アートプロデュース学科

2015年6月

  • LINEで送る

2015年6月12日  授業風景

【授業紹介】プロフェッショナル研究(通称:プロに学ぶ)

名称未設定-4
アートの現場は、たくさんのプロフェッショナルたちでつくられる

 

たとえば、ひとつの展覧会でも、

 

・企画をするキュレイター(学芸員)
・作品を運ぶ美術専門運送
・ポスターやカタログをつくるグラフィック・デザイナー
・会場をつくる空間デザイナー
・雑誌や新聞で紹介するライターや批評家

 

など、数えきれないほどのプロフェッショナルたちが関わっています。
彼らは、アートと「みる人」をつなげる達人。

 

 

ASP学科では「展覧会ができるまで」を各方面のプロに教わるプロフェッショナル研究(通称:プロに学ぶ)という授業をおこなっています。

 

=====これまでの授業の様子=======

 

5/13「展示の歴史:ホワイト・キューブ以前/以後」

ASP学科の卒業生で、現在京都大学大学院の博士課程に在籍している伊藤良平さんに、展示の歴史をレクチャーしていただきました。

 

IMG_6979

IMG_6964

 

 

5/27「アートハンドラーの仕事を実践する」

ヤマトロジスティクス株式会社京都美術品センターの方に、作品の梱包開封と壁に展示する技術をご指導いただきました。

 

IMG_7210

IMG_7265

IMG_7347

 

 

6/3「作品を最高のかたちでみせる」

株式会社ゴードーの和田さんに作品を良くみせる展示方法を伝授していただきました。

持ち寄った作品を使ったミニ展覧会をグループでつくりプレゼンしました。

 

IMG_7496

 

IMG_7569

 

プロフェッショナル研究では、このように、キュレイター、アート・コンサルタント、会場設営の達人、照明家、広報の専門家など「ひとつの展覧会ができるまで」にかかわる各分野のプロフェッショナルを順番に招いてそれぞれの仕事を実践的に学びます。

こうして学んだことを生かし、最終的に課題として、ひとつの展覧会企画書の完成を目指します。

 

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

【予告】

 

6/14(日)一日体験入学 オープンキャンパス 開催!! 

 

「マンガを読んであっと驚くアート体験を!」

 

「このマンガおもしろいよね!」。友達とそんな会話をしたことありませんか。

でも、2人に見えているマンガってホントに同じものなんでしょうか?

この授業では、1つのマンガからたくさんの「おもしろさ」を引き出すことで、驚くようなアート体験を生み出します。

作品制作だけじゃないアートの魅力を体験しましょう。

 

アートプロデュース(ASP)学科の授業を体験できるチャンス!!!!!!

概要、申し込みはこちらから

 

 

aspASPer-01

 

 

  • LINEで送る

2015年6月11日  ニュース

一日体験入学A 6/14(日)オープンキャンパス開催!

opencampus

 

大学で行われている授業を体験できる、一日体験入学が今週の日曜日に開催されます!

午前と午後で開かれるので、最大2コースの授業を受けることが可能です。

 

 

アートプロデュース学科では、みなさんにとっても身近な“マンガ”を使って授業を行います。

「マンガ」×「アートプロデュース学科」という一見意外な組み合わせですが、
そこには、アートプロデュースをする上で欠かせない『[作品を]読み解く』能力と『[他者に]伝える』能力を鍛えるための基本の「き」が隠されているんです!

この授業を受けた後は、日常の風景もいつもと違ってみえてくるはず!?

 

 

『マンガを読んであっと驚くアート体験を!』

午前の部 10:10〜11:40 午後の部 13:00〜14:30

 

 

授業概要
「このマンガおもしろいよね!」。友達とそんな会話をしたことありませんか。でも、2人に見えているマンガってホントに同じものなんでしょうか?

この授業では、1つのマンガからたくさんの「おもしろさ」を引き出すことで、驚くようなアート体験を生み出します。作品制作だけじゃないアートの魅力を体験しましょう。

 

授業の詳細

1つのマンガを、みんなでみて、どのように読んだのかを話し合います。そして、それぞれの「読み方」から、前後のつながりを考えて新しいマンガを足していきます。

1つのマンガにたくさんの読み方があることに驚くでしょう。予備知識は不要です。正解もありません。自分の思ったこと、感じたことを他の人に「伝わる言葉」にする工夫をしてみてください。

作品と作品のつながりをみつけ、新しい価値を創造することがアートプロデュースの第一歩。

作品と作品、作品と人 との出会いをつくるアートプロデュースのおもしろさを体験してみてください。

 

 

ギリギリまで予約を受け付けています!

申込み方法&一日体験入学についての詳細はこちらへ。
マンガを読んであっと驚くアート体験を!

 

aspASPer-01

  • LINEで送る

2015年6月8日  ニュース

優秀学生賞 表彰式

1IMG_7754

6月5日に2015年度優秀学生賞の表彰式が行われました。

 

優秀学生賞とは、3年次終了時点までの創作・研究活動において特に優秀と認められた学生におくられる賞で、

ASP学科からは、4回生の中山咲子さんと深見悠介くんが表彰されました。

 

1IMG_7767

受賞者の中山さんです。

 

深見くんは教育実習のため、残念ながら表彰式には参加できませんでしたが、

自身の将来、研究に向かって着実に進んで行っている二人の、今後のますますの活躍を期待しています!

 

人間館1階を入ったすぐにあるエントランススペースにて、受賞した学生たちのコメントと制作・研究の紹介を展示していますのでどうぞご覧ください。(6月末まで)

1IMG_7732

1IMG_7736

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

【予告】

 

6/14(日)一日体験入学 オープンキャンパス 開催!! 

 

「マンガを読んであっと驚くアート体験を!」

 

「このマンガおもしろいよね!」。友達とそんな会話をしたことありませんか。

でも、2人に見えているマンガってホントに同じものなんでしょうか?

この授業では、1つのマンガからたくさんの「おもしろさ」を引き出すことで、驚くようなアート体験を生み出します。

作品制作だけじゃないアートの魅力を体験しましょう。

 

アートプロデュース(ASP)学科の授業を体験できるチャンス!!!!!!

概要、申し込みはこちらから

 

 

aspASPer-01

 

 

  • LINEで送る

2015年6月5日  授業風景

【授業紹介】ラーニング・リテラシー

 

ASP学科では『ラーニング・リテラシー』という授業があります。

1回生が、ASPで「何を学ぶのか」「どのように学ぶのか」を1年かけて身につけます。

 

梅雨入りしたこの日の授業は、美術館やギャラリーを訪問し、

どんな施設なのか、どんな作家のどんな作品が、どんなテーマで展示されているかなどを

考え体験するという内容です。

 

あいにくの曇り空でしたが、みんなで元気にGO!

 

143

まずは細見美術館へ『琳派四百年 古今展』を見学。

教員からのアドバイスは「まずは、作品を見よ。」

入ってすぐ解説から読むのではなく、まずは作品をじっくり見て考えよう!

ということで、1回生たちは気になったこと、考えたことなど熱心にメモをとりながら

展示を見て回りました。

141

京造卒業生の山本太郎、本学教授の名和晃平といった現代美術作家の作品と

細見コレクションとの共演は親しみやすく、1回生にもわかりやすかったようです。

 

そのあと、近隣のギャラリーを2件巡りました。

GalleryMorningKyotoでは、ギャラリーとはどんな施設なのか、

ギャラリーをはじめたきっかけや、

作品と人をつなげる仕事についてなどお話いただきました。

 

161

ちょうど作家も在廊されていて、作品の前で貴重なお話を伺えました。

ネットのない時代に、ギャラリーが作っていたフリーペーパーを見せていただきました。

ワープロで打ったものを縮小して印刷したものだったそう。

情報が溢れた今の時代にはない新鮮なものでした。

 

157

最後、充実した時間を過ごした学生たちへ次回の課題が発表されました。

「細見美術館の見取り図を、言語化する」

 

これは面白そう。

次回授業は、自学自習に必要な「読み、書き」について学びます。

 

『ラーニング・リテラシー』では、毎回課題が出され、学生たちは授業の振り返りも毎時間行います。

そして、実は教員たちも毎回、授業の内容、進め方、学生理解などについてミーティングを行い、

教員間の学び合いの機会としても活用しています。

学生も教員も、学び考える授業といったところでしょうか。

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

【予告】

 

6/14(日)一日体験入学 オープンキャンパス 開催!! 

 

「マンガを読んであっと驚くアート体験を!」

 

「このマンガおもしろいよね!」。友達とそんな会話をしたことありませんか。

でも、2人に見えているマンガってホントに同じものなんでしょうか?

この授業では、1つのマンガからたくさんの「おもしろさ」を引き出すことで、驚くようなアート体験を生み出します。

作品制作だけじゃないアートの魅力を体験しましょう。

 

アートプロデュース(ASP)学科の授業を体験できるチャンス!!!!!!

概要、申し込みはこちらから

 

 

aspASPer-01

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

2015年6月4日  授業風景

お弁当コンテスト2015

ASP学科のプロフェッショナル研究(通称:プロに学ぶ)という授業で毎年恒例のお弁当コンテスト。

 

コンビニなどで売られている500円以下のお弁当を、

盛りつけ方を変えていかに豪華によりおいしそうに魅せられるかそのプロデュース力を競います!

 

投票者には「いくらだったらそのお弁当を買いますか?」と尋ねて、金額を投票してもらいました。

 

結果発表-01

 

全20作品の中で2015年度お弁当コンテストの栄えある1位に輝いたのは、2回生の北島曜さんの作品でした!

おめでとうー!

なんと最高価格は3,000円でした!(笑)

元のお弁当は400円以下で購入したらしいので、約8倍の値がついたということになりますね!

 

昨日の授業で表彰式が行われ、

賞状と副賞に福先生とのランチチケット&幸せを呼ぶと有名な四葉のクローバータクシーのお守りが贈られました。

IMG_7463

 

 

 

上位三名の作品と投票結果はこのようになりました〜。

 

 

名称未設定-1

作:北島曜さん(2回生) 最高金額3,000円

no1_kitajima

 

 

 

名称未設定-1

作:岡田皐さん(2回生) 最高金額:1,100円

no2_okada.jpg_

 

 

 

名称未設定-1

作:市下純子さん(3回生) 最高金額:900円

no3_ichishita

 

 

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

【予告】

6/14(日)一日体験入学 A日程 開催!! 

「マンガを読んであっと驚くアート体験を!」

「このマンガおもしろいよね!」。友達とそんな会話をしたことありませんか。

でも、2人に見えているマンガってホントに同じものなんでしょうか?

この授業では、1つのマンガからたくさんの「おもしろさ」を引き出すことで、驚くようなアート体験を生み出します。

作品制作だけじゃないアートの魅力を体験しま しょう。

 

アートプロデュース(ASP)学科の授業を体験できるチャンス!!!!!!

概要、申し込みはこちらから

 

 

aspASPer-01

1 2 3

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。