プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年6月28日  授業風景

【授業紹介】新聞紙でバックを作ろう!

 

みなさん、こんにちは!

 

 

最近ではスーパーなどでビニールの買い物袋が有料のところや

マイバックの利用を推奨しているお店が増えてきましたね!

 

プラスチックが環境に悪い!ということで徐々に世の中に

広まっている取り組みですが、

そんな中 “新聞紙でバックを作る” という授業が行われました!

 

b c

再生可能な新聞紙でつくられたバックがビニール袋の代わりに使えたら

環境にやさしくて、とっても良いですよね○

 

学生はそれぞれ使用するお店やシーンを想定して

新聞紙バックの提案をしていました!

 

d a,e

ペットボトルを入れるためのバックや、誰でも簡単にかつスピーディーに作る事を

重視したバックなど、様々なバックが提案されていました。

 

また、実際に使用して強度の検証を行ったり、

誰もが作ることが可能なように、バックの作り方レシピも作られていました!

 

 

f g

↑交換留学生もこの授業に参加しています!

・・・ちなみに、海外の新聞紙と日本の新聞紙では強度が異なるそうですよ!

 

将来新聞紙バックでお買い物に出かける日が来るかもしれませんね!

 

 

 

 

\\\\\\\\\\\\ 体験授業のお知らせ ////////////

 

  高校3年生は受験対策として、1-2年生は大学生体験として!

  プロダクトデザインの授業を体験してみませんか?

 

 ・日時:77日(日)10001630 *930受付開始

 ・ご予約は → こちら から

関連記事

<1234>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。