美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2018年9月27日  授業風景

【基礎美術 1年生・2年生】後期授業着々

基礎美術、後期の2日目は1年生、2年生の授業をそれぞれ進めました。
 
1年生は陶芸ですが、まだ昨日に引き続き土作りからです。
昨日よりさらに土を細かく砕き、ふるいにもかけます。手作業だけではなくて機械も使いながら大量の土を細かくしていきます。まだまだ元気ながら体を使っているので、少し疲れていた学生もいるみたいですね。。
 
2年生の立花は花を生けるベースとなるコミ藁を黙々と作りました。
この学年はコミ藁は一度1年生で作っているのでかなり慣れたもの。かなり集中して制作していました。
 
なかなか良い滑り出しをしたように見える後期の基礎美術の授業。どんな風に展開していくのか楽しみにしています。
 
#基礎美術 #京都 #京都造形 #陶芸 #立花 #清水志郎 #珠寳

IMG_0891 IMG_0890 IMG_0889 IMG_0897 IMG_0896 IMG_0895 IMG_0894 IMG_0893 IMG_0892 IMG_0888

関連記事

<4950515253>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。