プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年4月24日  授業風景

【授業紹介】高齢者疑似体験をしました!

 

みなさん、こんにちは!

 

 

授業が始まり、あっという間に3週間が経ちました!

ばたばたと教室を移動していた学生達もだいぶ授業になれてきたようです。

 

 

さて今回のブログでは、授業の様子をちょこっとだけ紹介します!

 

a,b c

何やらいろいろな装備をつけて動きづらそう。。。

これは高齢者疑似体験をしている様子です!

 

 

 

プロダクトデザイン学科では、

世の中の様々な人の手に渡るデザインについて学びますが、

その中にはもちろん身体が不自由な方や、高齢者も含まれます。

 

その方々にも使ってもらいやすいデザインを考えるためには、

実際に自分の身体で体験してみよう!

ということで、専用キットを装着して学内をまわっているのです。

 

d e

目には視野を狭くさせる眼鏡、ひじやひざにはおもりを装着

高齢になるとこんなにも体が不自由になるのだと驚きです!

 

f

↑こちらは車椅子体験をしている様子!

今年度の4月から来ている交換留学生も実際に体験していました◎

 

 

g h

実際に疑似体験をしてみると、普段何気なく過ごしていた場所でも

不自由に感じるものが多く存在することに気が付きます。

 

その気づきを通してデザインを行っていくのです!

 

この経験から、みんなどんなデザインを考えていくのでしょう。

 

 

 

――――――春のオープンキャンパスのお知らせ――――――

 

  いよいよ今週開催される オープンキャンパス 

  オーキャンでは教職員だけではなく、

  現役の学生も参加していますよ◎

 

  実際に京造の学生ってどんな学生生活を過ごしているのかな?

  そんな疑問もどんどん聞いちゃいましょう!

 

  ・日時:4/27(土)、4/28(日) 10:00~16:00

  ・詳細は→ こちら から

 

  皆さまのお越しをお待ちしています!!

 

――――――――――――――――――――――――――――

 

関連記事

<1415161718>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。