こども芸術学科

イベント

  • LINEで送る

2019年7月4日  イベント

【特別講義】おもちゃ・こどもの環境 岩城敏之先生 

2019年度、こども芸術学科は「玩具・おもちゃ」をテーマに、様々な方面で活躍される方をお呼びし、特別講義をしていただくという取り組みを行っています。

先日、第2回目の特別講義が行われ、ゲストとして、宇治市にある絵本と木のおもちゃの専門店「キッズいわきぱふ」代表の岩城敏之先生にお越しいただきました。

IMG_1505

[ゲスト]

岩城敏之(絵本と木のおもちゃの専門店「キッズいわきぱふ」代表)

[プロフィール]

絵本とヨーロッパの玩具を研究後、1987年「えほんとヨーロッパおもちゃの店ぱふ」開業。現在(有)キッズいわき代表。読売新聞子育応援団メンバー(子育てコラムの連載と講演)、活字文化推進会議講師(財)出版文化産業振興財団(JPIC)読み聞かせサポーター養成講師子。子どもの遊びの環境や、玩具・絵本について、保育園・幼稚園・児童館などの職員研修や保護者向けの講演の講師として、全国を飛びまわっている。

今回は、おもちゃと、こどもの環境について学ぶ、ということで・・・・前半は、とにかくたくさんのおもちゃで遊ぶところからスタート!

20190621_162404

IMG_1199

IMG_1239

IMG_1321

IMG_1342

IMG_1393

IMG_1223

積み木あり、カードゲームあり、とにかく多種多様な遊びを順番に行いました。教室のあちこちで歓声が上がり、特にゲームをしている場所はかなり白熱していました。

後半は、おもちゃと子どもの環境のかかわりについて、お話いただきました。

IMG_1504

お話の中で、おもちゃを充実させ、子ども達が遊びこめる環境づくりを行っている園の、映像を見せていただきました。その園では、こどもをただ単に「遊ばせる」のではなく、環境を整えておもちゃを配置し、保育者が遊び方を子どもに教え、子どもがおもちゃ遊びに集中できる環境づくりを行っていました。お昼ご飯の時間は、グループごとに交代でとらせ、集中して遊んでいる子どもはそのまま遊びを続けられるように配慮していました。(このような特殊な取り組みをしている園はごく少数です。)

おもちゃで「遊びこむ」事によって、子どもの集中力が高まり、また、探求心や自発性、を育むことにもつながるのだそうです。今回の講義で学生たちは、「おもちゃ」そして「おもちゃと環境」についてさらに考察を深めることができたのではないでしょうか。

岩城先生には、おもちゃと子どもの環境についてのお話、ご自身のおもちゃの研究と子育てに至るまで、幅広いお話を聞かせていただきました。また、本当にたくさんのおもちゃをお持ちいただき、ありがとうございました!

(大塚:スタッフ)

■オープンキャンパスのお知らせ■■■■■■

次回の体験授業型オープンキャンパスは7月7日(日)です!

こども芸術学科は「見立て」をキーワードに、AO入試対策ににつながる授業を行います。

詳しい授業内容はコチラ

体験授業のお申し込みはこちら

 

また、入試対策オープンキャンパスは7月20日(土)7月21日(日)に開催します。

13学科のブースが設置され、出入り自由となっており、こども芸術学科では石鹸つくりワークショップも行っています!

AO入試対策として、是非お越しください。

IMG_9180

関連記事

<3738394041>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。