美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2013年8月28日  イベント

【染織テキスタイル】夏の思い出②梶原編 手染メ屋さん

 

まだまだ、夏休みは続きますが、

なんとなく、朝夕過ごしやすくなって来ました。

秋が近づいて来ています。

 

 

今日、お昼過ぎ。ひょっこり来てくれたのは、3回生の梶原絵美さん。

ドアの隙間から顔を覗かせて。

「これ、どう思いますか?」と 新作をドキドキしながら見せてくれました。

 

 

▼草木染めで染めた布を裂いて、再び布にする裂き織りに挑戦中。

いらなくなった布を使って、新しい布を作る。

そこがポイントです。

 

 

 

▼中平さんがお試しでかけてみました。

どうですか?

 

 

▼後ろに斜めがけすると、こんな感じ。

 

 

「フタのところがかわいい♡」

「持ち手をもっと、こんな風にしたら?」などなど、

いろいろな意見がでました。

合評の時よりもクオリティーがぐーーーーん!と上がって

とても良かったです。

 

これらの商品は、学生作品展発表後、9月26日〜10月5日まで手染メ屋さんで展示販売会を致します。

http://www.tezomeya.com/

 

楽しみです☆

 

副手ホンダ

関連記事

<565566567568569>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。