歴史遺産学科

歴史遺産学科 ご入学おめでとうございます!!

こんにちは、歴史遺産学科です。

 

4月2日(金)、歴史遺産学科は新たに38名の新入生、1名の編入生を迎えました。入学式は2部制で行われ、その後、各学科に分かれてのオリエンテーションが執り行われました。

半数ほどの学生はオンラインの0年生プログラムですでに顔合わせ済みですが、ほとんどの学生が初対面。式典会場には皆一様に緊張の面持ちで現れましたが、オリエンテーションが始まる頃にはその様子も大分ほぐれてきました。

 

オリエンテーションでは、まず歴史遺産学科専任の6名の教員から挨拶がありました。4月に、喫茶文化史がご専門の木村栄美先生がご着任され、歴史遺産学科で学べる専門性もますます高くなりました。

 

次は、感染対策の動画を全員で視聴しました。今後、大学で授業を受け、学生生活を送る上で必要な感染対策について学べました。この動画は映画学科や舞台芸術学科の学生さんが出演、撮影、編集をしてくれました!13学科23のコースがある京都芸術大学ならではですね。

 

最後に、新入生1人1人が簡単な自己紹介をしました。皆が自身の出身地を紹介してくれましたが、北は北海道、南は鹿児島、また海外からの留学生(中国、台湾、韓国)もおり、全国から京都の地で歴史遺産を学ぼうと入学してくれました。今後お互いに様々な話が聞けそうです。

 

初々しい雰囲気の1年生、4年後どのように成長した姿を見せてくれるのでしょう?今から楽しみです!

 

 

<12345>