基礎美術コース

手捻り(てびねり)お抹茶碗を作る 2年生

こんにちは。日本の伝統文化を幅広く学んでいく基礎美術コースです。

今日は2年生前期最終課題のレポートを行います。

2年生の今回の課題は「茶陶Ⅱ」というテーマです。1年生のときの「茶陶Ⅰ」を発展させた内容です。

前回のレポートでは大学の敷地の中での山頂付近に土を取りに行き、その土を陶芸に使えるように準備していたところまでお伝えしました。

 

土が使えるようになると、今度はお茶碗の形を整形していきます。

陶芸はロクロという自動で回転する台でお茶碗を整形するやり方が有名で、基礎美術コースの「茶陶Ⅰ」でもロクロによる整形を行いました。

「茶陶Ⅱ」ではロクロではなくて手捻り(てびねり)と言う技法に挑戦します。手捻りはロクロを使わずに自分の手でお茶碗の形を作り上げていく技法です。
ロクロよりも自分の思った通りの形に整形できる分、作り上げたい形をきちんとイメージしておくことが大切になってきます。

学生たちは作りたいお茶碗の形をしっかりスケッチした上で手捻りを行なっていました。

 

一口にお抹茶をいただくためのお抹茶碗と言っても実は形は様々。撮影に行った際にはすでに学生たちはそれぞれがイメージしたお茶碗の形を作り上げていました。

一旦形が出来上がったお茶碗にここから削りを入れてさらに形を整えます。

お茶碗は実際に使用できる道具なので、見た目だけでなく手に持ったときの大きさや感覚、口を付けたときの口触りなどもイメージして作っていくことになります。

 

陶芸はここからも工程がたくさんありますが、学生たちには頑張ってほしいです。

 

基礎美術コースでは今後も高校生・受験生に向けた夏のイベントをたくさん開催します!!

オンラインイベント対面イベントもありますのでご都合に合わせてお選びください。

 

●オンラインイベント開催決定!! 夏休みのうちにステップアップ! 体験イベント

基礎美術コースのキソ! 『あなただけの風神雷神を描いてみよう!』

7/17開催のオンラインイベントです。おうちで気軽に基礎美術コースの授業を体験することができます。学ぶテーマはあの「風神雷神図」!この授業の中で気軽にあなただけの風神雷神を描いてみませんか。

【準備物】鉛筆・紙 ※水彩絵具と画用紙など使い慣れた描画材料があればなお良いです。

↓お申し込みはこちら↓

https://hs-lp.kyoto-art.ac.jp/online/lp/course2021#moushikomi

 

●ブース型 オープンキャンパス8月!

8/1(日)開催のブース型のオープンキャンパスです。9月の体験選抜型1期入試に向けて最後のブース型のオープンキャンパスとなります。高校3年生でまだコースを迷っている方はできるだけご参加ください。

基礎美術コースは「植物を使ってキラキラのカードを作ろう!」というワークショップです。このワークショップは基礎美術コースでも初めて行うワークショップなのでスタッフも楽しみにしているものです。ぜひ立ち寄って楽しんでください。

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-06_08-01/

 

●体験入学型 オープンキャンパス 8月!

8月28日(土)・29日(日)開催予定。

基礎美術コースでは「あの名作に勝手に新しいタイトルをつけてみよう!」と題して、古い作品のリサーチの方法を学びます。

すでに申し込みが始まっています。7月の体験入学型のオープンキャンパスも基礎美術は多くの方が参加してくださいました。8月も楽しいプログラムになっていますのでぜひ参加してください。

↓お申し込みはこちら↓

https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-04_08-28_29/

<3940414243>