情報デザイン学科

2020年3月

  • LINEで送る

2020年3月6日  イベント

シネアドプロジェクト2019 学生作品がTジョイ京都で上映!!

 

こんにちは、情報デザイン学科です。

2/28(金)に行われました、「Tジョイ京都×情D シネアド制作プロジェクト2019」授賞式の様子をお伝えします!

1月の受賞速報記事はこちらから→

 

T-joy_シネアドPJ2019_表彰式_0228_2020

 

「Tジョイ京都×情D シネアド制作プロジェクト」とは、シネマコンプレックス「T・ジョイ京都」と情報デザイン学科の産学連携プロジェクトです。

 

授賞式はTジョイ京都の劇場ロビーにて行われました。

表彰状と副賞の映画鑑賞券を受け取ったあとは、毎年恒例のTジョイ京都の前で記念撮影!!

学生のみなさん、受賞本当におめでとうございます!

 

============

 

今年のテーマは「映画鑑賞をもっと身近に! らくらく便利に!」

オンラインチケット予約 KINEZO「キネゾー」のスマートフォン専用アプリである『キネパス』の便利さを映像でPR、映画鑑賞がもっと身近で便利なものになれば、日々の生活がもっと豊かで楽しくなる!と言うことをアニメーションやモーショングラフィックス、実写映像などで表現しています。

 

最優秀賞に選ばれた作品は一年間、T・ジョイ京都の各シアターで実際に上映されます。

 

今回はビジュアルコミュニケーションデザインコース 3年生 内野 結子(うちの ゆ

うこ)さん が見事最優秀賞を受賞!内野さんは昨年度の優秀賞に続く受賞となります。

今一度、作品を掲載いたします。

 

 

心地よい動きとシンプルにまとめられたデザインのモーショングラフィックスで、
スマートフォン・アプリ『キネパス』の様々な特典が分かりやすく伝わる、
質の高い映像表現になっており、上品で自然な表現ながら印象に残るといった評価を受け、
満場一致で最優秀賞に選ばれました。

 

映画館での上映は春頃からの開始を予定していますので、T・ジョイ京都で映画を見られる際は是非ご注目ください!

 

その他受賞者情報はこちらからご覧いただけます→

 

 

 

 

スタッフ:ウコン

  • LINEで送る

2020年3月1日  インタビュー

【情デの受験】情デ生にオレはなる!受験別座談会

 

juken-pt1-header

こんにちは!ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生の菅沼穂乃花です。

2年生は忙しくてあっという間に終わりました。やっと課題がひと段落したので今は心が清々しいです。

 

さて、もうすぐ春がきます!受験生の人はドキドキですよね…。

今の情デの1年生に、当時の一般入試とAO入試について聞いてみました!

どんなことをしたのか、どんなハプニングが起こったのかさっそく聞いてみようー!!

 

(情デの編集室【Tsutae】のTwitterをぜひフォローお願いします!)

https://twitter.com/tsutae_jd

 

 

―受験当日はどうでしたか?

朝は、最終確認のつもりで電車で勉強をしました。今までやったことをみて、確実に点数取る!というところを集中してやりました。

 

―交通手段は、何で会場に来ましたか?

電車とバスです。京都駅からバスで来ました。余裕持って出ていても、京都のバスは遅れちゃうがあるので注意したほうがいいです。

 

―確かに、京都は観光客が多くバスは混みますからね。失敗談はありますか?

時計の時刻が間違ってたんです!!(笑)。会場に着いてから、時計の時刻がずれていたことに気づきました。お母さんが持たせてくれた予備の時計で無事なんとかなりました。あと、余裕を持って会場に着いていたから時間のズレに気づくことができたし、なんとか大丈夫でした。

 

―受験に“余裕“という言葉は大事ですね!受験が終わった後はどうでしたか?

勉強したのに分からない!という内容はなかったですね。合格ラインが全然わからなかったから、とにかくその場を真剣に純粋に楽しんだもん勝ちだと思う!!

 

 

DSC_0209-2

 

私はもう2年も前の出来事ですが、受験をした時の様子はよーく覚えています。県外の受験でとても緊張して、お気に入りのパンがなかなか口に入らなかったです。ですが、なんでも楽しく考えるほうが良いので、受験ではなくその先を見て待ち遠しく思っていました。

 

他にも、受験資料に載っていなかった合格ラインのデッサンが見たくて、オープンキャンパス時に自分から見せて欲しいとお願いした子もいました。AO入試を受ける子は、体験入学でも似た内容の事を行っているので一度、いや何回も!行ってみるのが一番ですよ。

 

緊張してしまう子は本番に向けて、その場で自分を慣らすのも良いかもしれないです!オープンキャンパスも積極的に足を運び、先生の顔を見慣れているとより緊張せずに自分を発揮できるかもしれないですね。

 

自分が受けたい大学ですから、なんでも知って準備万端にしていたいですよね!

頑張ってきたことをぶつける時。来たぜこの時!と思って頑張ってください。

 

 

【Tsutae取材班】

菅沼 穂乃花(ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生、小松市立高等学校 出身)

柴田 真衣(ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生、京都府立西城陽高等学校 出身)

阪上 可弥乃(ビジュアルコミュニケーションデザインコース1年生、浪速高等学校 出身)

加藤 紗貴子(ビジュアルコミュニケーションデザインコース1年生、福井県立福井商業高等学校 出身)

 

https://twitter.com/tsutae_jd

 

 

 

 

 

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。