こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年9月5日  授業風景

【授業紹介】紙漉きを体験!

だんだんと、日が落ちるのが早くなってきましたね。夕方には、鈴虫の鳴き声も聞こえ、それだけで涼しい気分になります。

今回は、前期の1回生の授業「マテリアルベーシックⅠ」の授業で行われた「紙漉き(かみすき)」をご紹介します。

 

■■今回の紙漉きの流れ■■■■

まず、色画用紙、色紙をちぎったものを用意し、水を加えてミキサーにかけます→①

そして、パルプやこうぞ(製紙の原料になる植物性の繊維)を水でふやかします→②

①と②を混ぜあわせ、水で薄めたのりを加えれば紙すきの原料の完成です。

また、ふやかしたパルプやこうぞに絵の具を加えて色付きの原料も作りました!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

学生たちには「紙に漉き込んでみたいもの」を持ってくるように伝えていたのですが、一体何を持ってきたのでしょうか?

IMG_0818

IMG_0803

IMG_0842

IMG_0855

原料に色を付けていますね。激しくシェイク!

IMG_0807

紙漉きをして、形が整ったら、それをガラスにに張り付けていきます。紙だけがガラスに貼りつくように、慎重にはがしていきます・・・

IMG_0836

IMG_0857

うまく剥がせたようです。材料と一緒に漉き込んだお花がきれいでかわいいです。押し花のようになるんですね。

IMG_0873

植物や紙をうまく配置して、漉き込むことができました。この状態で数日乾かし、ガラスからはがしたら完成です!

IMG_0866

身近にある「紙」ですが、材料や方法を知れば、このようにして自分のオリジナルの紙を作ることができます。単に素材として知る、のではなく、実際に紙漉きを体験して知識を深め、今後の制作に役立つ引き出しの1つにしていってほしいと思います。今後が楽しみです。

■■■ 秋期コミュニケーション入学のお知らせ■■■■■■■■■

9月28日(土)・29日(日)実施の秋期コミュニケーション入学。

9月16日までエントリー受付しております!→秋期コミュニケーション入学

 

■■■学園祭×オープンキャンパス のお知らせ■■■■■■■■■

9月14日(土)9月15日(日)に学園祭と、オープンキャンパスが同時開催されます。

詳しくはこちら

学生作品展では、こども芸術学科3回生の作品が展示されます!テーマは「育・いく」です。

9月15日にはホームカミングデーも開催!ぜひお越しください。

こども芸術学科学生作品展

関連記事

<1234>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。