文芸表現学科

イベント

  • LINEで送る

2015年6月15日  イベント

一日体験オープンキャンパス「ストーリーをつくろう!」

 

昨日は1日体験授業のオープンキャンパスでした。

参加してくださったみなさん、ありがとうございました!

 

さて、今回のオープンキャンパスでは

「ストーリーをつくろう」という授業を体験してもらいました。

 

_DSC0101

まずは、たくさんの人物の写真の中から1枚、

気になるものを直感で選びます。

 

_DSC0114

グループになり、直感でなぜこの人を選んだのか、

どういう人物だと思うのか話し合い、

その中からストーリーの登場人物を1人決めます。

 

_DSC0132

次にその人物になったつもりで、与えられた10の質問に、

みんなで答えていきました。

 

名前はなにか? 年齢はいくつか?

仕事はなにをしているのか? など…。

 

こうして登場人物の設定、キャラクター作りをしていきます。

 

_DSC0184

 

_DSC0175

設定ができたところで、その登場人物のストーリーを

リレー形式でみんなで書いていきます。

 

_DSC0152

 

リレー形式で書くと最後にはどんなストーリーになるか誰も分からないので、

ちゃんとできるのか、みんなドキドキしていたようですが(笑)。

 

みんな、とても集中して書いていたので

気付けば、あっという間に幾つものストーリーができあがっていました!

 

今回の授業を通して、誰もがストーリーを作れるということ、

文章を書く楽しさやおもしろさ、共同作業でも小説が書けるということなど

数々の発見をしてもらえたのではないかと思います。

 

_DSC0197

 

次回の1日体験授業は7月12日(日)!

「面白エッセイ」を書いてみようというテーマです。

詳細はこちらから、どうぞ。

 

ぜひ、参加してくださいね〜!

 

(スタッフ・鈴木真美)

関連記事

<185186187188189>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。