情報デザイン学科

2017年7月

  • LINEで送る

2017年7月3日  授業風景

【授業紹介】描画基礎 後編

 

今回は先日ご紹介した情報デザイン学科ビジュアルコミュニケーションデザインコース(以下VCDコース)1生の授業

「描画基礎」前編に引き続き、「描画基礎」後編をお届けします。

 

 

前回は「色彩」と「パース」をご紹介しましたが、今回は「デザインスケッチ」と「シルクスクリーン」をご紹介します。

 

 

 

 

【3】デザインスケッチ:毛原大樹先生

この授業では考えたものを素早く書き写す力、見た人にイメージを整頓して伝える術を身につけます。

 

頭の中のイメージ、記憶をスケッチや紙面に書き起こすトレーニングとして

今回は「円柱」をキーアイテムとして使いました。

 

 

 

IMG_8206

まずは円柱を様々な角度からたくさんスケッチし、そこから円柱を使った家具をデザインしていきます。

 

IMG_8236-2

授業の最後はみんなのデザインした家具の発表会です。

 

 

 

ユーモアのある作品も多く、講評中は笑いが起こることもしばしば。

IMG_8245-2

 

この授業をきっかけに普段からスケッチを取る習慣がつくといいですね。

 

 

 

 

【4】シルクスクリーン:金光男先生

 

この授業では「シルクスクリーン」という印刷技法を実践します。

版となるメッシュ地に特殊な薬液と機材で加工を施しインクを通す部分と通さない部分とを作り、その上からインクを置き絵柄を印刷します。

今回はトートバッグに印刷していきます。

 

IMG_4240

インクを乗せて、ゴムベラで均等に伸ばす!

 

IMG_4242

 

緊張の瞬間、、、

 

IMG_4255-2

 

きれいに刷れました!

 

IMG_4245

 

デザインから印刷まで、自分の手で作ったトートバッグは嬉しさもひとしおです。

学生たちは出来上がったトートバッグを見て、使い道に思いを巡らせていました。

 

 

この「描画基礎」では、授業の名の通り。4種類の描画の基礎を1から学べる充実した内容となっています。

学生たちもそれぞれのクラスで新たな発見があり、楽しんで取り組めているようでした。

今回学んだことを、自身の制作に活かしていってくださいね!

 

 

スタッフ/カゲヤマ

 

– – – – – – – – – 記事カテゴリ一覧 – – – – – – – – – –

教員紹介 イベント ゲスト講義  情Dの日常

授業風景   1年生   2年生   3年生  4年生

受賞、展覧会、メディア掲載情報

 

1 2

コース・分野を選択してください

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。