アートプロデュース学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年4月27日  ニュース

【春のオープンキャンパス】開催しました!

本日、今年度はじめてのオープンキャンパスが行われました。

毎年4月に行われる京造のオープンキャンパスは、今年度から2日間への開催へ!

今日はその1日目となり、たくさんの高校生や留学生、保護者のみなさまにご来場いただきました。ありがとうございました。

 

IMG_6810

アートプロデュース学科では、クロード・モネの代表作である『睡蓮』の作品をパズルにした「モネ・パズル」を使って、ワークショップを開催しました!

 

学科の教員や在校生とじっくり話せるテーブル席では、芸大ならではの進路の相談や卒業後の就職先、入試対策について、そもそもアートプロデュースでは何ができるのか、などなど。たくさんの相談がなされていました。

高校生のみなさんからは

進路先が多様で面白そうだと思いました

入試への不安が減ってホッとした!

アートの企画や裏方のを知った

といった、感想をいただきました。

 

アートプロデュース学科では、美術はもちろんのこと、音楽、演劇、映画、ダンスなど、幅広い「アート」を社会のなかで活かす、新しいタイプのアート界のプロデューサーを育成しています。

学科には、

・メディアアート

・写真史、視覚文化論

・哲学、思想

・地域調査・プロデュース

・コミュニケーション、心理学

を専門とした先生方がいらっしゃいます!

社会とアートをつなげることに興味があるひとやアートに興味はあるけど、具体的に何をしたいかわからないひともぜひブースに一度遊びに来てください!

 

IMG_6771

IMG_6805

教職員、在校生一同、明日もみなさんとお会いできるのを楽しみにしています!

 

 

////////

 

 

【イベント予告】

4月のオープンキャンパス後もアートプロデュース学科では、芸大を目指す、気になっている高校生に向けて、「高校生アート・サポーター・プロジェクト2019 ASPerになる!」というイベントを行います!

アートと人、アートと社会をつなぐ全2回のプログラムを、教員や在校生と一緒に体験していただけます。

 

ASPerとは

ASPer(エスパー)とは、高校生を対象にアートを応援するサポーターを育てるプロジェクト(Art Supporter Project)です。
今、アートの世界は大きく変わりつつあります。「独りでつくる」「一人でみる」だけでなく、たくさんの人がつながり、影響しあう“アート”が始まっています。

今、求められているのは、アートと社会をつなぎ、世界に働きかける能力を持っているアート・サポーターたち。

ASPerでは、アートと人、アートと社会をつなぐさまざまなプログラムを体験できます。アート・サポーターの一員として第一歩をふみだしましょう!

 

 

ASPER

プログラム内容の詳細とお申込みについてはこちらから⬇︎

高校生・アート・サポーター・プロジェクト2019 ASPerになる!

みなさんのご応募をお待ちしています!

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<1415161718>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。