文芸表現学科

2015年6月

  • LINEで送る

2015年6月9日  授業風景

なぜオリーブ公園は人気スポットなのか

小豆島旅行記1
 
 
イチゴ狩りがあり、ブドウ狩りもある。しかし、オリーブ狩りには馴染みがない。イチゴやブドウは、収穫してすぐに新鮮な果実を味わえるという魅力から人が集まるのもわかるが、オリーブにはそれがない。私たちが普段口にするオリーブは加工されたものばかりだからだ。それにもかかわらず、どうしてオリーブ公園は人気スポットなのだろうか。
 
些細な疑問を抱きながらも園に降り立つ。オリーブオイルの香りが漂ってくるかと多少なりとも期待したが、当然のごとく外れに終わる。そもそもオリーブの収穫時期は10月から11月の間で、5月上旬のこの時期には果実どころか花が咲く前のつぼみの状態である。身を寄せ合うように咲く、オリーブの小さなつぼみが風に揺れる。私はこのオリーブが成長していく様を想像する。薄い緑のつぼみから小さな白い花が咲き、緑の果実が黒く熟していくのだ。他の果物とは違い、美味しそうだという感情はここでは湧かない。
 

オリーブの並木

オリーブの並木


オリーブのつぼみ。もうすぐ花が咲きます。

オリーブのつぼみ。もうすぐ花が咲きます。


坂を少し下ると、大きな白い風車が目に入る。どこか日本らしくない絵画のような感じがいい。辺りの芝生に風車の白が映える。気分がいいのは皆同じであるようで、芝生の上に寝転がったり、記念撮影をしたりする姿が多くみられた。風車の向く方角には、オリーブの木を飛び越えて海が見える。小豆島であるから見ることができる光景だ。地図上では狭く感じる瀬戸内海も、ここから見るとずいぶん大きい。青と灰を混ぜたような淡い色の海には、波を立てて船が走り、名前も知らない海鳥が横切る。私は知らぬうちに歩を進め、腕時計は気づかぬうちに時を早めた。
 
 
小さな丘のうえにある風車、そのむこうに瀬戸内海が見える

小さな丘のうえにある風車、そのむこうに瀬戸内海が見える


オリーブ公園の魅力とは何か。よくある果物狩りのように、制限時間内に元を取ろうとこぞって果物をもぐのとは決定的に違う。時間の経過を無視して、楽しむのはオリーブだけではない。目前に広がる海と、空と、その自然。思わず吸い込んだ空気が、特別おいしかったのは気のせいではない。
 
 
文・岩野優花(文芸表現学科1年)
 
 

この文章は、1年生の「表現基礎I」の授業課題として書かれたものです。
5月中旬、新入生研修として訪れた小豆島の訪問先のなかから、1つの場所を選び、旅行記として伝えるというテーマで課題に取り組みました。

 
 

  • LINEで送る

2015年6月8日  授業風景

絵本から学ぶ「編集」

 

 

今回は先日の「編集デザインⅡ」の授業をレポートします。

この授業は2年おきに開講している授業で「絵本」というメディアの特性を学び、

「編集」の重要性、可能性、本質に迫ることを目的としています。

 

2年おきの開講になるので文芸表現学科でも人気のある授業です。

 

_DSC0002 のコピー

 

この前期後半からは、欧米とは異なる独特の出版文化を発展させたロシアの絵本について

田中先生が講義をしてくださっています。

 

 

_DSC0008 のコピー

 

先日の授業では1920〜1930年代のロシアの絵本を中心に、

絵本の内容や特性を紹介してくださいました。

 

講義のために貴重なロシアの絵本や資料を持て来てくださったのですが

日本の絵本とはまた全然違い、色合いがとても綺麗ですね!

 

 

_DSC0019

 

 

学生も実際に手に取って読ませていただきました。

現在でも子どもから大人まで、世界中で親しまれている「絵本」というものだけあり

学生たちも授業ということを忘れて、ついつい読み込んでしまっていました。

 

_DSC0015 のコピー

 

_DSC0004 のコピー

 

授業の終わりには、今回の授業内で取り上げられたロシアの絵本

「郵便」(マルシャーク・詩/ツェハノフスキー・絵)の

アニメを観て終わりました。

 

普段「絵本」というメディアを取り扱う授業はないのでチャンスを活かして

受講生のみなさんには、しっかり学んで欲しいと思います。

 

 

 

Print

 

6月14日(日)、7月12日(日)のオープンキャンパスでは

各学科の授業を体験することができます。

文芸表現学科では普段どの様な授業をしているのか

体験してみませんか?

 

6月14日(日)…ストーリーをつくろう

7月12日(日)…「面白エッセイ」を書いてみよう

 

みなさまのご参加、お待ちしております〜!

オープンキャンパスの詳細はこちらから、どうぞ。

 

 

(スタッフ・鈴木真美)

  • LINEで送る

2015年6月5日  学生紹介

果てしない地元愛 ー小林由尚インタビュー

 
文芸表現学科2回生の小林由尚(こばやし・ゆきたか)君は、中学時代は吹奏楽部に入部しており、高校時代はデザインを専攻していた。音楽もデザインも、今でも趣味として続けているという。
ではなぜ京都造形芸術大学に入って、文章を書く文芸表現学科を選んだのだろうか。
将来なにを目指すのかも含めて話を聞いた。
 
kobayashi_04
 
子どものころから漆器屋になると決まっていた
 
「僕の実家は木曽(長野県塩尻市)の漆器屋さんで、卒業後は就職することが決まっています。保育園のころから自分は漆器屋さんにしかならないと思っていました。『普通に漆器屋になるのも面白くない。好きなことやりなさい』って親には言われたけど、僕は地元が好きだし、漆器が本気で、ガチで好きなんでやりたいし、若い人に広めたい。おじいさんとかしか買わないんですよ。なので、広い世代に地元の名産品の漆器を知ってもらいたい、漆器の魅力を若い人に伝えたいっていうのが一番の思いとしてあります」
 
地元愛に目覚めたきっかけは、幼いころから地元の行事に参加していたことにあるそうだ。そのうちに大事な役を任されるようになり、どんどん心境が変化したという。
 
普段はおとなしい彼だが、地元、特に漆器の話になるとやや興奮気味な口調になった。幼少のころから漆器屋を目指していた彼は、自分の手で木材を加工して漆を塗り、地元の商業祭などの催しで自分の商品を売ることをずっとやってきたそうだ。
 
「自分の手で漆器を造るなんて、なかなか芸術的な……」と言いかけると、食い気味に否定された。
 
「芸術ではないです。漆器は芸術じゃなくて技術なんです。漆器屋さんはアーティストじゃないんで、自分が好きなもんを造るんじゃなくて、人に求められる物を造る職業なんです」
 
 
 
ライトノベル作家にもなりたい
 
漆器屋になることを決めている彼が、なぜ文芸表現学科で学んでいるのだろうか。
 
「僕は音楽とイラスト、小説に興味があってどれが一番やりたいか、好きかと考えたときに小説かなっと思ったのでここに入学しました。親も『漆器と全く関係ないものを学んだ方がいい』って言ってましたし、小説のなかでもライトノベルが好きなんですよ。初めてライトノベルを読んだとき、これだ! っていう衝撃を受けました。ライトノベルを買うのは十代から三十代らしいですし、僕もライトノベルのように若い人に向けて漆器のことを発信していきたいですね。自分の書くライトノベルには必ず、必ず漆器を登場させようと思ってます。若い人に漆器の魅力を伝えるには一番いいと思ってるんで」
 
さらに、小説以外にもやりたいことがあるという。
 
「ライトノベル作家を目指しつつ、ここで勉強したことを活かして地元の雑誌に記事を書きたいです。パンフレットとか。僕は勉強してきたこと全部を地元に還元したいと思ってるんで。地元が好きなんで、PR活動に貢献できたらなって思ってます」
 
漆器屋と作家、将来はどちらを目指すのだろうか。そう聞くと彼はまったく悩む様子もなく即答した。
 
「いや、どっちかじゃなくてどっちも目指します。僕の将来の設計図としては、漆器屋さんをやりながらライトノベルの創作活動をして、地元を発信するライターとして活動するって感じですね。親は朝の九時から深夜の二時までフルタイムで働いてますけど、やっぱり作家と地元のライターもやりたい」
 
漆器屋の仕事がどれほど忙しいかを知りつつも、作家との両立を目指す。話を聞くだけでも大変そうだが、本人は「親がそんなにやってるのは『漆器しかできないから』らしいので大丈夫だと思ってます」と軽い調子で言った。
 
kobayashi_02
 
小林君は普段自分のことをあまり喋らない。仲のいい私でさえ彼が漆器屋になるということを知らなかった。そんな彼が今回のインタビューでは将来のことと地元への愛を熱く語ってくれた。その表情には、地元や漆器に対する愛情がとてもこもっていた。
 
 
hiiro2015年4月25日
インタビュー・文 松本緋彩(文芸表現学科2回生)

 
 
 

この記事は、2年生の「プロフェッショナル研究」の授業課題として書かれたものです。
卒業してからどんな仕事をしたいのか、どんな仕事観を持っているのか、互いにインタビューを行ないました。
ふだんよく話す友人とも、あらたまって将来のことを話す機会は少ないようで、それぞれに刺激となる発見があったようです。

 
 

  • LINEで送る

2015年6月4日  授業風景

チャンプ本はどれだ!?

 

 

今日の「表現基礎Ⅲ」の授業では

新元先生による「ビブリオバトル」が行われました。

 

IMG_7645 のコピー

 

みなさんは「ビブリオバトル」というものを、ご存知でしょうか?

 

ルールは簡単!

 

1. それぞれ「面白い!」と思ったお気に入りの本を持って集まる

2. 順番に1人5分で本の紹介をする

3. それぞれの発表の後に、その発表についてのディスカッションを2〜3分で行う

4. 全ての発表終了後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準に

参加者全員1票で投票を行い、一番票が多かった本を『チャンプ本』とする

 

という内容です。

 

相手に選んだ本のあらすじや、面白さのポイント、

自分がなぜこの本がお気に入りなのか…。

 

相手にも「読みたい!」と

思わせる本の紹介ができるかということが大きなポイントです。

 

今回は、まずグループに分かれてビブリオバトルを行いました。

 

IMG_7658

 

5分間で人の心をつかむということは、なかなか簡単ではありませんが

ビブリオバトル前に新元先生が教えてくださったスピーチのポイントを活かし

みんな本の紹介に挑んでいました。

 

IMG_7682 のコピー

 

しかし、やはり文芸表現学科の学生ということだけあって

自分の好きな本を話すときの表情はみんなとても楽しそうです(笑)。

 

IMG_7687 のコピーIMG_7651 のコピー

IMG_7681 のコピーIMG_7680 のコピー

 

本の紹介後はその発表について「もっとこうした方が良い」

「ここを掘り下げた方がおもしろい」など反省点を言い合いました。

 

全員の発表とディスカッションが終わったところで

いよいよ各グループ毎に一番読みたいと思った本を決め、ファイナリストを決めます。

 

今回は立っている5名がファイナリストに選出されました!

 

IMG_7690 のコピー

 

次回の授業ではファイナリスト同士によるビブリオバトルを行い、

遂に『チャンプ本』の決定です。

 

果たしてどうなるのか…! 来週がとても楽しみです。

 

 

 

 

Print

 

 

6月14日(日)、7月12日(日)のオープンキャンパスでは

各学科の授業を体験することができます。

文芸表現学科では普段どの様な授業をしているのか

体験してみませんか?

 

6月14日(日)…ストーリーをつくろう

7月12日(日)…「面白エッセイ」を書いてみよう

 

みなさまのご参加、お待ちしております〜!

オープンキャンパスの詳細はこちらから、どうぞ。

 

(スタッフ・鈴木真美)

1 2

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。