染織テキスタイルコース

【染織テキスタイル】3年生KUATEX オンラインショップオープン!!

京都芸術大学 美術工芸学科 染織テキスタイルコース 3年生
七十二侯てぬぐいショップ
KUATEX(クアテックス)
2020.8.21openしました!
京都芸術大学美術工芸学科染織テキスタイルコース3年生26名が、人気テキスタイルブランド「SOUSOU」代表で同大学の若林剛之教授と八幡はるみ教授、 梅崎由起子専任講師のもと、七十二候をテーマにした手ぬぐいを制作、販売をいたします。デザインや染色工場へのアポイントメント、ネットショップの立ち上げとその運営を学生が自ら手がけました。例年と違い学校で学生同士が直接協力し合うことができないなか、それぞれの家からリモートワークで話し合いを進め制作しました。
今回店頭に並ぶものは「伊勢木綿プリントてぬぐい」と「注染(ちゅうせん)てぬぐい」の約2000点。「伊勢木綿プリントてぬぐい」の素材となる布は、かつて伊勢国(現在の三重県)で生産されていた木綿です。古布のようなざっくりとした風合いを持ち、洗う度に布が柔らかくなって いくという特徴があります。染色技法はデザインの自由度が高いデジタルプリントで染めあげます。
注染は、明治時代に大阪で生まれた日本独自の伝統的な技法です。一度に何十枚もの布を染めることができ、重ねた布に染料を注ぎ入れて染めるので、出来上がった手ぬぐいに裏表がありません。 染めは手作業で行われるため、手作業ならではの優しさや柔らかさが特徴です。
今年のデザインのテーマは「七十二侯」。二十四節気をさらに3つに分けた期間のことで、それぞれ学生の誕生日をデザインに盛り込みました。
ぜひご覧ください。
※こちらの画像を印刷したものでは注文はできません。
【923〜用】カタログ A4 -1【923〜用】カタログ A4 -2チラシ
<1234>