美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年4月11日  授業風景

【基礎美術】新年度が始まりました〜!

さて、2019年度の京都造形芸術大学の基礎美術コースの授業が始まりました。
今年の基礎美は22名の新入生を迎え、最上級学年も3年生となり、さらに昨年まで客員教員だったミヤケマイ先生も専任教員となってパワーアップしました!

 

2018年度は後半からなかなか更新できなくなったこの基礎美のページですが、今年はそのパワーに負けないようにきちんと更新したいと思いますので、皆様改めましてよろしくお願いします。

 

1年生は例年通り珠寳先生の立花からスタート。基礎美で学んでいく心構えも含めて学んでいきます。
2年生は佐藤峰雄先生の篆刻と漢詩を学びます。ほとんどの人が篆刻も漢詩も初心者ですが、意外にも学生はすんなりと受け入れて、先生が驚くほど手際よく作業していきます。
3年生は今まで基礎美で学んできた知識や経験を言葉を使って研究したり表現したりできるようになるために、椿昇先生とミヤケマイ先生から授業を受けます。初回授業は特別ゲストの陶芸家の内田鋼一さんをお迎えしてスペシャルな回から始まりました。

IMG_3035IMG_3038IMG_3033IMG_303157191760_10218864287182714_2950610238492901376_n今年の基礎美も楽しみです!

 

4月27日(土)28日(日)には京都造形芸術大学のオープンキャンパスがあります!!
ぜひ基礎美のブースにも遊びに来てください。

関連記事

<2930313233>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。