プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年10月16日  授業風景

【授業紹介】身近な製品をデザインする!

 

みなさん、こんにちは!

 

 

朝晩と昼の寒暖差が大きく、風邪をひいてしまいそうですね・・・

みなさんも体調には十分に注意をして下さいね!

 

 

 

さて、今回は1年生の「プロダクトデザイン総合Ⅰ」という授業をご紹介します!

 

この授業では、基本的なデザインプロセスを学び、

身近なプロダクト製品をデザイン、そしてプレゼンを行います!

 

b c 

 

d 

今回のぞいた授業では、自分たちがデザインした製品について

モデルとプレゼンレーションデータを作成、発表しているところでした!

 

 

f g

前期の授業で学んだ立体の作り方を活かし、

みんな複雑な形状をモデルで表現していました!

※前期の授業の様子 → こちら

 

発表後は学生同士や先生からフィードバックを得ます。

 

h i j

↑実際に他の人に使用してもらい、コメントをもらう時もあります!

 

 

k l

↑自分あてのコメントシートを読み返しています!

 

 

子どもが安全に使用することが出来るテープカッターや

冷蔵庫にメモ等を貼り付ける際に使用するマステカッター、

盲目の方のためのポットなどなど・・・

 

みんなそれぞれの思考を凝らした作品ばかりでした!

 

 

この授業の最後には、はさみの持ち手部分をデザインします。

今まで学んだ知識やデザイン思考からどんなデザインが生まれるのでしょう。

楽しみです!

 

 

 

■■ はじめての学校見学会のお知らせ ■■■■■■■■■■■

 

オープンキャンパスには行けなかったけれど、

京都造形の大学がどんな雰囲気なのか気になる!という方!!

 

ぜひぜひはじめての学校見学会にご参加ください◎

 

・詳細は → こちら から

関連記事

<3132333435>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。