こども芸術学科

2013年5月

  • LINEで送る

2013年5月20日  授業風景

こどもの時間×学生の時間。(3)|3・4年次「Czemi」

こども芸術大学の年長さんと年中さんを招いてCゼミ3回生と4回生が

毎週木曜日に楽しい企画を展開しています。第三弾です。

 

もう3回目ともなると、子どもたちも木曜日の午後を楽しみにしてくれています。

学生たちはそのことがプレッシャーにもなっていますが、

子どもの喜ぶ顔を原動力に頑張っています。

_DSC0003

 

いつもののようにからだを動かしてから活動に入ります。

今日は「たけのこ体操」をしま〜す。

子どもたちは、やる気十分で音楽が流れてくるのを待っていたのですが…。

あれっ!音楽が流れてきません。どうしたの?機械が壊れているの?と心配そうです。

実は「たけのこ体操」のテープの準備ができていなかったのです。

 

3回生はどうしよう、ちょっと焦っています。

そのとき、4回生の森口さんが指遊びで機転を利かせて場を切り抜けてくれました。

そうこうしているうちに、不思議なリズムの音楽が流れてきました。

流れてきたのは「からだほぐし体操」です。ちょっと、ふしぎなリスムです。

「へんなの♪」と言いながら子どもたちは楽しそうです。

_DSC0021

さて、今回のテーマは「宇宙」です。

荒井良二さんの絵本ボイジャーくんをベースに展開するプログラムです。

 

写真

 

絵本ボイジャーくんの中には難しい言葉あります。

「こういんやのごとし」「いみわからん〜」と

「時間がぴゅ−っと過ぎていくことだよ」

谷川さんは子どもたちの前で絵本を読むのははじめてだったようです。

そして、子どもたちからきっと、これ!質問されるんだろうな、

と答えを準備していたそうです。

とてもはじめてとは思えないぐらい落ち着いて読み語りしてました。

でも、本人はドキドキで振り返りでは、もっと子どもたちと言葉のやり取りをしながら

読まないといけなかったと思う、と反省しきり。

大丈夫!大丈夫!、次はうまくできますよ。

 

そして、

今日のプログラムは「ボイジャーくんのお友だちをコラージュでつくろう」です。

 

_DSC0073

_DSC0134

_DSC0142

_DSC0117

_DSC0143

_DSC0146

写真_DSC0159_DSC0176_DSC0178写真

写真

1回め、2回めは、子どもそれぞれのペースで遊びが展開できるプログラムで、

どの子も無理なく楽しめて、どの子も満足してくれたように思います。

さて、3回めです。

いろいろ考えてテーマの「宇宙」は直ぐに決まりました。問題はその方法です。

先週の話し合いの時は、教室全体を宇宙にするということを学生たちは考えていました。

宇宙をイメージしたコラージュを制作して、天井から吊るした布に貼る。

そして部屋を暗くすると畜光インクで描かれた星や惑星が浮かび上がってくるという

空間づくりでした。

子どもがワクワクすること、喜んでくれることを一生懸命に考えてのことです。

 

規模の大きな仕掛けになりそうで、他の授業もあるのに時間的にも体力的にも大丈夫かと

ちょっと母親の心境になりました。

教師の視点からはこのプログラム、この調子で行くと子どもを刺激する所が違うよ!

子どもの時間って何かを考えて!と思いながら、

私は学生の話し合いを見守ることにしました。

 

そして、週が開けて月曜日。活動計画書はとてもシンプルになっていました。(ほっ!)

時間がないから、準備が大変だからではなく、学生たちも気づいたようです。

大規模な空間づくりは自分たちが経験してみたかったことじゃないか。

完成の形を求めすぎていないか。

子どもの気持ちや時間に寄り添っているか。を再考したようです。

何も言わなくても気づくんですね。やっぱり、保育を学んでいる学生です。

 

もうひとつ、問題は子どもたちにコラージュが分かるか、でした。

ハサミやノリの使い方を指導するのかどうか。

大人が考えている写真画像を組み合わせたコラージュが可能かどうか、です。

結局、大量の古雑誌の写真画像や子どもが触発されやすい形の色紙を

ゼミ生総力で切り抜いて用意しておくことになりました。(やっぱり、大変だ!)

イメージを優先したようです。これが今回のプログラムの構想段階の経緯です。

 

欲を言えば、子どもそれぞれがつくったお友だちのことをゆっくり聞いたり、

完成した宇宙を鑑賞する時間をつくるなど、終わってみれば、課題はたくさんあります。

 

課題が見えてくることが学びにつながっていきます。

そして、また今週の木曜日の最終回に向けて引き続き頑張っています。

きっと、1週間がとても早く過ぎていっていることでしょうね。

 

(梅田美代子:教員/イラストレーション・グラフィック)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年5月18日  学生紹介

卒業生リレーメッセージ12:上島愛子さん

芸大生が保育士になるという選択をした、卒業生を紹介します。

 

ちょっと前の話になりますが、「これから『春の顔見世展』を見に行きま~す!」
と、こども芸術学科の2期卒業生、上島愛子さんが連絡をくれました。
春の顔見世展は、こども芸術学科の専任教員全員が出品している展覧会でしたが、その最終日に、遠路を大学まで来てくれました。
上島さんは、こども芸術学科の3年次から僕と岸本先生で担当しているBzemiの2期生です。2011年度卒業制作展で、「絶滅危惧種のオオカミ」と「実験用マウス」を対で描き、学科賞を受賞されました。

 

http://www.kyoto-art.ac.jp/production/?post_type=gallery&p=2725

 

現在は、兵庫県西宮市で保育士として勤務されています。上島愛子さんと会うのは卒業式以来、1年ぶりとなります。
「今も、絵を描きたくなるけど、仕事で毎日、子ども達のお世話をするのが楽しくて..」
と言いながら、上島愛子さんは学生の頃と変わらず、ニコニコしています。

 

IMG_4750

 

そんな上島さんにいくつか質問を投げかけ、メッセージをいただきましたので掲載します。


line

 

Q:保育士になろうと思ったきっかけは?

 

上島:在学中の2回目の保育実習の時です。私は本来、子どもが大好きで、保育に関わってみたいと思っていました。特に2回目の実習では乳児担当でしたので、子どもの立場に立つことの大切さを実習先の保育所で教えていただきました。自分でも子ども達の育ちに寄り添う保育に納得することが出来て、さらに幼児教育に携わることの使命を実感致しました。

 
 

Q:実際に保育士になってみて、どうでしたか?

 

上島:私の勤めているところは定員70名程の保育園です。1年目は2歳児を副担任として担当しました。主担任の先生が、大変素晴らしい先生で、大切なことをたくさん教えて頂きました。ご自分の仕事と事務的仕事を定時に終わらせる先生で、仕事も早く、サバサバした性格で、皆んなにも優しく、フォローもきちっとされる先生です。
さらに、子どもに対しても、例えば、『おもちゃを片付けていない子どもには………“床に玩具がいっぱい落ちていたら踏んで転んでしまうかもしれないよ。どうしたらいいかな~~”と声をかけられます。』そうすると、子ども達も納得して片付けてくれるのです。

 

今年は担任となり、主担当です。保護者の方にとっても初めての保育園なので、安心、安全、信頼、信用、していただけるよう、誠実な対応を心がけています。
学ぶことは子どものことだけではなく、社会的教養も学ばせて頂けるので、この園に勤めてよかったなと思っています。

 
 

Q:保育士の楽しいところは?

 

上島:乳幼児への読み語りも多く、何回も繰り返して子ども達に絵本を読むので、絵本の関わり方がもっと深くなりました。また、リトミックや造形遊びなども子ども達の反応がよく、何をやっても楽しんでくれるので、こちらもやっていて嬉しくなるので、やりがいがあります。
保育士になってみると、子ども達の細かい状態ひとつひとつに意味があることが分かりました。子どもの姿を認めながら育ちの手助けが出来るよう、試行錯誤することは、やりがいもあり、楽しいです。

 
 

Q:こども芸術学科の学びで印象に残っているものは?

 

上島:幼い頃より、絵を描くことが好きだったので、絵画基礎や3年次からのBzemiでの制作ですね。
また、仕事に就いてからも、よく振り返る授業もあります。水野先生の造形表現Iでのワークショップ型授業や、座学では浦田先生の福祉施設や虐待についての講義を思い出したりします。体育の廣中先生に教えて頂いた、“でんぐり返し”のサポートの仕方などは保育の現場で実際に役立っています。

 
 

Q:こども芸術学科の在学生と、学科に興味を持っている高校生にメッセージをお願いします。

 

上島:こども芸術学科で経験、体験したことは全て役立っています。座学から実技まで、満遍なくやることが大切だと改めて感じます。保育の現場に出たら、“おむつの交換”や“手遊び”などは、先輩から学ぶ機会もあり、今では職場の先輩方のお陰で、どんどん出来て当たり前のようになって来ました。
でも実技などは自分なりの“引き出し”を持っていないと、なかなか対応出来ないものです。例えば、保育の雑誌を参考にしなくても、即興で制作遊びが出来ます。段ボールで形を作り、スポンジをスタンプにして、子ども達に絵の具の遊びを楽しんでもらいながら制作をすることができました。

 

制作が出来ることは、芸術大学・こども芸術学科で学んだ事が大きく役にたっています。勤務先での、生活発表会の劇の背景づくりなどに、急遽お手伝いさせて頂いたことがあり、子ども達と一緒に手作りで花を作り、無事に劇も開催でき、とても喜んでいただけました。
芸大にいると当たり前のことも、保育園など子どもの現場では柔軟な発想力や、手近なもので表現出来ることが重宝されています。

 
 

(上島愛子:こども芸術学科・第2期卒業生/社会福祉法人 夢工房 のぞみ夢保育園勤務)

line

 

上島さん、どうも有り難うございました!

 

IMG_4751

 

上島さんが顔見世展に来てくれた後のこと。丁度、「みやこめっせ京都市勧業館」で社会福祉施設の展覧会を開催中だった、同級生で、「なづな学園」に勤務している小山友香さん、株橋亮子さんと大学で合流。沖縄料理のお店で一杯やりながら、楽しく歓談となりました。思いがけないプチ同窓会に感謝。

 

(森本玄:教員/絵画)

  • LINEで送る

2013年5月17日  授業風景

気づきの場。学びの場。(2)|3・4年次「こども芸術研究IV」

月曜日2限、3限はこども芸術研究IVの授業です。

前期授業テーマは「ファンタジーをつくる」です。

こども芸術大学の子どもたちと学生たちで瓜生山を舞台に物語を展開します。
連休前の活動をちょっと,振り返ってみます。

こども芸術大学の年長さんと瓜生山の地図づくりをしました。

瓜生山は、どんなところ?だれがいるかな?

そのお友だちは、どんな所に住んでいるのかな?

と瓜生山のようすを子どもたちに教えてもらいました。

 

そして、今週の月曜日の朝です。

子どもたちが登校する前に、こども芸術大学に何かが届いていました。

何だろう、と子どもたちは興味津々で集まってきました。

手紙が来た

 

届いていたのは、瓜生山のお友だちからのお手紙です。

お手紙には、お家をつくって欲しいって、書いてありました。

 

でも、お友だちはだれ?お手紙の返事はどうして返したらいいの?

「そしたら、お山のお友だちにお手紙を書こうよ。」

でも、「どこに出せばいいのかなぁ?」と子どもたちは話し合いました。

そして「そうだ!ポストをつくればいいやん?」

ということでポストづくりをすることになりました。

 

のこぎり

お兄さんは「ノコギリは引くときに力を入れるんだよ。」

「切る板をしっかり押さえてあげると上手に切れるんだよ。」

「ケガをしないように気を付けてね」と使い方を丁寧に教えてくれました。

 

かなづち/1

とん♪とん♪カナヅチも上手です。横からとん♪とん♪とん♪微調整も旨いものです。

 

飾り付け/1

 

枝や木片にきれいな色をつけて、ポストの飾りをつくっています。

 

飾り付け/2

どこに付けようかな、ポストがかわいらしくなってきましたね。

 

ポスト完成

 

そう!ポストはふたつです。

ひとつはこども芸術大学に。もう、ひとつは瓜生山に設置予定です。

「どんなお家が欲しいの?」ってお返事を書いて、お山のポストに投函します。

お山のおともだちから、どんなお家のリクエストが返ってくるでしょうね。

 

実はお山のお友だちからのお手紙は学生の仕掛けです。

ここから先の物語の展開は子どもたちが膨らませてくれることでしょう。

「こども芸術大学の大きさぐらいのお家をつくってあげたい!」と

子どもたちは言っているそうです。

子どもたちから学生へのハードルはどんどん高くなりそうですね。

 

この日、年中さんも学生と活動をしています。

この次はそのようすをアップしますね。

 

(梅田美代子:教員/イラストレーション、グラフィック)

 

  • LINEで送る

2013年5月15日  授業風景

実習のふりかえり|3年次「保育(施設)実習報告会」

 

5月10日(金)16時30分から、保育(施設)実習報告会が開催されました。

 

今回は、3回生が、保育所以外の居住型の児童福祉施設にて実習を行ったふりかえりです。

 

こども芸術学科では、保育士資格取得を目指して、保育所や乳児院、児童養護施設、児童館など、

 

さまざまな児童福祉施設で実習を行います。

 

 

DSC00725

実習でのエピソードを分析して、自己の支援をふりかえります。

 

 

 

DSC00697

自身も10日間の住み込み実習を終えた学生たち。さまざま学びや気づきをとおして、

一歩一歩、社会へ近づいています。

 

 

(浦田雅夫:教員 / 子ども家庭福祉)

  • LINEで送る

2013年5月14日  イベント

「子どもの未来」をひらく保育園|特別講義

先週末、東京都町田市にある、しぜんの国保育園(東京都町田市)の園長、齋藤紘良先生をお招きしての特別講義がありました。

 

IMG_0070

齋藤先生は、園長といえど、とてもお若く、なんと30代です。ご自身もCDやライヴ活動をする音楽家、クールな園長さんです。司会進行は今年から「こども芸術学概論」を担当する水野哲雄先生。こども芸術学科の1〜3年次生と、神戸女子大学の幼児教育コース、大橋喜美子先生と学生さん20余名も参加して、S22教室は満員御礼。

IMG_0080

 

齋藤先生は園長になったとき、まず今まであった遊具を見直すことから始めたそうです。それにビックリした学生が「なぜですか?」と質問しました。

IMG_0075

聞けば、代々の園長先生の思いを継承しながら、新しいものを展開するという、現園長の齋藤紘良先生の考えの基、それまで使用していた遊具を見直すことで、園内の恵まれた自然が十分遊具の代わりになることに気づき、決められた遊び方だけではなく、子ども達が自由に遊びを工夫することを促す取り組みだったそうです。

IMG_0078

そして、園の柱にしているのは「食育」、「芸術」、「自然」。

IMG_0061

 

こども芸術学科の卒業生も、1期生から、2期生、3期生と毎年、保育士として採用していただいています。特別講義の前日には夕食をご一緒させていただきましたが、その時に、まだ新しい「こども芸術学科」の卒業生を、なぜ採用していただいたのか伺いました。

 

IMG_0070

 

しぜんの国保育園で、齋藤先生が「芸術」と「保育」を核に養成している大学がないものかと呟いたときに、一人のスタッフが、京都の大学でそういう学科が出来たらしい、といってくれたのが出会いだったとのこと。そして、芸術大学で4年間しっかり自分自身に向き合い、作品制作の経験を積むということを高く評価している、というなんとも心強いお言葉をいただきました。

 

IMG_0087

しぜんの国保育園は町田市の豊かな山間にあり、なんと動物もたくさん。羊、黒豚、ギンギツネ、鹿などが園内に。つい先日も、子ども達が羊の毛を刈り取って、染めるワークショップを、1期卒業生の引田美冴さんが展開したそうです。引田さんは学生時代、Aゼミで同じことを経験したことがあり、それが実践に活かされているのです。

 

そして、こどもとの関わりの柱になっているのは「ワークショップ」、「しぜん谷」、「クラス」。集団に合わせるのではなく、一人ひとりの個を大切にするという考え方。そして、個の集まりが集団であるという考えに基づいて保育をされています。

 

そして、保育をするのは保育士だけでなく、こどもの前に立つ大人は皆、保育者であること。保護者も、事務員さんも地域の大人も全て保育者です。そんな話の流れから、ユニークな数ある取り組みの一つを紹介していただきました。それは、園内に大人の部活動があること。

 

スタッフの採用面接をするとき、新人さんは皆、いろんな特技があることが解ります。バスケ部、相撲が得意、絵を描くことが得意など。普通は就職すると、そんな特技はなかなか活かされないことが現状だと思うのですが、しぜんのくに保育園では、それはもったいないと考え、保育士、事務員さんも含めた大人全員で何かの部活動をしているそうです。

 

そうした部活動を含め、いろんな研修を行いながら、オリジナルの保育を考えるきっかけにするんだと。どうです?素晴らしい考え方じゃないですか?

 

IMG_0093

現在、しぜんの国保育園では新園舎を建築中で、このイメージ画は、こども芸術学科1期卒業生で、しぜんの国保育園の保育士として働いている南部このみさんが描いたそうです。

 

新しい建物には、他のクラスに気づかい無用の、思う存分音楽を楽しめる「音楽室」や、子ども達が顕微鏡などを使って研究する「研究室」、光と影を観察できる「光の部屋」など、夢のような環境。齋藤先生も楽しそうに話されます。

IMG_0109

この絵は,研究室。

なんだか、話を聞いているだけでワクワクしてきませんか?

 

IMG_0110

 

齋藤先生に、しぜんの国保育園の理念として、なぜ芸術を大切だと考えるのかを聞いてみました。

 

芸術は、自分が動かなければ生まれないもの。自分で考えるその力が大切。自分の心が動いて、何かをしようとした実感を、芸術をとおして得られる。また、やらされたことは忘れていくけど、自分で動いたことは記憶に残る。

なるほど、確かにそうです。こども芸術学科の学生も、制作に向き合い、試行錯誤を重ねて問いを重ねています。

 

なぜ、自分は表現するのか?

何のために表現するのか?

どのように表現するのか? と。

 

齋藤先生は、たくさんの夢を、現実のものにするべく楽しみながら努力されているのだな、と感じました。

 

では、最後に、若い人達にメッセージをお願いします。

 

「保育というと型があるように思うかもしれないけど、そんなことはない。保育とは人間が人間とコミュニケーションすることだから、自分なりの言葉で接して欲しい。(保育の)技術ももちろんあるが、保育士免許のために勉強するだけでなく、保育者として一生こどもと関わってほしい。それが出来たとき、それは大きな喜びになります。」

 

IMG_0116

 

参加した学生は、一人ひとりこの言葉を胸に刻んだことでしょう。

 

そして、最後に齋藤先生が作られたこどものためのCD、タイトルは「COINN」。ソロ活動をする音楽家4人が集まって作ったそうです。

IMG_5094

なんと、齋藤先生、6/2(日)、京都でライブをされます!

しかも、京都造形芸術大学、高原校舎に近いPrintzです。

 

齋藤先生、有り難うございました!

 

(森本玄:教員/絵画)

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。