キャラクターデザイン学科

2018年5月

  • LINEで送る

2018年5月23日  イベント

学生主催イベント!MINUTESが行われました!

 こんにちは!副手のコンです!

 

先週5月15日(火)に学生主催で「MINUTES-Live Paint Battle-」というイベントが行われました!

S_7975697994586

「MINUTES」とは株式会社ピーアイエヌティが運営する「LIMITS Digital Art Battle」という

直前に決まったテーマで20分間のアートバトルを繰り広げるイベントのオマージュイベントです。(HPはこちら

3回生の田中優河くん(和歌山県立粉河高等学校出身)のほか学生が主催となり、宣伝・運営・司会などすべて学生だけの力で実現したのです!

キャラクターデザイン学科にイラストを描くイベントがなく、学生たちのイラストを見てもらえるイベントを開催することで

学科内の交流にも繋がると感じこの企画を考えたそうです!

 

そして審査員には実際に「LIMITES」への出場経験をお持ちで、キャラクターデザイン学科でキャラクターイラストの授業をおこなっている藤本先生と赤津先生、

キャラクターデザイン学科ゲーム領域ご担当の村上聡先生、

そしてなんと本家「LIMITES」を主催されている株式会社ピーアイエヌティのジェネラルマネージャー増村様にもお越しいただくことができました!

 

当日は予想を遥かに超える80名以上の観客に出演者・運営チームも驚きを隠せませんでした!

そんな中始まった20分間のアートバトル!

S_7975697938010

↑ 審査員の方々と出演者の学生

 

出演者の一人、3回生の宇野亮くん(奈良県立西の京高等学校出身)は、

「自分がイラストを描いている最中に歓声が聞こえたり、

リアルタイムで反応がわかる点が日常ではなかなか味わえない感覚でとても楽しかったです!」 と語っていました!

IMG_1820

↑ 右から今回総評数の1番多かった3回生野岸大祐くん(福井県立大野高等学校出身)と3回生宇野亮くん

 

田中くんにこのイベントを運営する上で大変だったことを聞いてみました!

→「技術面でのイベントとしてのクオリティアップや、照明、音響など、一つのイベントとして出演者、観客の一体感を持たせるような演出の工夫をしました。

あとは、予算が最小限の中、LIMITSを再現することが難しかったです。」

そうなんです! 「LIMITES」に会場作りにもすごくこだわっていたのです!

 

出演者の登場シーンで流れる紹介映像や、音響、投影方法など細かいところまで作りこまれていました!

IMG_1849

image1

↑ アートバトル中の様子

 

「最初は身内だけでやろうとしていたことが、すごく広がって、沢山のオーディエンス、豪華な審査員が集まってくれて感動しました。

なにより観客、審査員、出演者の皆様の喜びの声が直接聞くことが出来て良かったです。 スタッフ側も、授業ではしない空間面でのデザインなど、

今まで経験しなかったことが出来て大変勉強になったと思います。 MINUTESのような間近で体感出来るイベントが京都造形芸術大学で増えたらいいと思います。」

と感想を語ってくれました!

 

実は今回、職員の私もちゃっかり出演者として参加していたのですが 想像以上にクオリティの高いイベントでとても楽しかったです。

学生の力でこんなにすばらしいイベントを作り上げることができたのは 大きな自信に繋がったのではないでしょうか!

 

またこのような素敵なイベントが継続して行くと良いですね!

  • LINEで送る

2018年5月19日  イベント

「ビットサミット6」「コネクトフェス」に参加しまし

キャラクターデザイン学科の村上です。
5 月12 日(土)と13 日(日)に京都みやこめっせで開催された

世界最大規模のインディーズゲームの祭典「ビットサミット6」に、

ゲームゼミの学生と共に行ってきました。

 

流行りの売れ線タイトルではなく、作家性が重視された今までにない発想のゲームや

技術的な実験結果の発表の場として毎回見学させていただいていますが、

今年もまた「ヘンなゲーム」がズラリと並んでおり、学生たちは大いに刺激を受けた様子でした。

01
大勢の来場者で賑わい、ものすごい熱気でした。

02
見た事もないコントローラーを使って遊ぶ斬新なゲームも多く展示されていました。

 

 

03


夢中になって新作ゲームに興じるゼミ生たち。
左から北園胡々里(芥川高校出身)、

中井涼(金沢辰巳丘高校出身)

都築志帆(京都精華学園高校出身)、

薩瑞希(京都芸術高校出身)。
ゲームもいいけど勉強もしましょう、と突っ込まれそうですが、「面白い」を分析し理解す
ることが最大の勉強なのです。

そして更に、別室では立命館大学の学生が主催する「学生の学生による学生のためのゲー
ム展示会」として「CONNECT FEST 2018」が開催されており、ここに本学ゲームゼミの
学生作品も出展しています。立命館大学、京都大学、和歌山大学、大阪電通大学、そして
京都造形芸術大学の5 大学による展示で、常に大勢の来場者で賑わっていました。
ビットサミットの会場からプロのゲームクリエーターがこちらの展示を訪れて貴重なアド
バイスをいただいたりと有意義な時間を過ごす事が出来ました。

04

05
ゲームゼミでは、相愛大学作曲専攻の学生とのコラボレーションでゲームを作ったり、ま
た去年は立命館大学の技術協力を得て新しいデバイスを認識するプログラムを作ったりと、
大学の垣根を越えてどんどん横の広がりを見せています。
ハッカソン(24 時間以内にゲームを企画し完成させるイベント。ハックとマラソンの混成
語)の参加によって学生同士の絆が深まり、技術強化も図れてどんどん強くなっていく様
子を見るのが楽しみの一つになってきました。
今年も目が離せないぞゲームゼミ!

  • LINEで送る

2018年5月17日  イベント

「君に届け展~すべての君に届け~ in 京都」が本学で開催!キャラクターデザイン学科もコラボカフェをプロデュース!

 

こんにちは!

3月から4月にかけて東京で開催され、多くの来場者が涙した「君に届け展」が

本学で開催される運びとなりました!

 

★★★

「君に届け展~すべての君に届け~ in 京都」

2018518()63()

会  場:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス

606-8271京都市左京区北白川瓜生山2-116 人間館1F ギャルリ・オーブ

営業時間:10:0018:00(最終入場17:30

入 場 料:1,000円(税込み)

詳細はこちら

★★★

 

さて、今回はキャラクターデザイン学科として、コラボカフェメニューの考案の真っ最中です。

 

 kiminitodoke_22222 kiminitodoke_11111

〔メニュー提供いただく学食・カフェの店長へのプレゼンの様子〕

 

↓プロジェクトメンバーの古谷桃香さん(岩手県立不来方高校出身)からのメッセージです。↓

  • ●●

こんにちは、3回生の古谷です。

現在、コラボカフェがより良いものになるようにチーム一丸となって鋭意作業中です。

私自身原作の漫画や映画アニメ等、君に届けが大好きなので、一ファンとして今回この企画に参加できてとても嬉しいです。

原画展を楽しみにしているファンの方はもちろん気になって見に来た方など、色んな方に楽しんでもらうために頑張っています。

よろしくお願いします。

  • ●●

 

 

 

皆様に楽しんでいただけるメニューを考えておりますので、

是非、会期中にお越しください!

 

 

—————————

ちなみに…

このプロジェクトは「ワンソースマルチユースプロジェクト」の一環として実施するものです。

このプロジェクトの詳細はこちら

これまでにも「天野明展in京都」、「Happy Elements作品展」、「ジャンプ流」コラボ企画、

「オールテニプリミュージアムin京都」、「ハイキュー!!展ゲンガ×タイカン」など毎回話題のイベントを企画してきました、このプロジェクト。

今後のイベントにもご注目ください!

——————————

  • LINEで送る

2018年5月16日  ニュース

Morpholioの長谷川さまがいらっしゃいました!

514日にMorpholioCo-Founder(共同創業者)である長谷川さまが京都造形芸術大学へいらっしゃいました!

 

春秋座やウルトラファクトリーといった校内の様々な場所をご覧いただいたのち、

キャラクターデザイン学科の学生が現在取り組んでいるワンソース・マルチユースプロジェクト「君に届け展」の作業現場にて激励をいただきました。

 

2018_0514_ハセガワさま2

左から、加藤海さん(3回生/富山県立高岡工芸高等学校出身)、南美帆さん(2回生/済美高等学校)、谷藤若奈さん(2回生/大阪府立香里丘高等学校出身)、長谷川さま、関美穂乃さん(2回生/静岡県立伊東高等学校出身)

 

 

ご自身のお仕事のお話をしていただいたり、プロジェクトの取り組みに反応をいただいたりと、学生にとっても良い機会になったと思います。長谷川さま、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

Morpholioについて】

Morpholioのミッションはアーティスト活動に必要不可欠なプレゼン、対話、コラボ用の新しいプラットフォームを提供することです。作品について話したり、創作したり、批評したりするプロセスをいかに進化させるか。目標は、アイデア創出のためフィードバックしやすく、簡単に批評できる新しいやり方を創りだし、パブリックでもプライベートでもフォーラムの場を提供することです。(Webサイトはこちら!)

 

Morpholioの製品のひとつである「Morpholio Trace」に新機能が加わった際の紹介動画です

 

 

【学生が取り組んでいるプロジェクトについて】

「君に届け展~すべての君に届け~ in 京都」(詳細はこちら!)

開催日程 2018518()63()

  • LINEで送る

2018年5月14日  授業風景

Happy Elementsゲームデザイン奮闘記Vol.1「企画のはじまりの巻」

 

日本の皆さんこんにちは。ブラジルの皆さんこんばんは。キャラクターデザイン学科の村上です。

 

ゲーム会社Happy Elements様との合同授業「ゲーム制作特殊演習」がスタートしました!

Happy Elementsといえば「あんさんぶるスターズ」や「メルクストーリア」といった有名な大ヒットゲームを送り出している京都のゲーム会社です。

Happy Elements公式サイト)

 

 ハピエレロゴ カカリアロゴ

去年は本学にてHappy Elements展を開催し、「あんさんぶるスターズ」の開発スタッフをゲストに「特別授業」として

実際の現場での考え方やテクニックについてレクチャーをしていただきました。

 

しかーし!

 

今年はなんとそれを「通常授業」として展開し、一年全30コマ分の授業を通してプロ技術とプロ意識をガッツリと叩き込んでいただきます。

授業では4チームに分かれて、プロの現場で通用するレベルでのオリジナルゲームの企画書を作っていきます。

春の間は企画コンセプトやシステムを練り込み、夏はキャラクターデザインやコンセプトアート、

秋はUI(ユーザー・インターフェイス)デザイン、そして冬はそれらのデータを統合させて企画書として完成させていきます。

受講生はキャラクターデザイン学科が誇る13人の選ばれし精鋭たち!出てこいや!(高田風)13人の精鋭って円卓の騎士みたいでカッコ良いですね。

ここにはゲームゼミだけではなく、同学科内のグラフィックゼミやイラストゼミ、プロデュースゼミの学生も混在し、

それぞれの得意分野を活かして協力していきます。

 はぴえれ2

<チーム名:芋けんぴ>

門瀬菫(3年生、プランナー、奈良北高等学校出身

石森由起(3年生、デザイナー、小松市立高等学校出身

小林彩香(3年生、デザイナー、長野吉田高等学校出身

 はぴえれ3

<チーム名:バラバラ>

山中楓(3年生、プランナー、大谷高等学校出身

海野千尋(3年生、デザイナー、常葉学園高等学校出身

呉煌輝(3年生、デザイナー、泉州第一中学高等学校出身

皆川成海(3年生、デザイナー、静岡学園高等学校出身

 はぴえれ4

<チーム名:ショータイム>

矢部紘花(3年生、プランナー、亀岡高等学校出身

尹昭媛(3年生、デザイナー、韓国造形芸術高等学校出身

村上日向(2年生、デザイナー、大阪女学院高等学校出身

 はぴえれ1

<チーム名:マンダリン>

中井涼(2年生、プランナー、金沢辰巳丘出身

本田真子(3年生、デザイナー、島原高等学校出身

王吟賀(3年生、デザイナー、鄭州市第106高等学校出身

 

第一回目となる今回は、ゲーム企画のディスカッションを行ないました。

企画のお題は「魅力的なキャラクター×パズルゲーム」。

媒体はスマホでもコンシューマ機(PlayStationSwitchなどの家庭用ゲームハード)でもアナログ玩具でも何でも自由。

本学のゲームゼミではデザイナーにもプランナーにもまずはゲームプランニングの基本から教えているため、

コンセプトとシステムを先に練り込んでからキャラクターを演出する傾向があります。

 

しかし今回は「魅力的なキャラクター」を同比率で盛り込まなくてはなりません。

キャラクターの比重が高いと物語が先行してゲーム性が薄くなり、比重が低いとキャラクターが単なる飾りで終わってしまいます。

そんな、非常にバランスのとり方が難しい良い企画だと感じました。

 はぴえれ

Happy Elements天野様によるゲームプランニングの講義風景。

 

今回は企画の概略が見えてきたところで一旦終了です。

次回はコンセプトを練り込み、企画草案書としてゲームの全貌が見えてくるところまでを詰めていく作業を行ないます。

 

今後定期的にブログにて受講生たちの奮闘ぶりを公開していきます。ご期待ください!

 

 

 

 

1 2 3 4

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。