プロダクトデザイン学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年10月30日  ニュース

パッケージデザインコンペにて三島くんが入賞しました!

 

みなさん、こんにちは!

 

今回は素敵なニュースをお届けします◎

 

 

京都中央信用金庫が主催のパッケージデザインコンペにて

4年生の三島章正くんが努力賞を受賞しました!

 

a 

このコンペは毎年開催されているもので、

食にまつわるパッケージデザインのアイディアを競う、というもの。

 

プロダクトデザイン学科からは1年生から4年生までの

学生が参加していました。

 

 

その中でも4年生の三島君が、

卒業制作を進める傍らコンペに参加し、なんと賞を受賞したのです◎

 

e (2)DSC_0019

三島くんのアイディアは、スポンジで出来た器をお菓子と一緒に圧縮。

袋を開けると器が姿をあらわし、器にお菓子が盛り付けられた状態で

お菓子を楽しむことが出来る、というもの。

 

7

5

 

これは、袋からお菓子を素手で取り出すという行為に着目し、

京都らしく上品にお菓子を楽しむことが出来ないか、

ということから考えたそうです!

 

 

2

 

このお皿の形状をスポンジ素材から作り出すにあたって

加工にとても苦労したようで、何度もやり直し、

様々な種類のスポンジ素材を試したそうです!

 

3

 

確かに、普段お菓子を袋から素手で取り出して食べる行為は

上品とは言えないですよね。

 

普段の何気ない行為に着目点をおいて

新しいパッケージデザインを考えた三島くん。

 

とても素敵なパッケージデザインです◎

 

d

 

学内の活動にとどまらず活躍している三島くん。

今回の受賞をバネに4年生の集大成・卒業制作も頑張って欲しいですね!

 

今後の活躍も楽しみです

関連記事

<2930313233>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。