こども芸術学科

日常風景

  • LINEで送る

2013年4月20日  日常風景

手作り市でステンドグラス発見!│こども×アートな日常

 

新緑のまぶしい春のうららかな日差しの中、先日15日に知恩寺手作り市がありました。

 

アクセサリー、手ぬぐい、革製品、手作り楽器、家具、パン屋、珈琲、マッサージなど、たくさんの個性的なお店がところ狭しと並ぶ中、大勢の人達が訪れ、楽しんでいます。

 

IMG_0578

 

僕もその日、あるものを探しに、仕事の合間を縫って訪れました。あるものというのは、今、わが家の離れを増築中なのですが、トイレの扉に昭和の型ガラスを嵌めたいな、と思ったのです。

 

そうして物色していると..ありました、ステンドグラス!さすが知恩寺手作り市。アンティークな型ガラスを周りにあしらってあります。

 

IMG_4719

そして、なんと、ステンドグラスのモビール素材、星とロケットも!

 

IMG_4718

わが家では妻がお絵かき教室をしているのですが、トイレの天井に吊して子ども達を驚かすことを思い付き、思わず買ってしまいました。実は、トイレの壁にはフレスコ画という技法で、宇宙を制作中です。フフフ、これは、また別の機会に報告しましょう。因みにフレスコ画は、こども芸術学科の1年次「絵画基礎」ほか、授業でも展開しています

 

学生や卒業生も出品している、毎月15日の知恩寺手作り市。京都造形芸術大学から会場まで距離にすると、自転車で10分以内です。

皆さんも、お気に入りの一品に出会えるかも知れませんよ。毎月15日には京都百万遍の手作り市に行ってみませんか?

 

(森本玄/絵画)

  • LINEで送る

2013年3月23日  日常風景

縄文土器と子ども|こども×アートな日常


作り方を継承するために、子どもたちにも縄文土器を作らせていた!?



長野県に出張に行って来ました。

昨日は、茅野市にある京都造形芸術大学附属康耀堂美術館の学芸員、渡邉昌美さんと 尖石縄文考古館へ。
5月に予定している茅野市の小中学生を対象にしたワークショップの打ち合わせです。
今回で3回目なのですが、昨日も縄文考古館の鵜飼幸雄館長から、展示されている縄文土器の解説をしていただきました。

「ほら、ここに手があるでしょ」といわれると、確かに確かに。
縄文土器を持っているように作ったのか、ゆったりと何かを包み込むかのような腕と、その先には摩耗していて気がつかなかった手と指のようなものが!
鵜飼館長のお話はいつも何かの発見をさせてくれます。

何という幸せ。

それから、ちょっと小さな土器が並んだケースに。
縄文土器にも「下手もの」(だったかな?)という分類があるとのこと。
確かに他の土器とはちょっと違うけど..
鵜飼館長のお話しによると、なんとそれらはどうやら子どもたちがつくったという説です!
それも、比較的大きな集落の遺跡から出ているとのこと。
それって、ひょっとして、学校じゃ!?

..学校かどうかはともかく、縄文土器の作り方を継承するために、子どもに作らせていたのではないかと推測されているとのこと。
考えれば、確かに縄文土器がいきなり出来るのではなく、練習していくつも作るうちに形になっていくのは今も昔も同じこと。

また、縄文時代がリアルに感じられたのでした。


(森本玄/絵画)

  • LINEで送る

2013年3月10日  日常風景

絶対、こども芸術学科へ入る! |こども×アートな日常


「わたしね。大きくなったらこども芸術学科に絶対入学して、子どもたちと、いっぱい遊ぶねん。」



3月とは思えないほど、暖かくて気持ちのいい天候に恵まれた3月9日土曜日。
京都造形芸術大学附置機関 こども芸術大学の2012年度卒業式が挙行されました。

今年度は13組の親子が巣立ちました。
卒業証書の授与式では校長先生から受け取った卒業証書を子どもからお母さんに
3年間を感謝するように丁寧にお辞儀をして手渡していた姿が印象的でした。

また、お祝いの会ではみんなに披露するために
昨日まで一生懸命練習した跳び箱や板登り、大縄跳びなど
自分の成長した姿を自信たっぷりに見せてくれました。

少し前まで、恥ずかしくて人前で名前も言えなかった女の子がお祝いの会で大きな声で一人でチュウリップの歌を歌ったり、
毎日登校する朝に、お母さんを困らせていた男の子も自分で作った物語をペープサートでみせてくれました。
それは、演出も効果音も全てやってのけたました。
その姿に子どもの力はすごい!と改めて思いました。


そして、帰りがけに卒業生のKちゃんのお母さんからこんなことを聞きました。

「わたしね。大きくなったら京都造形芸術大学のこども芸術学科に絶対入学して、
子どもたちと、いっぱい遊ぶねん。」とKちゃん。

この間の卒業制作展を観に来てくださった帰りのことらしいです。


こども芸術大学の子どもたちが、こんな風に思ってくれているなんて
本当にうれしいですね。ありがとう。


(梅田美代子/イラストレーション・グラフィックデザイン)

  • LINEで送る

2013年2月24日  日常風景

卒業生の皆さん、おかえりなさい。|こども×アートな日常


卒業生の前泉さんが、子どもたちと一緒に来てくれました。



昨日、今日と北白川 瓜生山は底冷えですが、そんななか、今日は、卒業生の前泉さんが、子どもたちと一緒に来てくれました。
前泉さんは、 雑創の森 プレイスクールでプレイリーダーとして活躍しています。

おかえり卒業生のみなさん1

前泉さんと小林織香さんの作品で遊ぶ子どもたち。


おかえり卒業生のみなさん3

原衛典子さんの作品もおもしろい!


おかえり卒業生のみなさん1

井上成美さんの作品の前では、サイン会が。




この日のために、子どもたちは、自分たちでインターネットを調べて、どんな作品があるのか、
どんなものが見たいのか、考えてやってきたそうです。
子どもたちの目や心には、お姉さん、お兄さんたちの作品はどう映ったでしょうか。
子どもたちと一緒に帰ってきてくれた卒業生に感謝です。

前泉さんのほか、昨日来、たくさんの卒業生のみなさんが来てくれています。
保育所や児童館、一般企業・・・、みんないろんなところで社会人1年生、2年生として頑張っています。


(浦田雅夫/子ども家庭福祉・心理臨床)

  • LINEで送る

2012年10月18日  日常風景

「就活」に向けて・・・がんばれ3回生!|こども×アートな日常


3回生がそろってのキャリアデザインセンターによる説明会。



みんな熱心に説明を聞いていました。

就活説明会

芸大といえば、そんなの行って就職どうするの?と思われるかもしれませんが、
こども芸術学科では、まだ2期しか社会へ出ていませんが、保育、福祉領域だけではなく、
一般企業に就職する人もいます。
今日は、4回生ですでに就職内定している、松下さんにも参加していただき、内定までの道のりについて語っていただきました。
世の中のあらゆる仕事は基本的に人とかかわっています。

保育、福祉領域はもとより、芸術、デザイン、アートの視点を持ち、さまざまな領域で、広く社会に貢献することのできる人になってほしいと願っています。

4回生の松下さんは、株式会社 星野リゾートへの就職が内定しています。
星野リゾート  http://hoshinoresort.com/

こども芸術学科のこれまでの進路は、以下のHPをご覧ください。
さまざまな場で卒業生が活躍してます。
http://www.kyoto-art.ac.jp/art/child/kodomo_career.html


(浦田雅夫/子ども家庭福祉・心理臨床)

1 2 3 4 5

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。