルズA/Dギャラリー
入場料:無料

 

 

スタッフ かつ

  • LINEで送る

2019年7月18日  ニュース

真夏のオープンキャンパス!

 

いよいよ今週末7月20日(土)、7月21日(日)に真夏のオープンキャンパスが開催されます!!!

詳細はこちらから→

 

* 写真は前回のオープンキャンパスの様子です *

 

IMG_0476

先生や在学生との個別相談コーナーはもちろん

ワークショップや、夏期コミュニケーション入学直前対策講座

キャンパス見学ツアーなどなど、今回も盛りだくさんの内容となっていますよ。

 

_MG_0871

IMG_0527

各学科のブースでは先生はもちろん、スタッフとして参加してくれている在学生とも話すことができ 授業だけではなく、大学生活について様々な話を聞くことができます。

 

_MG_0609

_MG_0803

こちらはワークショップの様子。

今回も情報デザイン学科ブースでは、毎回ご好評いただいております

「コラージュ体験・缶バッジを作ろう!」を開催します。

 

_MG_0901

是非、あなただけのオリジナル缶バッジを作りに情報デザイン学科ブースまでお越し下さい!

 

教員&スタッフ一同、みなさんにお会いできることを楽しみにしています!!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

このオープンキャンパスが夏季コミュニケーション入学前、最後のオープンキャンパスとなります。 会場内でも夏コミのエントリー予約が出来ますので是非、この機会にご活用ください。

 

夏季コミュニケーション入学の情報はこちら→

 

情報デザイン学科スタッフ にし

1 2 3 49

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。