こども芸術学科

2013年5月

  • LINEで送る

2013年5月13日  授業風景

こどもの時間×学生の時間(2)|3・4年次「Czemi」

こども芸術大学の年長さんと年中さんを招いてCゼミ3回生と4回生が

毎週木曜日に楽しい企画を展開しています。

連休が挟まったので2週間振りのプレイルーム!第二弾です!。

 

朝、こども芸術大学へ行くと「うめだせんせい!、今日はなにするん?」

とキラキラした表情で年中のYちゃんが駆け寄ってきました。

前回がとても楽しかったのでしょうね。

 

お昼を済ませた子どもたちが元気にやってきました。

3回生の一條さんが今日は導入の担当です。

4回生の西尾さんがしっかりフォローしてくれています。

 

IMGP0538

 

 

Cゼミ3回生と4回生は授業時間の少しの空き時間があると、

子どもたちが喜ぶプログラムにしようと、熱心にミ−ティングを繰り返していました。

新聞紙の海に新聞紙の魚、色のついた魚、少し大きな魚を子どもの遊ぶようすを見ながら、

段階的に投入し、その魚を探す。探した魚を壁に貼り、みんなで1枚の大きな絵にする

という流れのプログラムに決定しました。結構、盛りだくさんです。

 

テーマは「海」

そして、実施のための準備です。

新聞紙を大量に集めてS-41を埋め尽くすために、ビリビリ、ビリビリ…。

魚探しをするための大量の魚のイラストづくり。作業は気の遠くなる量の作業です。

 

Cゼミのみなさん、頑張りましたね。!すごい!やるときは、やるね!

子どもたちにみんなの思いは届くと思うよ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ〜、はじまりはじまり。

波が押し寄せてきました〜よ。ざんぶらこ♪ざんぶらこ♪

IMGP0547

青い海ですよ〜。

IMGP0552

白い大きな波にのって泳いでみよう。

IMGP0602

「あっ!たこちゃん!みつけたよ。」

「もっともっとたくさんお魚がいるんじゃない?」

「いっしょに探そう!」

IMGP0611

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた、大きな波がお魚をいっぱい連れてきてくれました。

もっともっと、探そうよ。

IMGP0616

IMGP0617

IMGP0645

見つけたお魚は壁にできた青い海に貼って水族館のようになりました。

IMGP0618

 

IMGP0705

 

壁にはたくさんのお魚でいっぱいになりました。

「この★みたいなのぼくが捕ったよ。」「海に★っておかしいね。」

「この赤いタコは私が捕まえたんだよ。」「こんな小さなかわいい貝も見つけたよ。」

子どもたちの自慢話は尽きません。

IMGP0667

けれど、楽しい時間は今日もあっ!という間でした。

お母さんたちのお迎えの時間が近づいています。急いでお掃除です。

お姉さんから「今日は時間がないからお片づけはこのぐらいにして、

お帰りの準備をしようか。」と提案しましたが

子どもたちから、「やってしましたい!」と大きな声が聞えてきました。

結局、全部袋に詰めるところまでしっかり片付けてくれました。

 

遊びきるって、すごいですね。

表情が充実したことを教えてくれます。

子どもたちも学生たちも、今回もいい顔で終わることができました。

「また、来週!」と言って、お母さんのもとへ走って行きました。

 

もっと、遊びたいという気持ちより、

また遊びに来たいと思ってもらえる関係って温かいな。

 

今回のプレイルームも大成功でした。

お疲れさまでした。

 

(梅田美代子:教員/イラストレーション、グラフィック)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2013年5月11日  日常風景

木漏れ日のなかで散髪|夕刻のひととき

こども芸術学科のある地心館は、瓜生山キャンパスの最南端です。

 

大階段のある人間館A棟からは3分から5分はかかります。しかも、階段が多い.. エレベーターもあるのですが混んでいると時間もかかるので、若者ならあえてカ・イ・ダ・ンです。そのおかげで、4年間通うだけで基礎体力がつきます。いつも遅刻しそうな人は、さらに心肺能力も高まる?(笑)。

 

あのAKB48が学園歌で歌った「59段の階段」から、至誠館横の「天に翔ける階段」を屋上まで上がると息も上がります..そして、吉田松陰像をちらりと見ながら、環境デザイン学科のいる松林館を通過します。花壇には、さすが環境デザイン、色んな植物が植えられていて楽しいです。

 

さらに、青々とした木々に囲まれた小径を行くと地心館に到達します。ときどき、他学科の人は遭難することも..いや、これは冗談ですが、地心館に慣れると、とても気持ちのいいところです。

 

そんな地心館前で、授業も一段落した夕方、3年次生男子が散髪していました。

IMG_4801

なかなか慣れた手つきではないですか。Save the money、大切ですね。

そう言えば僕が学生の頃は、カットモデルといって、大学の裏にある理髪店でタダで髪を切ってもらってました。

カットモデルというと響きはいいですが、若手理髪師の実験台でした。あるとき、パーマをかけるというので、お任せしていたら、その後実家に帰ったとき、親に散々笑われたことを思い出しました。

 

それにしても、髪よけに作った首筋のギザギザはチクチクしないのでしょうか..

 

いつも忙しく勉強している学生達ですが、今日は、ほのぼのした学生の日常風景をお届けしました。

 

(森本玄:教員/絵画)

  • LINEで送る

2013年5月10日  授業風景

フレスコ画で自画像に挑戦!|1年次「絵画基礎」

いいお天気が続いた今年のGW、皆さん充実した連休を過ごされましたか?

 

僕は親戚が来ていたので京都の四条界隈を案内をしていると、とあるお値段も良さそうなお店の前で、こども芸術学科の学生さんが呼び込みをしているのに遭遇。

「あっ先生!なにしてるんですか?」

「そういう君こそ、アルバイト?」

みたいな感じのやり取りをして、これも何かの縁、と京都名物の川床で昼食を堪能し、鴨川の風景を楽しみました。

そして、一気に財布も軽くなりました(笑)。

IMG_5008

さて、そんなGWも明けて、また授業が始まっています。絵画基礎では、自画像をフレスコ画で制作します。コンパネ材に下地処理をしたものに、今日は漆喰を塗り、その漆喰が生乾きのうちに水溶き顔料で描きます。

 

まずは、その漆喰モルタルを作るところから。硅砂7号と漆喰クリームを攪拌機でブレンドします。

IMG_5085

真っ先にやってくれた西脇さん。初めての攪拌マシンにややおっかなびっくりです。

こども芸術学科というと、かわいらしいイメージがあるかも知れませんが、それだけではありませんよ。

本格的なフレスコ画実習です。ハードです。

はい、西脇さんマシンを引きつけて、もっと脇を締めて!(笑)

 

IMG_5087

お次は日浅さん、二人目になると、段々度胸が出てきます。

腰が入って堂々として頼もしい。

1年次生、準備した作業着のツナギがまっさらでまぶしいですね。

 

こうしてブレンドした漆喰モルタルを、各自が準備した板材にペインティングナイフで塗り、下絵をトレースして描き始めるのです。学生がパレットの上に出しているのは、「京都造形芸術大学オリジナル顔料ベース」という製品です。

 

これがあれば油絵の具以外、アクリル絵の具や水彩絵の具、膠絵の具など全ての種類の絵の具を作ることが出来る、魔法のような水溶き顔料です。美術工芸学科の青木芳昭先生が発案し、絵の具メーカーと研究を重ねて開発されました。本学のADストアでしか購入できないものです。

IMG_5088

 

この顔料ベース、分量は耳かき1杯だよ、チューブは真ん中からじゃなく、おしりから押すんだよ、と声かけ。

きっと、ケチでうるさい先生と思われているでしょう(笑)。

でも発色と伸びが良いので、今回の制作に使用するのは各色耳かき1杯程度の分量でも十分に足りるのです。

16色セット1つで全員分の自画像が描けてしまうのです。恐るべし顔料ベースの威力。

 

あっ..,

肝心の制作風景は、指導に余念がなく撮り忘れました(笑)。

 

では次週に続く..

 

(森本玄:教員/絵画)

  • LINEで送る

2013年5月3日  学生紹介

卒業生リレーメッセージ11:原衛典子さん

 

今日は3期卒業生、原衛典子さんがメッセージを寄せてくれましたので紹介します。

 

原衛さんはこの春の卒展で学長賞を受賞しました。

受賞作品は、京都造形芸術大学附属康耀堂美術館にて開催中の「はじまりの部屋」展にも選抜されて、只今公開中です!この展覧会は6月9日まで。

 

康耀堂美術館のHPです。

http://www.koyodo-museum.com/

 

GW真っ只中ですが、もし長野県茅野市方面にお越しの際には、ぜひ足をお運び下さい!

(森本玄/絵画)



line
 

こんにちは

 

先月卒業したばかりのこども芸術学科3期生の原衛典子です。

 

卒業式・謝恩会当日も卒業の実感がなかったのですが、未だに学生気分です…

 

私がこども芸術学科と出会ったのは、高校2年生の夏でした。
小さな頃から夢だった保育士になりたい気持ちと、中学から続けてきた美術とかけ離れた生活をする自分が想像できない気持ちとで悩みました。
けれど、こども芸術学科に入学して、ようやく本当にやりたかった事を探せたような気がします。

 

大学にはいってからの2年半は出会うものすべてが新鮮で、専門分野の知識を増やすのは楽しかったし、芸術では物足りなさもある反面、新しい視点を得る面白さで毎日があっという間でした。数々のWSやプロジェクトに携わり、子どもや障がい者・大人と直接関わる機会を経験してきました。昔から人と話したりすることは苦手で、ましてや前に立って話すことなど大嫌い。ですが、授業で発表したり、実習先で先生として子どもたちと接するうちに、いつしか前で話したり、初めて出会う人ともお話ができるようになりました。
それに加え、ネフという木製玩具の展覧会を見たことから、昔から好きだったおもちゃに目覚め、2回生後期から卒業制作まで一貫しておもちゃを作り続けてきました。WSやプロジェクトなどを通じて感じた人と人の『繋がり』をテーマに、制作をしてきました。こども芸術大学にもご協力を頂いて実際に遊んでもらうことで、子どもたちだけでなく、大人からの生の声を聴けました。それらの声をもとに改良し続けて完成したのが、卒業制作展の作品です。

 

21

広い世界の人と関わるようになってから、作品制作は自分だけのものでなく、みんなのものになったような気がします。

 

人の事にも敏感で、かつ自分の世界も持っているそんな人がこども芸術学科には多いと思います。わたしも本当に助けてもらうことばかりでした。高校の先生に反対されながらも来てよかったと本当に思います。

 

4月からは憧れだった海外輸入玩具を販売するショップ店員として社会人デビューをします。輸入がメインなので、自分でデザインできる日が来るかはまだまだ分かりませんが、子どもにとって睡眠や食事と同じくらい大切な遊びをたくさんの親子に届けていきたいな、と思っています。


line


原衛さんの就職先
株式会社 ボーネルンド   http://www.bornelund.co.jp/index.html

  • LINEで送る

2013年5月1日  ニュース

子どもとアート|こども芸術学科ニュース

 

富士山が世界文化遺産として6月に正式登録される見通しのようですね。

 

日本人の心の山として魅力的な山です。
新幹線の窓から富士山の美しい姿を見られたときには、なぜかうれしい気持ちになりますね。

 

そう言えば、私が担当した
こども芸術大学の創作の時間「ひかりのたからもの」でも
昨年まで在籍していたドイツ人の親子が
「フジサン!、フンカ!」と言いながら描いてましたのを思い出しました。

 

IMG_4330

line

さて、こちらもニュースです。

 

こども芸術学科の気づきの場、学びの場である、こども芸術大学の活動が
小学館からムック版「子どもとアート」に特集掲載されています。

 

こども芸術大学の活動DVDの付録つきです。素敵な映像ですよ。

 

子どもとアート1

3月に特別講義で来ていただいた香川県高松市のNPO法人アーキペラゴの

「芸術士のいる保育園」も掲載されています。

 

その他、日本のあちこちで芸術を軸にした特色ある保育をしている

保育園の取り組みのようすが満載です。

書店でぜひ、手に取ってみてください。

 

(梅田美代子/イラストレーション・グラフィックデザイン)

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。