こども芸術学科

日常風景

  • LINEで送る

2014年5月20日  日常風景

自主ゼミ|京都古美術ハイキング

過日、思い立って有志の学生たち4名と神護寺、広隆寺をまわってきました。

ちょっと時間が経ってしまいましたが、自主ゼミの報告です。

京都駅からバスで50分、ちょっとしたハイキングです。
神護寺方面行きの京都駅前バス停

神護寺方面行きの京都駅前バス停

鳥のさえずりが心地よい

鳥のさえずりが心地よい

鳥の声を聞きながら木々の中を歩いているだけでとても気持ちがいいです。

坂を下って橋を渡り、石段を上がって神護寺に到着。
いよいよ神護寺の宝物虫払特別展へ

いよいよ神護寺の宝物虫払特別展へ

目的は、伝源頼朝像。国宝です。この5月に虫干しを兼ねて公開されるのですが、年間でもこの限られた時にしか見られません。顔の繊細な描写と平面的な衣装の黒の対比が素晴らしく、思わずため息が出ます。
他にも曼荼羅図では、小さいものでは1センチくらいの沢山の仏様が、手書きで一つ一つ描かれていて、少しずつ違います。どんな筆を使って描いたのか、想像するのも面白いです。
弘法大師空海の直筆による国宝「灌頂(かんじょう)暦名」には密教の儀式を受けた僧の名前を記したもの。冒頭に最澄の名をはじめ、ずらりと沢山の名前が記されています。偉いお坊さんの名前がしっかり描かれているのと比べると、巻物も左側になると段組も多く、字がちょっと粗くなっています。
解説を読むと、当時の子ども(小僧?)にも名前を与えているのですが、子どもの名前には、なんとか丸というものが多かったり、書いた文字を墨で塗りつぶして考え直していたり、同じ名前が2回出てきたり.. 弘法大師もこんなに沢山の名前を考えるのは大変だったのだなぁと思うと、妙な親近感が涌きました(笑)。
茶店で一服

茶店で一服

いろいろと発見のあった寺宝を見た後、神護寺をでました。坂の途中の茶店で弁当、冷やし飴ともみじ餅をいただき、ほっと一息。
次には、バスで太秦にある広隆寺を訪ねました。
広隆寺門前

広隆寺門前

仁王像のある山門

仁王像のある山門

どちらの方が怖い?

どちらの方が怖い?

広隆寺霊宝殿では国宝第1号の弥勒菩薩のほか、沢山の仏像を拝観できます。

卒業制作で手をモチーフにしようと考えている山下君は、仏像のさまざまな手の表情を観察していました。

 

喫茶展で一日の振り返り

喫茶展で一日の振り返り

ゆっくり京都を堪能し、喫茶店に入っておしゃべりして解散。
せっかく京都にいますから、学年を超えて、こうやって時々社寺仏閣を巡るのもいいものだとおもった一日でした。
(森本玄:教員/絵画) 

さて、こども芸術学科では以下のように学科の説明会を行います。

受験生の皆さん、ぜひお越しください!

 

「保育・幼児教育・初等教育系 進学相談会」(さんぽう主催)

日時:6月8日(日)13時〜16時

会場:大阪市(梅田)グランフロント大阪北館

(タワーB10階 ナレッジキャピタル カンファレンスルームB01)

大阪市北区大深町3-7

  • LINEで送る

2014年4月9日  日常風景

こども芸術学科新年度スタート!

こども芸術学科の仲間たち

こども芸術学科の仲間たち

こども芸術学科,今年は21名の新一回生と2名の大学院生を迎えて,

いよいよ新年度をスタート!

随時,学科の様子はこちらで更新していくのでお見逃しなく!

それでは,みなさん,応援よろしくお願いします!

 

☆☆☆受験生のみなさんへ☆☆☆

 

◎4月26日(土)13時〜16時

保育・幼児教育・初等教育系 進学相談会(さんぽう主催)

会場:京都産業会館【きらっ都プラザ】(3F 展示場)

京都市下京区四條通室町東入函谷鉾町80番

 

◎4月27日(日)オープンキャンパス

会場:京都造形芸術大学

 

ぜひ,ご参加ください。

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年9月22日  日常風景

大瓜生山祭初日、こ学の学生たち点描

秋晴れの清々しい天気のもと、学園祭初日のリポートです。

 

1年次生全員で取り組む前期のマンデー・プロジェクトを経て、夏休み明けから一気にかたちになった京造ねぶた。全学科の1年生がシャッフルされ、23クラスに分かれて取り組みました。今年の新入生も素晴らしい団結ぶりでしたが、そのクラスを導くFA(ファシリテーター)とTA(ティーチング・アシスタント)の存在も大きいのです。今年はこども芸術学科2年次生から二人、江崎さんと小泉さんがTAとして活躍していました。

IMG_6099

この京造ねぶたをつくったRクラスのTAは、こども芸術学科2年の江崎さん。

2年次生はフードコロシアムです。全店舗共通の食券250円を購入して、何を食べるか選びます。今年のテーマは[かつりょく]!だそうです。どこの学科も趣向をこらしていて美味しそう..悩みますが、やはりこども芸術から。

IMG_6275

こども芸術学科の2年次学生さんは、ホルモン冷しうどんを作ってます。店名は「不老不死うどん」。

不老不死なんて、活力つき過ぎでしょ(笑)。学生さんの着ている青い法被が目印です。味は、唐辛子とニンニクでちょいピリ辛ですが、美味しいですよ!飲み物付きです。さらに、ガラガラで3の倍数が出ると大当たりケーキ付きに!!

IMG_6276

ホルモン冷やしうどんと飲み物、ケーキ(当たれば)のセット。250円!!

 

フリーマーケットでは、2年次生の関根君がフェルトでつくった動物のガチャガチャがありました。引いてみるとアザラシが。何となく関根君と似ていたので記念撮影。IMG_6265
3年次生は、昨日レポートした学生作品展では地域での活動、絵画やアニメ、玩具、教材、作品制作、プレイルーム運営からこども芸術大学の子どもたちと関わる中で得た気づきを絵本にするなど、多様な媒体で発表しています。今日は、段ボールハウスに自由に絵を描いていいコーナーが子ども達に大人気!

IMG_6270

展示会場となっているNA413教室の受付テーブルに、こども芸大と連携してでスタンプラリーのスタンプ置き場もありますので、こどもとお母さんもたくさん来てくれた様子です。子どもたちの笑い声が響く会場は、やはりこども芸術学科ならでは。

 

村上君のロープを使って絵を描く作品も人気のコーナーになっていましたよ。

IMG_6271

 

みんなで楽しそうに絵をつくっていますが、どんな絵を描いたのでしょう?

 

IMG_6272

あっ北海道!キレイなプロポーションですね。描いた人は北海道出身か!?

 

それから、22日13:30開場、14:00から春秋座で開演の京造新喜劇!

よしもと祇園花月のサポートのもと、京造生が新喜劇にチャレンジするそうです。その京造新喜劇部署長をつとめるのが、こども芸術学科の2年次生、山下さん。ステージにはたたないそうです(笑)。入場無料です。当日券は10時より春秋座前のブースで配布されるとのこと。こちらもどうぞよろしくお願いします。

IMG_6263

そして、大階段を上がったNA棟入り口付近では、学生広報スタッフが御手洗団子を販売中です。

学生広報スタッフはいろんな学科の学生が集まっています。

こ学からは2年次生の三木さんが頑張っています。

IMG_6278

みんな、学園祭を盛り上げるために一生懸命やっていますが、とてもいい笑顔ですね。

 

大瓜生山祭もあと1日、皆さんぜひ京都造形芸術大学のお祭りにお越し下さい。

学生一同、教職員一同、お待ちしております!

 

(森本玄:教員/絵画)

 

 

  • LINEで送る

2013年5月11日  日常風景

木漏れ日のなかで散髪|夕刻のひととき

こども芸術学科のある地心館は、瓜生山キャンパスの最南端です。

 

大階段のある人間館A棟からは3分から5分はかかります。しかも、階段が多い.. エレベーターもあるのですが混んでいると時間もかかるので、若者ならあえてカ・イ・ダ・ンです。そのおかげで、4年間通うだけで基礎体力がつきます。いつも遅刻しそうな人は、さらに心肺能力も高まる?(笑)。

 

あのAKB48が学園歌で歌った「59段の階段」から、至誠館横の「天に翔ける階段」を屋上まで上がると息も上がります..そして、吉田松陰像をちらりと見ながら、環境デザイン学科のいる松林館を通過します。花壇には、さすが環境デザイン、色んな植物が植えられていて楽しいです。

 

さらに、青々とした木々に囲まれた小径を行くと地心館に到達します。ときどき、他学科の人は遭難することも..いや、これは冗談ですが、地心館に慣れると、とても気持ちのいいところです。

 

そんな地心館前で、授業も一段落した夕方、3年次生男子が散髪していました。

IMG_4801

なかなか慣れた手つきではないですか。Save the money、大切ですね。

そう言えば僕が学生の頃は、カットモデルといって、大学の裏にある理髪店でタダで髪を切ってもらってました。

カットモデルというと響きはいいですが、若手理髪師の実験台でした。あるとき、パーマをかけるというので、お任せしていたら、その後実家に帰ったとき、親に散々笑われたことを思い出しました。

 

それにしても、髪よけに作った首筋のギザギザはチクチクしないのでしょうか..

 

いつも忙しく勉強している学生達ですが、今日は、ほのぼのした学生の日常風景をお届けしました。

 

(森本玄:教員/絵画)

  • LINEで送る

2013年4月22日  日常風景

新入生の落ち葉掃除にドキッ!?│こども×アートな日常

 

先週のとある朝、こども芸術学科のある地心館に向かっていると・・・

 

IMG_4736

ほうきを持った女子新入生が二人。一生懸命、1年生アトリエ近くの階段で落ち葉を掃いています。「誰かに頼まれたの?」と聞くと、

「たくさん積もっていたので、掃きたくなって。」とのこと..フムフム。

 

そして、広場には掃除した落ち葉が集められていました。

キレイだったので、写真を撮ろうとしたら、

「先生、こっちから撮って下さい!」とオーダーが。

 

言われるままに立ってみると…

 

なんとハート型!

木漏れ日の下で色とりどりの落ち葉がキラキラと耀いていました!!

君たち 、、

 

IMG_4741

 

やるネ!! 美しいじゃないの..

落ち葉もだけど、その精神が。

 

なんと二人で掃除をArtしてしまいました。大学のキャンパス(Campus)がキャンバス(Canvas)になりました。日常の何気ない通学路を、こんな風に人の気持ちを動かすものに変えられるなんて..。

 

これもすぐに片付けてしまうだろうから、気付いた人はほんの一握りかも知れませんが、掃除を、こんな遊び心で楽しくやっている二人を、そして、集められた落ち葉を見て、未来は明るいと思ったのでした。

そして、僕もその日、やる気と元気をいただきました。

 

IMG_4742

手前味噌と呼ばれても構いません。

こども芸術学科の学生、サイコー(笑)!

 

(森本玄/絵画)

1 2 3 4 5

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。