文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年6月12日  授業風景

過度な期待は禁物

小豆島旅行記3
 
今回の研修旅行は私にとって、とても有意義なものだった。行ったことのないところへ行き、見たことのないものを見て様々なものに触れることができたからだ。この経験は必ずどこかで役に立つだろう。
 
私は研修旅行に行くにあたり、パンフレット以外のところから情報を仕入れなかった。だからエンジェルロードに行った時、予想をはるかに上回る「しょぼさ」にがっかりした。少し言い過ぎかもしれないが、私の中では衝撃がとても大きかったのだ。
 
最初はもう一つ向こうに、本物のエンジェルロードがあるんじゃないかと思っていた。あまりにも写真から想像していたものと違っていたからだ。ここがエンジェルロードそのものだと知ったのはほとんど渡り切った後だった。
 

エンジェルロード

エンジェルロード


振り返ってみると予想よりも幅の広い砂浜と大してきれいではない海が広がっていて「あれ?」と予想と現実のギャップに首をかしげてしまった。真昼間だったし、あまり良い天気ではなかったので、海の色はこの程度でも仕方がないと思った。でも砂浜の幅は「天使の道」にしては広すぎだろうと思った。もっとも、それも安全面を考慮して渡る時間を選んだのだから仕方がないのかなと思ってしまった。もっと青くてきれいな海と、自然の気まぐれから生まれたような細い砂浜でできた道を想像していた私は完全に意気消沈してしまった。ちょっと夢を見すぎたかなと反省した。今度から過度な期待はよそうと思う。
 
とくに何もない

とくに何もない


なにもないけど楽しそう

なにもないけど楽しそう


エンジェルロードの奥のほう

とりあえず奥まで探検してみた


しかし良いこともあった。男子何名かで手をつないでエンジェルロードを走ったのだ。このおふざけの参加者は七人くらいいたので、ここに来るまでに想像していたエンジェルロードでは幅が足りなかっただろう。砂浜に足を取られ、全力疾走しながらそんなことを考えていた。その時前を走っていたやつの蹴り上げた砂が頬にぶつかってきた。痛かった。
 
angel_05
angel_06
 
文・青木大地(文芸表現学科1年)
 
 

この文章は、1年生の「表現基礎I」の授業課題として書かれたものです。
5月中旬、新入生研修として訪れた小豆島の訪問先のなかから、1つの場所を選び、旅行記として伝えるというテーマで課題に取り組みました。

 
 

関連記事

<193194195196197>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。