歴史遺産学科

2019年4月

  • LINEで送る

2019年4月26日  インタビュー

歴史遺産学科への招待-増渕麻里耶先生が語る文化財科学-

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

 

歴史遺産学科の教員紹介インタビュー第5弾と題して、

今回は「文化財科学」ご専門の増渕麻里耶先生です!

増渕先生はこの春より歴史遺産学科に着任されました。

先生のご専門分野について、大学で学べることについて詳しくお話を伺いましたので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q1:先生のご専門分野を教えてください。

 

文化財科学です。特に遺跡から出土した金属製品を詳しく調べ、

いつ、どのように作られたかを解き明かす研究をしています。

私が学んだ英国ではArchaeometallurgyと呼ばれていて、単に分析や観察から技術を推定するだけではなく、

当時の社会や文化的背景と照らし合わせその技術が育まれた理由を考える文理融合した学問です。

この他にも、いわゆる「文化財科学」の専門家として、歴史学や保存修復のプロの方たちと一緒に

チームで仕事をしてきました。

国内外の様々な文化財、例えば古い漆工品や壁画に使われた顔料、僧院や王宮址の壁材の分析、

戦時中に開発された軍用機エンジンの特殊鋼の材質調査など、

また、展示室や収蔵庫での保存環境調査などを行いました。

 

 

 

Q2:文化財科学とは具体的にどのような分野なのでしょうか?

 

私はよく医学に例えるのですが、我々が病気や怪我をしたとき、お医者さんに診てもらうために病院に行きますよね。

特に現代の医療では、お医者さんの勘や経験だけでなくいろいろな検査をして、

科学的根拠に基づいた処置や投薬が行われています。

ここで患者を文化財、お医者さんを保存修復士とするならば、文化財科学、特に保存科学の専門家は、

検査技師や薬の特性を知り尽くした薬剤師にあたります。

一方、最近はテレビドラマでもよく法医学が取り上げられていますが、死者に対しても医学は意味を持つわけです。

その人がどんな人で、いつ、どうして死んでしまったのかを解き明かし、

特にドラマの中ではその人が生きた本当の意味が伝えられていきます。

この法医学医を考古学者とするならば、文化財科学の中でも考古科学者は検査技師であり、

特にArchaeometallurgyの専門家は法医学者そのものの役割も担います。

 

 

 

Q3:先生がこれまでにされてきた研究、またその分野において大学で取り組むことの出来る活動について教えてください。

 

私個人の研究テーマとしては、世界で初めて鉄を利用したヒッタイト文明の

鉄器製作技術の解明を目指して研究を続けています。

でも今、芸大である本学への着任を機に考えているのは、鉄に限らず、

古代のいろいろなものづくりの技術について実験を通して学生さんたちと一緒に実証していきたいということです。

また、興味や意欲のある学生さんには、国内外での文化財保存の最前線での体験の機会を

なるべくたくさん提供したいと考えています。

 

 

 

m.masubuchi and XRF testing of the north veranda facade DSCN5433

ミャンマーの僧院での調査の様子 

©東京文化財研究所

 

 

 

Q4:海外の文化財保護について教えてください。

 

私はこれまでに西アジア、東南アジアのいくつかの国々で文化財保護事業に関わってきました。

国が違えば文化遺産の時代や種類、それを護る仕組み、保護活動に従事する人たちを取り巻く状況、

そして社会状況もすべてが違います。

そのような多様性の中で日本を見つめなおしたとき、どうしても長所だけでなく

まだ足りないところも見えてきてしまいます。

・・・この話を始めると長くなるので、詳しくは別の機会に。

 

 

 

Q5:歴史遺産学科で学ぶにはどのような授業がありますか?

 

歴史遺産学概論での座学を通してまずは文化財科学の概念を理解します。

歴史遺産学基礎実習では文化財科学の方法論を学び、科学分析を実際に体験します。

そして、歴史遺産プロジェクト演習では、古代のものづくりの復元実験を行います。

 

 

 

Q6:学生や受験生へのメッセージをお願いします。

 

今目の前にある文化財を通し、過去に生きた人々に思いを馳せるのがこの分野のロマンです。

そして、日々様々な分野の専門家がその文化財を守るために力を合わせています。

そこに客観性や論理性を加える文化財科学の世界はとても広く奥行きがあり、

みなさんの人間性を高める貴重な経験がたくさん待っていると思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

増渕先生、ありがとうございました。

今後、増渕先生の実習の様子についてもご紹介いたします!

また、4/27(土)、4/28(日)に開催される春のオープンキャンパスでは、

先生に直接お話を聞くことができる機会となっておりますので、インタビュー中にあった海外でのご経験についても

是非、お話を聞きにいらしてください!

春のオープンキャンパスの詳細は下記をご覧ください。

 

 

 

 

--------------------------------

〇春のオープンキャンパス開催のお知らせ〇

 

4/27(土)、4/28(日)に今年度はじめてのオープンキャンパスが開催されます!

学科ブースでワークショップ体験、キャンパス見学ツアー、大学全体説明会と

イベント目白押しです!

 歴史遺産学科のブースでは、「陶芸の名品をつなぎ合わせて復元しよう」、「世界最古の記録方法である拓本の体験」、「挽き抹茶自手前」などの3つのワークショップを実施します。

また、教員相談コーナーで先生からじっくりお話を聞いたり、

現役の学生に学生生活や学びについても聞ける機会となっております!

高校12年生も参加可能です。ぜひ学科ブースに遊びにきてくださいね!

 

4/27(土)、4/28(日)春のオープンキャンパスの詳細はこちらから!

参加が難しい方は、今後のオープンキャンパスの予定をこちらよりご確認ください!

--------------------------------

  • LINEで送る

2019年4月24日  インタビュー

歴史遺産学科への招待-坪井剛先生が語る日本中世仏教史-

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

歴史遺産学科の教員紹介インタビュー第4弾と題して、

今回は「日本中世仏教史」ご専門の坪井剛先生です!

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q1:先生のご専門分野を教えてください。

 

鎌倉時代の仏教について、特に「新仏教」を中心に研究しています。

「古文書」や昔の人たちの「日記」のような「文献史料」を読み込むことから、

「新仏教」がどのように発展してきたのかを考えています。

 

 

 

Q2:中世の仏教史は現代とどのようなつながりがあるのでしょうか?

 

とても難しい質問ですね。まず単純に、多くの史料から自分だけの小さな発見を繰り返すことで、

これまで分からなかった歴史的事実が明らかになっていく点は、時代を問わず、とてもおもしろい作業です。

その上で、「中世」という時代は、現代に繋がる多くの「宗派」が出来てきた時代です。

現在も日本のいたるところにあるお寺や神社には、多くの独自の文化や文化財を伝えています。

中世の仏教について勉強することは、そういった寺社に係わる文化について理解を深めるとともに、

それらを今後どのように継承していけばよいか、という点を考えるための参考になると思います。

 

 

 

Q3:文献とは具体的にどのようなものですか?

 

簡単に言いますと、文字で書かれている歴史資料です。

高校で日本史を勉強している方は、教科書とは別に『史料集』があったのではないかと思います。

あの『史料集』には古文や漢文で昔の人たちの文章が載せられていたかと思いますが、

ああいったものが大まかには「文献史料」と呼ばれます。

 

 

 

Q4:文献以外の調査方法について教えてください。

 

例えば、昔の絵画や彫刻なども重要な情報源です。

私たちはタイムマシンを持っていませんので、昔の人たちの顔や衣服、仕草、慣習などを直接見ることはできません。

また、それらをどれだけ流暢な文章で説明してあっても、言葉だけで正確に読み解くことはなかなか困難です。

けれども、絵に描いてあるものを見れば、視覚情報としてすぐに理解できます。

これ以外にも、地名や地域での言い伝え、年中行事やお祭りなども昔から残されてきた重要な情報です。

 

 

 

Q5:大学で学ぶにはどのような授業がありますか?

 

大学では「古文書」をはじめとする文献史料を読み解いたり、また寺院に残されてきた文化財を調査したりする

授業を担当しています。「古文書」はくずし字で書かれているので、読解するのはひと苦労なのですが、

読む技術を修得すると、昔の人の「生の言葉」を直接読むことができます。

また、京都のお寺には未調査の文化財も残されており、授業での調査から、これまでは分かっていなかった

歴史的な事実が発見されることもあります。

 

 

3年生 歴史文化領域(E)

古文書調査の様子

 

 

 

Q6:学生や受験生へのメッセージをお願いします。

 

大学での四年間は、この上ない人生の成長期です。

いまは出来ないことも、四年後には出来るようになっているかもしれません。

はたして自分にはどんな可能性があるのか、自分はどこに行って何をすれば成長できるのか、

それを見極めるために、色々な人の話を聞いてみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

坪井先生、ありがとうございました。

インタビュー中にあったお話をもっと詳しく聞きたい、気になることがある!という方にお知らせです!

 

 

 

 

〇春のオープンキャンパス開催のお知らせ〇

 

4/27(土)、4/28(日)に今年度はじめてのオープンキャンパスが開催されます!

学科ブースでワークショップ体験、キャンパス見学ツアー、大学全体説明会と

イベント目白押しです!

 歴史遺産学科のブースでは、「陶芸の名品をつなぎ合わせて復元しよう」、「世界最古の記録方法である拓本の体験」、「挽き抹茶自手前」などの3つのワークショップを実施します。

また、教員相談コーナーで先生からじっくりお話を聞いたり、

現役の学生に学生生活や学びについても聞ける機会となっております!

高校12年生も参加可能です。ぜひ学科ブースに遊びにきてくださいね!

 

4/27(土)、4/28(日)春のオープンキャンパスの詳細はこちらから!

参加が難しい方は、今後のオープンキャンパスの予定をこちらよりご確認ください!

  • LINEで送る

2019年4月19日  インタビュー

歴史遺産学科への招待-伊達仁美先生が語る民俗文化財の保存修復と活用-

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

桜の時期も過ぎ、日中は暖かさや日差しの強さを感じる季節となってきましたね。

 

さて、歴史遺産学科の教員紹介インタビュー第3弾と題して、

今回は「民俗文化財の保存修復」ご専門の伊達仁美先生です!

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q1:先生のご専門分野を教えてください。

 

民俗文化財の保存と修復、および活用です。

民俗文化財は、人々が日常生活の中で生み出し、伝えてきたもので、とても範囲が広いものです。

民俗文化財は、博物館や資料館に展示や収蔵されている有形民俗文化財、

お祭りなどの行事は無形民俗文化財と分かれています。それぞれの民俗文化財で、修復方法は違います。

お祭りで使われているもの、例えば、山鉾や曳山、屋台、地車といったものは、破損しているところを修復し、

再びお祭りで使うことができるような修理を行います。それらは、実際の職人さんにしていただきます。

 

 

 

Q2:有形民俗文化財は具体的にどのように修復するのですか?

 

現状維持を基本に、後世に継承するための処理を行います。民俗文化財を構成している材質は、様々です。

そのため、それぞれの材質に合った材料を選びます。

まず、虫害やカビの原因となるほこりや汚れを取り除き、金属部については、椿油による防錆処理をします。

木部については、破損しているところや、虫害により弱っているところは、樹脂を補填し強化処理を行います。

 

 

 

Q3:伊達先生も実際に修復なさるのですか?

 

しています。例えば、真田山陸軍墓地の墓石の強化処理や小学校に収蔵されている民俗資料のクリーニング、

博物館資料の防錆処置などです。その他にも様々な博物館の民俗資料の保存環境の整備等も行っています。

最近は、修復方法の企画立案が中心で、実際にその通りに修復されているかの途中経過や

完成時の確認を行うことが多いです。

 

 

 

Q4:大学ではどのようにして文化財修理を学ぶのでしょうか?

 

何をどう残すかという修復理念と、その見極めをつけることができる人材を育てています。

そのためには、まずそれぞれの素材に応じた修復技術を身につける必要があります。

また、昨今では、文化財の活用ということが重視されていますので、大学で学ぶ中で多くの

文化財に接する機会を作りますので、視野の広い修復技術者となることが可能です。

 

 

 

民具

民俗文化財の保存修復実習の様子

 

 

 

Q5:歴史遺産学科にはどのような授業がありますか?

 

歴史遺産学基礎実習では、文化財の調査方法などを通じて、モノを見る目を養います。

歴史遺産プロジェクト演習では、補填や成型、補彩など、修復の基礎を学び、実際の博物館資料を用いて実習を行います。

 

 

 

Q6:学生や受験生へのメッセージをお願いします。

 

 文化財の保存は、一分野の専門家だけでできるものではありません。いろんな分野の人たちの成果を認め、

協力を求める柔軟性を持って下さい。これは文化財の保存だけではなく、日常の生活でも必要なことです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

伊達先生、ありがとうございました。

お話をもっと詳しく聞きたい、知りたいという方にお知らせです!

 

 

 

〇春のオープンキャンパス開催のお知らせ〇

 

4/27(土)、4/28(日)に今年度はじめてのオープンキャンパスが開催されます!

学科ブースでワークショップ体験、キャンパス見学ツアー、大学全体説明会と

イベント目白押しです!

 歴史遺産学科のブースでは、「陶芸の名品をつなぎ合わせて復元しよう」、「世界最古の記録方法である拓本の体験」、「挽き抹茶自手前」などの3つのワークショップを実施します。

また、教員相談コーナーで先生からじっくりお話を聞いたり、

現役の学生に学生生活や学びについても聞ける機会となっております!

高校12年生も参加可能です。ぜひ学科ブースに遊びにきてくださいね!

 

4/27(土)、4/28(日)春のオープンキャンパスの詳細はこちらから!

参加が難しい方は、今後のオープンキャンパスの予定こちらよりご確認ください!

  • LINEで送る

2019年4月16日  インタビュー

歴史遺産学科への招待-歴史遺産ニストを目指そう!-

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

新年度が始まり、入学式からはや2週間。少しずつ新入生たちの緊張も和らいできたように見えます。

 

さて、歴史遺産学科の教員紹介インタビュー第2弾と題して、

今回は「考古学」ご専門の杉本宏先生です!

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q1:先生のご専門分野を教えてください。

 

私の専門は日本考古学、特に平等院などの平安期寺院関係を研究してきました。

発掘調査も今までに縄文時代から江戸時代までのさまざまな遺跡で120回ほど経験してきたし、

平等院の本格的な発掘調査は私が担当したんですよ。それとともに、遺跡や歴史遺産をどのように

保存し社会に役立てていくか、ということも専門の一つで、遺跡学や文化的景観学も勉強しています。

 

 

 

Q2:考古学のおもしろさや魅力について教えてください。

 

大学2回生の春、日本海地域のある弥生遺跡の発掘調査に初めて参加した時、

水分を含んだ泥の中から弥生土器とともに黄色の稲束を発掘したことかあります。

それは身震いするほどきれいな黄色をしていました。しかし、時間とともに乾燥しながら黒ずんでいき

半日ほどで見る影もなくなりました。20歳の私は稲束が2000年の時を一挙に経てしまう姿を茫然と見ていました。

この美しい弥生の稲束は私の記憶と数枚の写真にだけ留められています。

考古学は保存されてきた過去の遺物と向き合い歴史を語る学問ですが、この稲束の教訓のように、

どのような発掘の仕方がよいのか、遺物をどのように保存し未来に伝えてゆくかも考えなければならない

学問でもあるんです。そういう考古学の深さや広がりそして技術も大きな魅力だと思います。

 

 

 

Q3:歴史遺産学科で学べる考古学について、また、他大学とは違う歴史遺産学科の魅力とはなんでしょうか?

 

本学は歴史遺産学科で歴史学科ではないんですね。

歴史学は過去がどうであったかを究明する。歴史の真実を追い求めるわけです。

歴史遺産学科は、歴史の証人である歴史遺産の価値を読み、社会に活かす術、未来へ伝えてゆく術を研究します。

その点では歴史学プラス文化財学が歴史遺産学といえる。過去だけではなく、現在と未来まで射程に入れる。

芸術系大学の長所だと思います。考古学でいえば、遺跡の発掘を行い価値を研究するだけではなく、

その遺跡の発掘の仕方からどのように整備し活用するかまで取り扱うことになります。

実際のカリキュラムでは、理論は考古学や日本史特論の講義で学び、

演習では和中庵という近代庭園の発掘調査と整備活用計画づくりをして、

庭園考古学という本学ならではの分野で実際の技術を学習しています。

 

 

和中庵

和中庵での演習の様子

 

 

 

Q4:歴史遺産学科で取得できる「考古調査士」の資格について教えてください。

 

現在、博物館学芸員資格のような、発掘調査に関する国の資格制度はないんですね。

このため、国と全国のいくつかの大学が一緒になって、「考古調査士」という資格を認定する制度が作られています。

本学はこの資格が取れる関西でも数少ない大学の一つとなっています。

資格を取るためには、卒業までに指定する授業を10単位受けてもらうことになります。

文化財の専門職員を目指す人には必ず取得してほしいと思います。

 

 

 

Q5:公務員としての文化財行政の役割について教えてください。

 

文化財の保護は、法律によって行政が大きな役割を果たしています。

全国の自治体には文化財専門の職員が総数6000名近く配置されていて、日々文化財保護の活動をしています。

本学の卒業生も全国の文化財行政現場で活躍しています。

じつは今年の41日に法律の改正があって、これからの文化財行政は今までの文化財の調査や保存にプラスして、

歴史遺産を活かしたまちづくりが仕事の一部として加えられることになりました。

現在の日本の課題を解決する一つとして、地域に伝えられてきた文化財・歴史遺産の積極的な活用が求められたわけです。これからの文化財行政は、文化財・歴史遺産の価値を読み整備し活用するまでが仕事です。

まさに歴史遺産学科が提唱してきたスキームが社会で動き始めたわけです。

 

 

 

Q6:学生や受験生へのメッセージをお願いします。

 

文化財が好き、歴史遺産が好き、という皆さん、ぜひ本学に来ませんか。

私は、歴史遺産の価値が読め、保存の仕方がわかり、活用の方策が提案できる人のことを「歴史遺産ニスト」と

呼んでいます。今、日本の社会に必要とされる人材は歴史遺産ニストなのです。

私たちと一緒に、歴史遺産ニストを目指しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

杉本先生、ありがとうございました。

 

インタビューのお話をもっと詳しく聞きたい、知りたいことがある!という方は、

4/27(土)、4/28(日)に開催される春のオープンキャンパスで杉本先生はじめ、

各専門分野の先生方に直接お話をきくことができます!

歴史遺産学科での学びについて、入学に関する相談も各専門の先生に直接お尋ねいただくことができます。

 

歴史遺産学科のブースでは、「陶芸の名品をつなぎ合わせる土器接合体験」、「世界最古の記録方法である拓本の体験」、「挽き抹茶自手前」などの3つのワークショップを実施します。高校12年生も参加可能です!

オープンキャンパスご来場の際にはぜひ学科ブースへお越しください。

 

 

4/27(土)、28日(日)春のオープンキャンパスの詳細はこちらから!

参加が難しい方は、今後のオープンキャンパスの予定をこちらよりご確認ください!

  • LINEで送る

2019年4月1日  授業風景

授業紹介①-素材研究実習-

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

 

先生の専門分野のご紹介に引き続き、

今回は大林先生ご担当の授業についてご紹介いたします!

(インタビュー記事はこちらからご覧ください→前編 / 後編

 

 

 

大林先生の授業では、紙や東洋書画等の保存修復に関して、掛軸や古文書・屏風等の構造について

実習を通して学んでいきます。

また、修復を行うにあたって必要な素材研究についても学びを深めます。

 

 

3回生の素材研究の実習では、

「江戸時代の奉書紙の復元」と「色見本帳の修復」の2つのテーマに分かれ、

それぞれの素材や構造についてチームで調査を進めていきます。

今回はその様子についてご紹介いたします。

 

 

 

まず、「江戸時代の奉書紙の復元」では、現在の奉書紙と江戸時代の奉書紙はどう違うのか?という疑問について、

文献調査や紙の試作実験から復元を試みました。

 

 

1

 

 

身分の高い人の代わりに部下が書く公文書のことを「奉書」といい、

その文書に使用される紙を「奉書紙」と呼びます。奉書紙は楮紙のひとつで米粉などを混ぜて漉き上げており、

白くて厚みがあり丈夫な紙であることが特徴として挙げられます。

 

 

2

紙漉きの様子

 

 

「奉書紙」は現在でも作られていますが、江戸時代のものとは違っています。

そこで、原料を変えたり、漉く条件を変えたりしながら紙を漉き、試作を重ねます。

 

 

3

 

江戸時代の「奉書紙」と自分たちが漉いた紙を肉眼や顕微鏡で観察し、表面の感触や繊維の見え方などから

当時使われた材料や漉き方などを推測していきます。

 

 

4

 

最終的に調査対象とした古文書のレプリカを作成し、秋に行われた学生作品展では、成果を展示発表しました。

調査を進めていけばいくほど疑問点が増え、今後の課題も発見できたようでした。

 

 

 

2つめの「絵具見本帳の修復」では、市内の老舗絵具屋さんがお持ちの昭和10年代の絵具の見本帳の修復を行いました。

当時、製品として売られていた絵具が実際に塗られた見本帳で今では作られていない色もありとても貴重な資料です。

まずは構造を理解し、装丁の破損や台紙の変色、焼けなど状態の調査から劣化している箇所に

どのような処置を行うのかについて考えます。

 

 

5

 

汚れたところをドライクリーニングし、劣化により一部くっついてしまった台紙の切除、

補強として染色した裏打ち紙を施し、見本帳の組み立て作業まで行います。

 

 

6

 

7

 

裏打ち紙の染色では、オリジナルの台紙と裏打ちした紙の色合いに違和感が出ないように、

染料の配合比を変えたサンプルをいくつも作成し、色を合わせていきます。

 

 

 

8

組み立てた色見本帳

 

 

 

 

 

このように、修復に向けての技術や素材研究について実習を通して学んでいきます。

修復を行うにあたって、そのものの構造や素材について知識を深めることはとても重要となります。

また、自分たちが疑問に感じたことを調べ、実際に手を動かして疑問を解消していくプロセスも

研究においてとても大切なことです。

 

 

 

学生たちはこのようなことを学び、個々の研究へと進めていきます。

疑問に思ったことについて実際に手を動かして確かめ、一歩ずつ学びを深めていきましょう!

 

 

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。