美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年4月17日  授業風景

【基礎美術コース】 先週の金曜日の授業風景

先週の金曜日の京都造形基礎美術の授業内容の報告です。

 

3年生は多様なキャリアを知るために「うね乃 株式会社」さまより特別ゲストの釆野佳子さんを先生としてお呼びしてお出汁の授業を行いました。
ミヤケマイ先生のコーディネートです。授業前の準備の様子ですが、写真で見てもすでに美味しそう!

 

2年生は引き続き漢詩の佐藤峰雄先生の授業の中で篆刻を行っています。

昨年と比べても学生の手が早いらしくかなりスムーズに進んでいるとのこと。

出来上がりが楽しみです。

 

1年生は珠寳先生の立花の授業ですが、花を生けるときに使用するコミ藁と藁の手箒を作りました。

根気がいる作業が続きますが、基礎美術に入学した学生は集中して黙々と作業していました。

この地道な作業があってこそ最後の花が生けれます。

 

というわけで3つの学年全てが特徴的な授業を行っています。
今週はどんな授業が行われるのか、皆様ご報告を楽しみにしててください。

4月27日(土)28日(日)には京都造形芸術大学のオープンキャンパスがあります!!
ぜひ基礎美のブースにも遊びに来てください。

IMG_3059 IMG_3060 IMG_3061 IMG_3062 IMG_3063 IMG_3064 IMG_3065 IMG_3066 IMG_3067 IMG_3068 IMG_3069 IMG_3070 IMG_3071 IMG_3072 IMG_3073 IMG_3074

 

関連記事

<1819202122>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。