こども芸術学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年10月16日  授業風景

【授業紹介】「光と影」で遊ぼう

1年生の授業「マテリアルベーシックⅣ」の授業をご紹介します。

1年生の前期に絵の具の三原色を学んだので、後期は光の三原色の勉強をしました。 光の三原色はR(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)。 絵の具の混色のしくみはもう知っていますが、光を混色すると、どんな色が出来るのでしょうか? まずは白い紙だけで「オブジェ」を作っていきます。
image5
暗くした部屋の中で、みんなの作品を並べてRGB(R(レッド)G(グリーン)B(ブルー))のライトで照らしてみます。
色とりどりの影に「オー!」と歓声が上がります。
image2
image8
image10
水を入れたペットボトルの底をライトで照らすと・・・水の反射で光が拡散していますね!
image7
光の美しくて不思議な世界を身体で感じ、学びながら、みんな大盛り上がりでした。
オブジェの形によって影の色や形が変わって面白いですね。
白いオブジェがとても「映える」作品に変わりました!

 

●●あんふぁんずーの活動はこちら●●●

「あんふぁんずー」とは

芸術と保育、教育の両方の学びを活かして、こどもの感性を育んでいこうと、こども芸術学科2・3回生10名で、児童文化財やレクリエーションを通して活動を行っている学科内サークルです。

Instagram https://instagram.com/anfan_zoo

Twitter https://twitter.com/anfan_zoo

 

公演依頼、お問い合わせはこちらへ anfan.zoo1045@gmail.com

関連記事

<910111213>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

LINK


トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。