プロダクトデザイン学科

イベント

  • LINEで送る

2019年7月10日  イベント

体験授業へのご参加、ありがとうございました!

 

 

みなさん、こんにちは!

 

 

先日の77日(日)、七夕の日に1日体験授業が行われました○

プロダクトデザイン学科では、午前・午後と合わせて約120人もの方々に

参加して頂きました。

 

今回は体験授業の様子を少しだけお届けします!

 

aa

今回は “「作って」みて「考える」デザイン ” というテーマで、

ガムテープディスペンサーのデザインを行いました!

 

c d

まずは思いついた形を制作!

そして制作したものを実際に使用してもらって検証、

そこで得た意見を元にデザインを修正!

 

e f g

作って→みて→考える という工程から

より良いデザインに近づける、というデザイン手法を学びました○

 

学校ではなかなか制作作業をしない、という高校生も

先生や学生に協力してもらいながら制作を行っていました!

 

h i j

そして最後にはグループで作品を発表し合いました!

 

k l

みんなそれぞれが思う、使いやすいテープディスペンサーを制作していました!

 

 

***

 

そして 7月の20日(土)21日(日)には、

真夏のオープンキャンパスが開催されます!

 

体験授業に参加したけどあれ聞きそびれちゃった!という方や、

そもそもプロダクトデザインってどんな事を勉強しているのか全然知らない!

という方も大歓迎!

 

 

今回のオープンキャンパスでは、なんと実際に4年間プロダクトデザインを

勉強してきた4年生の先輩も参加します!

 

実際の大学生活についてもぜひぜひ学生に聞いてみてください◎

 

*オープンキャンパスについて詳しくは→こちらから

 

みなさまのお越しをお待ちしています!

関連記事

123>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。