情報デザイン学科

2020年12月

  • LINEで送る

2020年12月21日  イベント

学外展示「NEW NIFREL」プロジェクト

 

こんにちは、情報デザイン研究室です。

情報デザイン学科 ビジュアルコミュニケーションデザインコース

3年生【A領域(グラフィックス)】の展示のお知らせです。

 

11月19日から大阪吹田市の生きているミュージアム NIFREL(ニフレル)」にて、情報デザイン学科の学生による展示が始まりました。

展示に併せてフレフレニフレル応援部と題したWEBサイトも公開しています。

 

 

IMG_3987

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_______________________________________

 

『NEW NIFREL』

会期:202011月19日(木)-2021年4月下旬(予定)

会場:ニフレル館内 2F ニフレルメイクス

※営業時間・休館日などはWebサイトにてご確認ください。

内容:今年で4回目となるニフレルと京都芸術大学(旧京都造形大学)のコラボ企画は、コロナ禍の厳しい世の中の今だからこそ、

この状況をネガティブに捉えるのではなく、ご自宅のお客様とも繋がれる、新たな魅力ある6つ企画をご紹介します。

また、ニフレルでの展示に加えて、期間中③、④、⑥の3つの企画を段階的に実施いたします。

 

①いろにふれる  「イロドリウム」アプリ開発
②わざにふれる  「技魚」ムービー制作
③およぎにふれる 「おうちでOYOGIハンドメイドワークショップ」
④かくれるにふれる「かくれるフォトキャンペーン」
⑤みずべにふれる 「ちらサイド」リーフレット制作 

 

 

『フレフレニフレル応援部』特設webサイト

furefuretop

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコン用
http://furefurenifrel.main.jp/nifrel(main).html

スマートフォン用
http://furefurenifrel.main.jp/phone.html

_______________________________________

 

 

社会状況が大きく変わる今、ニフレルで楽しみたいけど行くことが難しい。

そんな状況下の中今だからこそ何を発信できるかを学生たちが考え、ニフレル様に提案させていただいた展示となります。

本展を通じて、学生たちが見出した「NEW」なニフレルを皆様と共有することで、刻々と変化する日常をポジティブに感じて頂けるきっかけとなれば幸いです。

 

IMG_3989

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真撮影:3年生A領域 宮城竣(出身高校:香川県立高松工芸高等学校)

スタッフ:ウコン

 

  • LINEで送る

2020年12月16日  イベント

学外展示「推測のカタチ “かわるかな”」

こんにちは。情報デザイン研究室です。

 

情報デザイン学科 ビジュアルコミュニケーションデザインコース

3年生【C領域(リアライズ)】の展示のお知らせです。

 

 

今回、学内で展示されていた授業課題「推測のカタチ “かわるかな”」が

同志社女子大学ラーニング・コモンズギャラリーにて展示されています!

_______________________________________

 

【推測のカタチ かわるかな】

会期:2020129日(水)-1218日(金)10:00-19:00(土日休館)

会場:同志社女子大学ラーニング・コモンズギャラリー

 

_______________________________________

 

「推測のカタチ “かわるかな”」は

「推測のカタチ」をテーマに、「平仮名」をデザインするというもの。

 

単純に「表面的な見た目」の書体デザインに取り組むのではなく、漢字から派生してできた「平仮名」が、もし違った派生の仕方で伝わってきたとしたら、果たしてどのような書体になったのか。「平仮名」の生まれた歴史的背景や風土、文化などをリサーチし、まるで新たな歴史を生み出すかのような課題になっています。

 

学生たちは太さや角度、つながり具合、滑らかさ、力強さなど、統一性のある書体にするために、

ミリ単位での調整を行い制作しました!

DSC01619 DSC01618

 

完成した「うつりかわり体」「てがく楷書 三号」「よこかな」「はんがな」「たてまえ体」「ひらな」の全6書体が会場に展示されています。
8CF0C0A4-E489-4F90-8212-0E7856CCCD8C 6AA9AEF7-CBE2-4B46-8CE6-53D13717DEFB

 

 

是非ご覧ください! 

 

スタッフ:タカハシ

 

 

  • LINEで送る

2020年12月10日  授業風景

【情デオンライン】1〜2年生が受けた前期オンライン授業振り返り【Twitter】

 

 

 

 

こんにちは!情報デザイン学科【Tsutae】の前田です!

後期も無事に始まって少しずついつもの大学に戻ってきましたが、まだまだ油断は禁物ですね。。!

 

ここで前期に受けたオンライン授業の一部を振り返ってみましょう。いろんな工夫と成果物が出来上がってきました。

 

 

—————————————-

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース

1年生

 

—————————————-

 

 

『アルファベット26文字のデザイン』

 

ひと文字ずつのアルファベットという量の多さだけでなく、直線のみ、角度は45度というルールがあって苦戦しました。。!

 

 

 

作品が完成するととても達成感があって、他の人と並べてみると一人ひとり個性がある作品になったので楽しかったです。

 

—————————————-

 

ビジュアルコミュニケーションデザインコース

2年生

 

—————————————-

 

『ハンドソープボトルのデザイン』

 

誰がこの商品を手に取るのか、どんな雰囲気の空間に置かれるかなど、ターゲットを各自で定め、ラフスケッチを描いていきます。

 

ラフスケッチをもとにデータを完成させたら、商品棚など置きたい場所の写真に合成します。

 

 

 

デザインと社会の繋がりを実感した授業でした。

ターゲットを定めることで「こんな人に手にとって欲しい」「あの空間に置いて欲しい」などイメージを膨らませて、楽しみながらデザインすることができました!

 

 

『文字を使ったアニメーション』

 

テーブルにプロジェクションマッピングすることを想定して制作を進めます。こちらもラフスケッチからスタートです!

Illustratorというソフトでデザインし、そのデータをAfterEffectというソフトで動かしていきます。

 

 

 

今回はテーブルの画像にアニメーションを合成して完成です。

テーブルの画像にアニメーションを合成することでリアルな作品に仕上がりました。オンライン合評ではどれもクオリティの高い作品ばかりで刺激を受けました!!

 

—————————————-

 

イラストレーションコース

1年生

 

—————————————-

 

『シルクスクリーン印刷』

 

印刷に使う版の仕組みなどの基本を教えていただき、そのあと刷り方のレクチャーがありました。

 

 

 

道具の使い方から刷り方のコツなども丁寧に教えていただいたおかげで、みんなの個性が出た作品が出来あがりました。

 

—————————————-

 

イラストレーションコース

2年生

 

—————————————-

 

 

『イラストレーションマップ制作』

 

課題のテーマ内容を聞いてそれをリサーチして分析し、読み手により楽しくわかりやすいように考え、マップを作成する課題です。

 

 

 

ターゲットを定めて、企画とイラストのバランスを取りながら、制作していくことで何がその作品に必要なのかということ勉強できる授業でした!

みんな全く違う土地のマップ制作で見応えのある面白い作品ばかりでした!

 

 

『illustration × motion』

この授業では、Photoshopというソフトを使ってGIF形式のループアニメーションを製作しました。

 

 

 

音楽からどんな見た目なのか、色や動きを想像してイメージを元に描いたイラストや図形をアニメーションにしていきました。ひとつの音楽からそれぞれの個性が溢れ出る魅力的なGIFアニメーションが生まれました。

 

 

『新しいお土産を企画デザインする』

 

それぞれの地元について調べたリサーチシートを元に、今までにない新しいお土産のデザインをしました。

 

 

 

出身地の特産品や観光資源、伝統などを調べ、観光客や地元の方々に興味を持ってもらう事がポイントになります。

 

覚えやすく響きの良い商品名や目を引くビジュアル、実際に買ってもらえるような価格設定などを考えて企画シートを作りました!

—-

後期の授業では少しずつ対面授業が再開しています。

2年生は後期から、それぞれの学びたい領域に分かれて授業が進んでいきます。

後期の授業も随時ご紹介していきますので、Twitterのフォローよろしくお願いします!!

 

 

 

 

【Tsutae記事担当】

 

前田 千桜子(ビジュアルコミュニケーションデザインコース2年生、福岡雙葉高等学校 出身)

飴 誉穂(イラストレーションコース2年生、松蔭高等学校 出身)

横山 小梅(イラストレーションコース2年生、千葉敬愛高等学校 出身)

西田 恵里花(ビジュアルコミュニケーションデザインコース1年生、三重県立昴学園高等学校 出身)

外崎 有香(イラストレーションコース1年生、北海道駒沢大学附属苫小牧高等学校 出身)

吉長 恋(イラストレーションコース1年生、奈良県立高円高等学校 出身)

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。