歴史遺産学科

授業風景

  • LINEで送る

2013年7月25日  授業風景

歴史遺産学概論

こんにちは。歴史遺産学科の副手です。

本日は、7月12日に行われた歴史遺産学概論の授業風景をご紹介します。

 

歴史遺産学概論は、歴史遺産学科の専任教員がオムニバス方式で授業を行っています。

前回の授業までで全専任教員が授業を行い終わりました。

今回は、7つのグループをつくり、リーダーを決め、

ワールドカフェ方式での話し合いを行いました。

 

20130712-1

 まずは、「私たちが身につけるべき『人間力』とは」というテーマで話し合いました。

 

 

20130712-2

20130712-3

話し合った結果をキーワードにまとめ、グループ毎に発表しました。

 

次の興味のあるテーマのグループへ移動。

20130712-4

同じテーブルに残ってよいのはリーダーのみです。

 

 

再び話し合い開始。

20130712-5

みんな楽しそうに、時には真剣に意見交換をして、

 

 20130712-6

時折笑いを交えながら発表しました。

 

 

日頃あまり話さない人とも、今回話し合えたのではないでしょうか。

これを機に、普段から色々な意見を取り込んで、更に成長して欲しいですね。

関連記事

<212213214215216>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。